端午の節句に食べたい柏餅、ちまき5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

端午の節句の風習「柏餅」と「ちまき」。柏餅を包む柏は新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結びつく縁起のいい食べ物。また、中国より伝わった「子供が無事に育つように」との魔よけの意味を込められた”ちまき”。子どもと食べたい名店の柏餅、ちまきを紹介します。

セレクト1.「手作り ちまき・柏餅のセット」 恵那栗工房 良平堂

ほどよい甘さが後をひく
粒あんの柏餅が8個と、ちまき5本入ったセットです。時間が経ってもやわらかく、それぞれお米の旨味をしっかり感じることができます。柏餅は小豆の持つふくよかな風味を感じ、ふっくらつぶつぶ。ちまきはさやわかな笹の香りと共に、餅そのものの味を堪能できます。15時までに注文すれば即日出荷してくれるので、急いでいる方には助かりますね。

セレクトポイント
子孫繁栄という願いが込められた柏餅、邪気払いや厄を払うちまき、2つの味を同時に楽しむ事ができます。柏餅、ちまきの云われとともに、日本の伝統行事が楽しめるセットです。

≫ 詳細はこちら

セレクト2.「『こし餡』&『白みそ餡』かしわ餅6個入」 笹屋昌園

兜に模した縁起のいい形「貝包み」
餅はまん丸ではなく、甲冑兜(かっちゅうかぶと)をあらわしている伝統的な「貝包み」という製法をとっており、縁起の良い形です。中の餡は十勝産小豆のこし餡と京の白みそ餡の2種。王道のこし餡は小豆の割合が多く銅鍋でたいた自家製餡です。白みそ餡は京味噌の高級ブランドである「石野」のものを使用。つやつやもちもち、手作りの美味しさを味わえます。

セレクトポイント
杵でついた、昔ながらのお餅は、柔らかいのにしっかりとした歯ごたえがあり、もち米の旨味、そして弾力を感じます。小豆の風味がはっきりと伝わってくるこし餡、深いコクと上品な味わいの白みそ餡、食べ比べを楽しめるセットです。

≫ 詳細はこちら

セレクト3.「生笹使用 きな粉付ちまき」 越後まんぷく堂

新潟名物の伝統食「三角ちまき」
新潟の家庭で作られてきた伝統食の「三角ちまき」。もち米を三角に折った笹に入れて巻いて、お湯で茹でています。豊富な清水で育てられた粘りの強いもち米を使用。きなこをまぶして食べる優しい味なので、子どもにも人気おやつです。口に入れるとふんわり笹の香りが。きなこは甘さ控えめ、昔懐かしい、米どころ新潟の素朴な味わいを楽しめます。

セレクトポイント
新潟出身者のなかには「懐かしい!」と感動する人や、無性に食べたくなるときがあるという人も。材料はもち米、大豆、砂糖だけのシンプルさ。素朴な味わいを幼い頃に覚えてもらうために、子どもの日の集まりにぴったりです。

≫ 詳細はこちら

セレクト4.「海山ちまき」 ちまき屋愛敬本店

ふっくらもちもち!海の幸と山の幸を食べ比べ
ちまき一筋30年のお店。お米一粒一粒がいきいき仕上がる特製セイロを使っていて、ふっくらもっちりとした食感が味わえるのが特徴です。蟹や帆立など海の幸が入った「海ちまき」と、豚肉や椎茸など山の幸をふんだんに使った「山ちまき」がそれぞれ3つずつ。素材の味を活かした和風味のちまきです。

セレクトポイント
ちまきは米粒が餅状になっているイメージがありますが、こちらのちまきは米粒がつぶれておらずおこわに近い食感です。ひとつひとつ大事に手作りした丁寧さは、子どもだけでなく、お年寄りにも喜ばれる一品。

≫ 詳細はこちら

セレクト5.「肉ちまき」 横浜中華街通り

具材たっぷり!素材の旨味が凝縮され深い味わい
毎日横浜で手作りしている中華ちまき。モチモチした食感のもち米は、国産100%。そのもち米と一緒に具材がたっぷり入っています。角切りで食感の良い椎茸や干しエビから、凝縮された旨味が出ており、深い味わいが米全体にもしみています。ちまきには大きめの”肉そぼろ”がたっぷり!

セレクトポイント
パクっと食べると、モチモチふわふわの食感とともに、竹皮の香りと具材からあふれ出た旨味が口の中に広がります。具だくさんなので、育ち盛りの子どもには嬉しい一品。しっかりした味付けなので、小振りですが食べごたえがあります。

≫ 詳細はこちら

関連お取り寄せ商品

m.kitayama

趣味は自然のままの山を滑る楽しさを味わえる、バックカントリースノーボード。旅先でその土地の美味しいグルメを現地の人に教えてもらい行きつけのお店を増やしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事