シュクレ_1252_top

話題のシュークリーム専門店が作る、人気No.1焼き菓子「シュクレ」でおうち時間もほっこりと!

しっとりフィナンシェ生地の上にとろけるチョコクリーム入りシューがのったユニークな焼き菓子「シュクレ」。明治初期創業の京都の老舗菓子店が洋菓子のおいしいところを集めて作ったようなこの焼き菓子は、同社オンラインショップで不動の一番人気です。編集長のアッキーこと坂口明子が注目したこのスイーツの製造元、株式会社石田老舗代表取締役、石田宏次さんに取材スタッフが伺いました。

石田社長画像_1
株式会社石田老舗 代表取締役の石田宏次氏

―御社は長い歴史をお持ちです。

石田 そうです。京都で創業したのが明治4年ですから150年の歴史があり、私は6代目になります。長く菓子の製造卸業を営んできて、「そばぼうろ」や「衛生ボーロ」はわが社が最初に製造したのですよ。明治の終わりごろの帳簿を見ると全国のお店から個人の方まで約300のお取引先があったことがわかっています。昭和の終わりに当時まだ珍しかったフィナンシェを製造したのも当社です。

―日本のお菓子作りを支えてきたのですね。平成11年にはシュークリーム専門店を開店。

石田 お客様に直接、当社の製品をお届けして喜んでいただきたいというのが当社のかねてからの願いでした。京都人というのは歴史、伝統を大事にする一方で、好奇心が旺盛な、いわゆる“新しもん好き”の気質があるのですね(笑)。私もそうですが、先々代、先代が新しいことを始めたかったのだと思います。

―なぜシュークリームを?

石田 先々代はとにかくお菓子を作るのに熱心で、いろいろ試作していました。あるとき作ったシュークリームを皆で試食したところとてもおいしく、「これを売り出そう」ということになりました。シュークリームはだれもが好きなお菓子ですし、当時はシュークリーム専門の店が珍しかったのでニーズがあるのではと考えました。店名はフランス語で「最高の」「一番の」という意味を持つ「クレーム デ ラ クレーム」とし、店名にちなんで平成11年11月11日11時11分にオープンしました。メディアに紹介されて話題になりましたよ。

シュクレ_1234_2
「クレーム デ ラ クレーム」オンラインショップで人気の「シュクレ」。
4個入り、8個入り、12個入りがあり、それぞれバニラ、ショコラが半分個数ずつ入っている。

―今回、紹介の「シュクレ」はどのように作られたのでしょう。

石田 当社は堅実にお客様と長くおつきあいしておいしいものをお届けしたいと思い、多店舗の展開はせず、京都本店と東京・六本木ヒルズ店と2店舗だけで営業しています。全国の皆さんにはなかなか私たちの味をお届けしにくいので、通信販売という形を考えました。ただ、いろいろ試しましたが生のシュークリームというのはなかなかお届けしにくい。焼き菓子なら宅配できると思い、シュークリーム専門店ならではの焼き菓子をつくろうと作ったのが「シュクレ」です。開発には2年ほどかかりましたね。

シュクレ_1313_3
バニラとアーモンドの風味にキャラメルのガナッシュクリームが合う「バニラ」と、
ビターショコラ生地に濃厚チョコガナッシュクリームがのった「ショコラ」。

―2年!どのように作られているのでしょう。

石田 まず小さい形のシューをつくりフィナンシェ生地にのせて焼き、その後でチョコレートのガナッシュクリームを注入します。フィナンシェ生地もシュー生地も低温で長時間じっくり焼き上げていて製造に2日かかる手間のかかったお菓子です。最初はシュー生地をフィナンシェ生地に埋め込んだらどうかなど試行錯誤しましたが結局、シューを上にのせることに。結果的にフォルムもかわいらしいお菓子になりました。

シュクレ_4
レンチン10秒でチョコが溶け出し、また違う味わいに変身!

―しっとりしたフィナンシェ生地、サクっとしたシュー、そしてとろとろのチョコと次々にいろいろな味が口の中で広がります。いろいろなお菓子のおいしいところを集めたような焼き菓子ですね。

石田 そうです。フィナンシェ、シュー、チョコレートが1個のお菓子の中にバランスよく集まっているのが「シュクレ」というお菓子のおもしろさですね。そのまま食べていただいてもおいしいですが、電子レンジ(500W)で10秒ほど温めていただくと、チョコクリームがとろとろと溶け出し、生地もまた違った味わいになります。ぜひためしてください。

シュクレ_1403_5
休日のブランチにも。ホットミルク、サラダを合わせると
栄養バランスも完璧です。
シュクレ_1412_6
濃厚なビターチョコが入った「シュクレ」は
アフターディナーにも。
大人な愉しみ方ができます。

―ティータイムやおやつに飲み物と合わせていただきたいです。

石田 もちろん紅茶やコーヒーに合いますが、実はホットミルクとの相性が抜群です。休日には「シュクレ」とホットミルクでブランチしてみてください。チョコレートには健康効果もありますし、フィナンシェ生地で炭水化物、ミルクでたんぱく質が摂れます。さすがにビタミン類は不足するので(笑)、野菜を少し添えていただくと、栄養バランスが取れます。お酒が好きな私は夜、お酒といっしょにいただいています。濃厚なチョコレートが入った「シュクレ」とウイスキーやブランデーはとてもいい組み合わせなのでぜひおすすめしたいですね。

―「シュクレ」でブランチ!癒されます!ティータイムからアフターディナーまで、誰もがいつでも楽しめるお菓子なのですね。本日はありがとうございました。

シュクレ_1181_商品

「シュクレ 4個入り、8個入り、12個入り(各、バニラ、ショコラ半分個数入り)」

▶価格 ¥1,080(税込)、¥2,106(税込)¥3,405(税込)
▶会社名 株式会社石田老舗
▶店名 クレーム デ ラ クレーム
▶電話 (京都本店)075-241-4547
▶営業時間
《平日》
SHOP 11:00~19:00
CAFE 11:00~18:30(L.O. 18:00)
《土日祝日》
SHOP 11:00~18:30
CAFE 11:00~18:15(L.O. 17:45)
▶定休日 インターネットでのご注文は24時間365日受付
▶商品URL
https://cremedelacreme.jp/SHOP/choucre4.html
▶オンラインショップ
https://cremedelacreme.jp/

<Guest’s profile>
石田宏次氏(株式会社石田老舗 代表取締役)

1968年生まれ。大学を卒業後、株式会社虎屋に入社、販売、社長室広報課の仕事を経験後、石田老舗に入社。「クレーム デ ラ クレーム」を立ち上げ事業を任され、1999年に「クレーム デ ラ クレーム京都本店」を開業、店長を務めその後本社にて工場長、専務取締役を経て2011年、6代目社長に就任。

<文・撮影/今津朋子 MC/菅野真央 画像協力/石田老舗>

羽田甚商店

注目の連載

注目の連載

Special serialization

羽田美智子さん連載

SNSできになるあのひと

社長インタビュー

連載一覧を見る

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter