羽田美智子「ありがとうの贈り物」_top

生でも食べられます! 自然の甘味とやわらかさ。 季節限定「月見苑(つきみえん) れんこん」vol.1

はじめまして。
女優で、セレクトECショップ「羽田甚商店」6代目店主の羽田美智子です。

女優業をさせていただいている中で、全国あちこちを訪ねる機会に恵まれてきました。
そこで出会った生産者さん、職人さんたちはみなさん、作物や品物に対する愛情が深いのはもちろんのこと、つねに私たち消費者のことを第一に考えてくださっていました。
そして、作物や作品が生まれる土台である「地球」を大切に考えている。
真摯にものづくりと向き合うその姿には、いつも心を打たれます。
こうした生産者の方々、職人の方々の思いを、ひとりでも多くの方にお伝えしたい……
その思いで2019年、ネット上に「羽田甚商店」を開きました。

「羽田甚」とは、宮大工だった高祖父羽田甚蔵が慶応元年に掲げた、私の実家の屋号です。
当店では「美」と「健康」をテーマに掲げ、私自身が一消費者として、実際に愛用し、信用できるものだけをご紹介しています。

連載「ありがとうの贈りもの」では、私から生産者さんに「ありがとう」
お贈りした方たちから私がいただく「ありがとう」
その声をお届けした生産者さんたちからの「ありがとう」
そんな、「ありがとう」の温かな循環が生まれる品々をご紹介していきたいと思います。

トップバッターは、私の地元・茨城県常総市でつくられた「月見苑(つきみえん) れんこん」。
れんこん生産量の全国シェアトップを誇る茨城県には、数多くのれんこん農家さんがいらして、おいしいれんこんがいっぱい。
なかでもこの「月見苑 れんこん」は、私の舌とお腹、そして心にドンと響きました。
お贈りして、召し上がった方たちも「れんこんの概念が変わった!」と口を揃えます。

羽田美智子「ありがとうの贈り物」_1
れんこんには、ビタミンCをはじめカリウムや食物繊維、酵素など、アンチエイジングや美容への効果が期待できる成分がたっぷり!

食物繊維が豊富なれんこんは、ものによっては固く感じられることがありますが、このれんこんは、シャキシャキとした歯ごたえはありながらも、みずみずしくて、まるで果物の梨のよう。だから、「生」でもいただけるんです。
熱を加えると、しっとり、もっちり。
筑前煮はもちろん、汁物、きんぴら、すり流し……
どのように調理しても、絶品の美味しさです。

羽田美智子「ありがとうの贈り物」_2
大好きな、きんぴら。れんこんを薄くスライスしてごま油で炒め、「万能くろ酢たれ」で味付け。サクサクして、甘くて、美味しい!
何度つくったかわかりません。

「月見苑 れんこん」生産者の小島桂輔さんは、微生物や酵素といった地球の自然環境のもとでれんこんを栽培しています。
土壌と水質を調査して数値化し、れんこんに最も適した状態をキープ。
手間も時間もかかりますが、自然本来の循環をつくることで、化学的な薬品を一切使わずにすむのだそうです。

羽田美智子「ありがとうの贈り物」_0
生産者の小島桂輔さんと。小島さんは2017年から微生物を分析。
そのデータからこの土地がれんこんにとって最高の土壌だとわかり、試行錯誤の末、2021年に有機栽培に成功されました。

さらに、この農法はCO2の削減にも貢献できるとのこと。
小島さんは「たいしたことはしていない」とおっしゃるのですが、これこそSDGsにかなう農業のあり方ではないかしらと、頭が下がります。

体にも地球にもやさしく、そして何より美味しい「月見苑 れんこん」。
ぜひ、召し上がってみてください。

〈撮影/高村瑞穂 取材協力/鈴木裕子〉

羽田甚商店

注目の連載

注目の連載

Special serialization

羽田美智子さん連載

SNSできになるあのひと

社長インタビュー

連載一覧を見る

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter