猫どら焼き_top

猫の表情に思わず笑顔に! 食べるのがもったいない 「どらネコ(猫どら焼き)」

「見ているだけでなごむ」「食べるのがもったいない」と猫好きさんたちに話題なのが、「どらネコ(猫どら焼き) 」です。日本全国のおいしいものの通信販売を手がける日本ロイヤルガストロ倶楽部が作っている中でも人気の商品です。

猫どら焼き_1
一つずつ小分けに。
かわいい猫の顔が見えています。
猫どら焼き_2
中には、程よい甘さのあんこがぎっしり。

年齢を問わず愛されるお菓子を作ろうと考え、“猫+どら焼き”を組み合わせた「どらネコ」が誕生しました。猫をかたどったどら焼きに、食用インクを使って猫の表情が描かれています。
表情は全部で5種類。最近は、ぶさかわ猫など個性的なのも人気ですが、「どらネコ」はみんなに愛される定番のかわいさを採用しました。日本ロイヤルガストロ倶楽部の金成飛佳(かなりあすか)さんによると、「表情にバリエーションをつけるために、怒った顔も候補になりました。でも、プレゼントや手土産に使いにくいかもしれないと考え、不採用に。お子さんから高齢の方まで、どんな方にも喜ばれることを大切にしました」とのことです。

猫どら焼き_3
家族や友人と食べるときは、それぞれが好きな飲み物に。
日本茶でも紅茶でも合います。

見かけのかわいさだけでなく、素材や味にもこだわっています。生地に使っている小麦粉や卵は国産。特に卵は純国産鶏(国内で幾世代にもわたり選抜交配を繰り返して育成改良された鶏。現在、国内で約6%の希少な存在)のものを選んでいます。さらに、生クリームと蜂蜜を加え、職人がていねいに手焼きをしてふわふわの皮にしています。
中に入っているあんこは、国産小豆を使い、程よい甘さに仕上げました。老舗のあんこ専門店とコラボした、自信作です。子どもにも、高齢の方にも食べていただける、安心安全などら焼きなのです。

猫どら焼き_4
カフェオレと合わせて、
読書タイムをほっこり。
猫どら焼き_5
子どものおやつには、
ミルクと合わせても。

家族や友人たちと一緒に食べてもいいし、1人で全種類食べてもOK。どら焼きは、日本茶でもコーヒーや紅茶でも合うので、飲み物の組み合わせを考えるのも楽しいものです。
思わず笑顔になる猫の表情は、意外に大人に受けているのだとか。仕事で嫌なことがあったり、人間関係で疲れたりしたときに、好きな飲みものと食べると心穏やかになりそうです。1個縦約6~6.5cm(耳を含む)、横約7cmと食べやすいサイズなのも、うれしいです。

猫どら焼き_6
1匹だけ種類の違う猫がいます。どれでしょう?
(答えは、真ん中のとら猫)

猫好きさんがご自身で買われるのはもちろん、猫を飼っている方への手土産、バレンタインデーやホワイトデーなどのイベント、誕生日や敬老の日などの記念日のギフトに、1年を通して人気があります。
バレンタインデーの後、2月22日は猫の日です。そんなちょっとうれしい日にも、「どらネコ」はいかがですか。

〈取材・文・撮影/大橋史子(ペンギン企画室) 画像協力/日本ロイヤルガストロ倶楽部〉

羽田甚商店

注目の連載

注目の連載

Special serialization

羽田美智子さん連載

SNSできになるあのひと

社長インタビュー

連載一覧を見る

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter