ジビエソーセージ_top

ワインにぴったり!  生で食べられる珍しいジビエハムと、歯ごたえ満点のジビエソーセージ

「おいしいうえに、ヘルシーで、美容にもいい」と、近年人気を集めているジビエ。
ジビエとは、イノシシや鹿、カモなど野生動物の肉のことですが、「臭みがあるのでは?」「硬くて食べにくいのでは?」といった固定観念があって、なかなか手が出ずにいました。でも最近、グルメな人の間で話題になっているイノシシ肉のハムとソーセージを見つけたので、思い切ってお取り寄せしてみました。

そもそもイノシシ肉は、昔から漁師の間で「滋養がつく肉」として貴ばれてきました。
イノシシ肉に含まれるオレイン酸やステアリン酸は、悪玉コレステロールを下げる効果や、血液がサラサラになる効果があるといわれています。ビタミンBなどが豊富に含まれているので、新陳代謝を促して、疲労回復や肌の健康にも効果があります。さらに、コラーゲンが豊富なので、アンチエイジング効果も期待できます!

野山を自由に駆け回り、運動量が多いイノシシの肉は、カロリーや脂質も低いので、「お肉は食べたいけれど、太りたくない」という人にぴったりなのです。
100%熊本産の天然猪肉を使っている、「農家ハンター」のジビエハムとソーセージのセットです。ジビエハムは、脂多めと赤身の2種から選べます。

まずは、ソーセージを炒めて食べてみました。
あれっ? 臭みやクセがまったくない。噛むと、ジュワッと広がる豊潤な旨味。ふつうのソーセージよりも弾力や歯ごたえがあります。これは、やみつきになりそう!

ジビエソーセージ_1
マスタードだけ少しつけて食べてみました。

続いて、ハムをいただきます。そのままで食べられるジビエハムは珍しいそうです。
柔らかくて、脂っこくなくて、思ったよりサッパリ! そしてやはり旨味が溢れます。まるで上質な豚肉を食べているよう……。
特に脂身は、とろけるような甘さです。
ジビエのイメージがまったく変わってしまいました!

ジビエソーセージ_2
柔らかくてとろけるようなおいしさ。ワインに合います!

「農家ハンター」が、捕獲から解体、加工、販売まですべて自分たちで行っている商品です。

そもそも「農家ハンター」とは、単なるお店ではありません。
熊本の農産物の生産者の有志たちが、イノシシから農園を守るために集まって結成した団体なのです。

近年、野生動物による被害が全国で急増しています。なかでも農業の被害は深刻で、作物を荒らしたり、農家の人を襲うなどして、地域農業の存続にかかわる問題になっているのです。
そこで2016年に立ち上がったのが「農家ハンター」です。

特徴的なのは、ハンティング(狩猟)が目的ではなく、あくまでも畑や庭を荒らしに来たイノシシのみを捕獲するという点。イノシシを「自然の恵み」ととらえ、地域の活性化につなげようとしているのです。
「農家ハンター」のショップで扱っているのは、その活動の過程で捕獲したイノシシの肉というわけです。
それ以外にも、内臓は堆肥や飼料に、皮は革製品に、骨や一部の肉はペットフードなど、あますところなく活用しています。「いただいた命を無駄にしたくない」という気持ちの表れなのです。

これらの活動は、「サスティナブルな取り組み」として、昨年、国連でもSDGs事例として評価されました。
捕獲したイノシシの肉すべてをジビエにするわけではありません。解体処理上の施設長による、厳しいチェックをクリアした、わずか6%ほどの最上級の肉だけが市場に出回ります。
肉に臭みがない理由は、銃を使わず捕獲して即座に放血処理をし、最短で解体し、瞬間冷凍しているから。血が固まったり、臭みが出ることを防げますし、鉄砲玉残りの心配もありません。

さらに「農家ハンター」ではICT技術をフル活用しているので、箱罠にイノシシがかかったことが、瞬時に把握できます。鮮度を保つシステムと、さらに熟成肉の処理技術を使って、おいしさをキープしているのです。

家畜として人工的なエサで育てられた動物の肉とは違い、直前までの山を走り回って、地元の名産であるデコポンなど、旬のおいしいものをエサにしていた元気なイノシシの肉ですから、おいしくて滋養があるのは当然といえます。

ジビエソーセージ_3
ソーセージをじゃがいもと一緒に炒めて、夕食の一品に。

このお取り寄せによって、おいしいジビエを味わえるだけでなく、社会の課題を解決するために奮闘している若者たちを応援することにもつながっていると思うと、ほっこり幸せな気持ちになれました。

ジビエソーセージ_4
ソーセージとハム(脂多め)のセット。
ジビエソーセージ_5
こちらは、ソーセージと脂気の少ない赤身のハムのセット。

〈取材・文・撮影/臼井美伸(ペンギン企画室)〉

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter