【4月の食日記】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〇月×日

ようやく予約が取れて「しのはら」に。滋賀の名店が大きな決意と共に銀座に進出。それだけに意欲に溢れた皿が続き、これからの飛躍を感じさせる。熊のスープの滋味といったら! しかし、もうすでに夏まで予約は埋まっているもよう…。

〇月×日

井川直子さんの名著『昭和の店に惹かれる理由』にも掲載されていた銀座の「カフェ・ド・ランブル」で、珍しい’97年のイエメンモカ。仕事に一切の無駄はないが、空間に漂うのは気持ちのいい余裕。まさに昭和にタイムスリップした気分に。こういう唯一無二の店には、ぜひ一度は行ってみるべきだと思う。

 

〇月×日

「予約の取れない焼肉店」として有名な白金「金竜山」へ。最近の人気店を取るだけ取ってドタキャンするという風潮に嫌気がさした店主が、常連にしか予約を許可しなくなったため、より入店は困難になっている。こちらも昭和の香りが漂う、トラディショナルな焼肉。肉の切り方が素晴らしい。

 

〇月×日

西麻布の老舗「麻布長江 香福筵」は、天然由来の調味料を使い、優しい味で旨さを引き出している。それゆえか家族連れ、接待、デート等々、あらゆるニーズの人たちで満席。確実にいい客を掴ませている店だけが長続きするという好例だろう。

店名:
麻布長江 香福筵
住所:
東京都港区西麻布1-13-14
営業時間:
昼 11:30 - 14:30(L.O. 14:30)
夜 18:00 - 23:00(L.O. 22:00)
土・日・祝日
昼 12:00 - 14:30(L.O. 14:30)
夜 18:00 - 23:00(L.O. 22:00)
定休日:
月曜日
TEL:
03-3796-7835
FAX:
03-3796-7836

〇月×日

最近、土曜の昼はなぜか焼きそばに決めている。多いときはマヨネーズまで含め、5種類のソースを使って試行錯誤を繰り返していたのだが、どうにも味が決まらない。そんな時、ある方から「焼きそばは静岡のトリイソースが一番!」との情報をいただく。早速通販で購入して使ってみると、味がぶれずピタッとはまり、このソースを使い続けることに決定。

〇月×日

ローマで三ツ星を獲得した「ラ・ペルゴラ」のシェフの名を冠した大手町「ハインツベック」に、シェフの来日に合わせて訪問。13皿のプレステージメニューを堪能。この繊細さと驚きに満ちた料理は、とてもイタリアンという範疇ではくくれない。「赤い果実の冷製スフェラ」は何度食べても、そのたびに感嘆する。

店名:
ハインツベック
住所:
東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命 丸の内ガーデンタワーM2F
営業時間:
ランチ  11:30~15:00(L.O 13:30)
ディナー 17:30~23:00(L.O 20:00)
定休日:
日曜日
TEL:
03-3284-0030

〇月×日

バルミューダが新しく開発した炊飯器で炊いたお米を、神楽坂「虎白」でいただくという、贅沢な会に出席。同社のトースターを愛用しているので期待はしていたが、旨い。二重釜で蒸気炊飯という独特の手法が特徴。特に冷飯の美味しさは瞠目に値する。あのベチャっとした感じもなく、さりとて固もない。一刻も早くお弁当を作ってみたくなった。

〇月×日

気になる鮨屋があるんだよと知人に誘われて訪れた「鮨処やまだ」。銀座コリドー街の雑居ビルの中。寿司屋でも酒肴全盛のご時世で完全に握りのみ、15貫で1万円というお店。とにかく徹底していて、ガリさえ出さない。その分、握りに賭ける情熱は素晴らしく、スピード感あふれる本手返しで握る小ぶりの鮨は、スーッとからだに入り、旨い。29歳まで大工で、鮨好きが嵩じてこの世界に入ったという大柄な大将は41歳。キャラ抜群。

店名:
鮨処やまだ
住所:
東京都中央区銀座7-2-14 第26ポールスタービル 3F
営業時間:
17:00~翌1:00
夜10時以降入店可
定休日:
日曜・祝日
TEL:
03-3572-7534

〇月×日

料理家・山脇りこさんとじっくり作ったレシピ本「いとしの自家製」が完成。撮影の過程で、自分自身も手づくりの楽しさに目覚めた。ちょうど家に食べごろを過ぎたリンゴが3個あったので、同書のレシピでキャラメル煮にして、子供のフルーツサンドにしたところ大好評。自家製は人生を豊かにする。

 

〇月×日

東大生が愛用する駒場東大前の定食「菱田屋」。実はこちら、大人が夜を過ごすにも最適なお店。ステーキ、餃子、刺し身、フライとボリューミーで美味しい料理が山ほどそろう。これらをアテにビールや日本酒を楽しめば、そこはもう天国。

店名:
菱田屋 (ヒシダヤ)
住所:
東京都目黒区駒場1-27-12
営業時間:
[月~金]
11:30~14:00(L.O.13:50) 18:00~23:00(L.O.21:50)
[土]
18:00~23:00(L.O.21:50)
ランチ営業
定休日:
日曜・祝日
TEL:
03-3466-8371
大木淳夫

大木淳夫

「東京最高のレストラン」編集長

1965年東京生まれ。学習院大学卒。ぴあ株式会社メディア・クリエイティブ局チーフプロデューサー。日本初のプロによる唯一の実名評価本「東京最高のレストラン」編集長を2001年の創刊より務めている。その他の編集作品に「東京とんかつ会議」(山本益博・マッキー牧元・河田剛)、「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、「グルメ多動力」(堀江貴文)など。好きなジャンルは鮨とフレンチ。
現在は、「テリヤキ」(堀江貴文氏が運営するグルメキュレーションサービス)公式キュレーター=「テリヤキスト」、Retty「TOP USER」、「食べログ著名人」としても活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べたり買ったり作ったり~レストランガイド編集長の日常~新着記事

おすすめ記事