4月のテーマ:ごはんのお供 ②焼肉矢澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま こんにちは。
今日もおいしあわせを全国の食卓にお運びします、
吾妻聖子です。
今月はごはんのお供をご紹介しています。

今回は第2弾
焼肉矢澤の「元祖 炊きたてご飯にかける焼肉」をご紹介します。

世界にもお店を展開する焼肉矢澤は、あのミート矢澤の系列店!
ミート矢澤といえば、行列ができるハンバーグの名店ですよね。
肉汁ぶわ〜っで有名なお店です。
あの肉のプロフェッショナルがつくった、ごはんのお供。
しかも2015年にミラノ万博に出品した商品とのこと!
わくわくせずにはいられません。

まず真っ黒の箱が届けられます。
漆黒とあらわしても良いこの上品な黒い箱の中には3本の瓶。
2本は「ごはんにかける焼肉」、そして残る1本は「秘伝のカリカリ」と書いてあります。
説明書によると、この「秘伝のカリカリ」を「ごはんにかける焼肉」の上にかけるとのこと。

まずは「ごはんにかける焼肉」をたっぷりのせます。
すみませんが、たっぷりいっちゃいます。
そして、秘伝のカリカリをかけます。

 

ではいただきます!
お!甘い!そしてスパイシー!!
脂の旨味がどわーーーーっと押し寄せてきます!
しょうがもピリリと舌をいい感じにくすぐってきます。
こんなに小さい粒から焼肉の風味がするんです!
鉄板の上でお肉を焼いた焼き目の食感も、みごとに再現しています。焼き目ですよ!焼き目!
瓶の中で焼き目の食感を再現するなんて、だれが想像できたでしょうか?
カリカリは食感が本当にカリカリ!にんにくの香ばしい風味がします!
にんにくだと想像していましたが、このカリカリが想像を超えていい仕事をしています。
にんにくの風味だけじゃない、この不思議なカリカリ。一体何なのか。
食感も楽しいし、風味もいい!そして、このちょっと濃い甘めの味付けにぴったり!

 

声を大にして言いたいのは、おいしい!!ということです!
もはや、この瓶詰めのための白ご飯なのか、
白ご飯のための瓶詰めなのか・・・迷宮入りでございます。。。

迷宮入りしている暇はありませんでした。
次に説明書に書いてあるおいしい食べ方を、試してみなくてはいけません。
これだけで、お腹いっぱいになるわけにはいかないのです。

説明書には卵黄をのせて、万能ネギを散らして食べるのがおすすめと書いてあります。
そのとおりに再現してみました。
まず、見た目がぐーんと、おいしそう!になります。

 

では、頂いてみます。
ん〜〜〜〜〜〜!!!!!!これは!!
もはやお料理です!!よく出来たお料理です!
ぐーんとアップしたのは見た目だけじゃありません!
おいしさもぐーんとアップします。
そして、カリカリがぐーんと活きます!!
まろやかな卵黄が、すべてをまとめて、ご飯と焼肉とカリカリを
同じ船にのせてくれる感じです。
この旨味の船は、止まるところを知りません!

さあ、みなさんもいますぐ取り寄せて、
この船を漕ぎだしてください!!

元祖 炊きたてご飯にかける焼肉

価格:
3,700円/1箱(元祖 炊きたてご飯にかける焼肉×2本、元祖 秘伝のカリカリ×1本)(税抜・送料別)
賞味期限:

2ヶ月以上

店名:
極肉.com
住所:
東京都港区白金1-15-11-1F
電話:
03-5793-5929
FAX:
03-5793-5939
営業時間:
注文受付:24時間
電話受付:平日10:00~18:00
定休日:

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事