をくゆかし_top

京都の新しい焼き菓子「をくゆかし」 きなこクリームの“和ゴーフル”で 大正レトロなパッケージも素敵

ニッキ風味の煎餅に香ばしいきなこのクリームがサンドされ、ザクザクとした食感の焼き菓子「をくゆかし」。
5月に発売になったばかりで、今までにない新しい京都のお土産として注目されています。

をくゆかし_1
お土産やおもたせにぴったり。

京都のお菓子には、八つ橋せんべいをはじめニッキを使用したものが多いのが特徴です。
ニッキは、クスノキ科の植物の根を原料として作られるスパイスで、やさしく甘い香りが漂い、希少な香りとして京都で愛されてきました。
「をくゆかし」は、そんなニッキの風味を生かし、京都の煎餅職人がゴーフル仕立てにし、深みのあるきなこクリームをはさんで、懐かしさも感じる味わいに仕上げました。

をくゆかし_2
間にきなこクリームがはさんであります。

パッケージも凝っていて、大正レトロなイメージで、窓の中にいる奥ゆかしい女性を表現。奥ゆかしさは京都らしさと言われ、清楚で親しみ深く、品位があって心がひかれる様をさします。
商品名の「をくゆかし」も、そんな奥ゆかしさを感じていただきたいという思いから名付けられました。
パッケージの中には、京都で使われる奥ゆかしさの場面が語られています。

をくゆかし_3
日本茶との相性も抜群。
をくゆかし_4
コーヒーや紅茶にも合います。

「をくゆかし」は、お土産として、また、ホームパーティのお菓子として、さまざまなシーンで活用できます。
日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶とも合うので、海外へのお土産としても喜ばれるでしょう。

羽田甚商店

注目の連載

注目の連載

Special serialization

羽田美智子さん連載

SNSできになるあのひと

社長インタビュー

連載一覧を見る

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter