ごろごろりんごパイ_tops

お菓子をみんなで囲む幸せ 京都の和菓子作りから生まれた 「ごろごろりんごパイ」

今回編集長アッキ―が気になったのは、創業は1864年という京都の老舗和菓子店「伊藤軒」。昨年、パッケージをリニューアルした「ごろごろりんごパイ」が好評です。五代目である株式会社伊藤軒・代表取締役の中井としお氏に、取材陣がお話をうかがいました。

ごろごろりんごパイ_社長
株式会社伊藤軒の中井としお代表取締役。

-「ごろごろりんごパイ」の開発経緯を教えてください。

中井 うちは和菓子店ですが、いちご大福と一緒にシュークリームを作って販売したところ、「おいしい」と評判がよく、洋菓子も扱うようになりました。昔ながらの伝統的な和菓子を作って売りたいという気持ちがありましたが、時代は変わります。自分たちがやりたいことを貫くのではなく、お客様の悲喜こもごもの人生のシーンに寄り添った存在であるべきではないかと決意しました。「ごろごろりんごパイ」も、誰もが好きなお菓子として、りんごパイに注目し、製作しました。

-お店ではランチやパフェも提供されていて人気ですね。

中井 「ランチがおいしい和菓子屋さん」と言われ、複雑な気持ちでしたが、厳しい業界で生き残っていくために、いろんなことにチャレンジしてきました。「菓寮 伊藤軒」では、カフェや体験工房などを併設し、和菓子よりもランチやパフェが注目されています(笑)。当店の創業は1864年ですが、蛤御門の変で記録が燃えてしまい、その頃は、因幡薬師参道にて、瓦煎餅を売っていました。時代とともに、販売するお菓子も増えていき、百貨店にも出店しましたが、鳴かず飛ばずで……。下請OEMもやってきましたが、阪神淡路大震災の影響で売り上げが落ちてしまったところ、スーパーの紀ノ国屋さんが、豆が入った煎餅とかりんとうを気にいってくださり、扱ってもらうことができました。JR京都伊勢丹店では、SOU・SOUさんとのコラボでポップなデザインのお菓子を販売しています。

-大変な努力をされてお店を守ってこられたのですね。「ごろごろりんごパイ」ですが、どんなところにこだわって作られましたか?

中井 作り方はじつは和菓子の製法を活用しています。赤飯を生地で包んだ「赤飯饅頭」というお菓子の作り方なんです。あずきを釜に入れて炊くのと同様に、りんごや他のフルーツ、バターを釜に入れてまぜて炊くことで、旨みを凝縮させています。このときちょっとだけ焦がして、より美味しさを引き出しています。周りは練りパイの生地で包んで焼いたものが「ごろごろりんごパイ」です。大きさは「もうちょっと食べたい」と思ってもらえる、ひと口半のサイズにしました。

ごろごろりんごパイ_2s
フルーツがいっぱいでジューシー。

-洋菓子なのに和菓子の技術が使われているのは驚きました。

中井 まさに「和魂洋才」ですね。菓寮伊藤軒では、毎日サクサクの「焼き立てりんごパイ」も提供しています。袋売りのしっとりとした柔らかいパイ生地は、すこしトースターで温めていただくと、サクサクした焼きたてのような味わいを楽しめます。アイスクリームの上にのせて食べるのもおすすめです。

-りんごのしゃきしゃき感がおいしくて、レーズン・クランベリー・洋梨が入っていますね。

中井 りんごはおいしいですが、それだけだと飽きてしまいます。最初に感じた味と最後に感じた味は違うという、味の奥行を楽しんでいただくために他のフルーツもプラスして、余韻のあるお菓子にしました。いろんなフルーツがでてきて、ひとつのりんごパイの物語が広がっています。

-昨夏にパッケージをリニューアルされましたが、コンセプトはございますか?

中井 主張の強いパッケージではなく、やさしい感じにしたかったんです。水彩画の雰囲気をパッケージに出したくて、質感のある淡い色でりんごの赤色を表現しました。奥行きをだすために大小をつけました。「かわいくなった」という声をいただいております。

ごろごろりんごパイ_2
かわいいパッケージで手土産にもぴったり。

-素敵なデザインですね。「ごろごろりんごパイ」を食べていただきたい方を教えてください。

中井 老若男女すべての方に喜んでいただけるお菓子だと思っています。また、お菓子は人が集まったときに真ん中あって、幸せな気分にさせてくれるものです。「あの時、食べたお菓子、おいしかったね」とお客様の記憶に残るような、そんなお菓子を作っていきたいと考えています。

-今後の展望はいかがでしょうか。

中井 「ごろごろりんごパイ」をもっと多くの人に知っていただきたいので、販売店も拡大していけたらと思います。

-ありがとうございました!

「ごろごろりんごパイ 5個入」

▶価格 ¥756(税込み)
▶店名 伊藤軒 オンラインショップ
▶電話 0120-929-110 (日祝を除く9:00~18:00)
▶定休日 インターネットでのご注文は24時間365日受付
▶商品URL https://www.kyoto-itoken.co.jp/shop/products/detail/5715
▶オンラインショップ https://www.kyoto-itoken.co.jp/shop/

<Guest’s profile>
中井としお(株式会社伊藤軒 代表取締役)

1972年京都生まれ。関西大学卒業後、三菱食品に入社し、3年間勤務。1998年に伊藤軒に入社。2014年に同社代表取締役に就任し、現在に至る。

<文/垣内栄 MC/菅野真央 画像協力/伊藤軒>

羽田甚商店

注目の連載

注目の連載

Special serialization

羽田美智子さん連載

SNSできになるあのひと

社長インタビュー

連載一覧を見る

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter