第8回 ニューヨーク編 その4 行列のできる、ブルックリン子御用達のレストラン 「ファイブ・リーブス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おいしん坊!ザ・ワールド」の情報は海外の生情報ですので、お取り寄せはできません。
ぜひ、現地に行ってお試しください。

ニューヨークの中でも、アーティスト系の若者が多く住み、おしゃれなエリアとして知られるブルックリン区。自然体で気取らないセンスの良さが光る街です。
今回は、その「ブルックリンらしさ」が味わえる、いま話題のレストランをご紹介します。

 

ブルックリンは実はとても広いのですが、一般的におしゃれなスポットとして知られているのがウィリアムズバーグというエリアです。そのウィリアムズバーグと、近年「ウィリアムズバーグの次に来る!」とも言われているグリーンポイントというエリアのちょうど境に、今回の「ファイブ・リーブス」というレストランはあります。観光客が多いウィリアムズバーグに比べ、グリーンポイントはまだそこまで注目されていないこともあって地元民が多く、落ち着いた雰囲気があります。ウィリアムズバーグやグリーンポイントに住むリピーターと、ウィリアムズバーグから流れてくる観光客、両方から支持されているのがこのレストラン「ファイブ・リーブス」の特徴と言えます。

さほど広くなく、こじんまりした雰囲気の「ファイブ・リーブス」ですが、週末のブランチやディナーの時間帯にもなると、待つのは当たり前。たいてい一時間待ちの長い行列ができています。しかし、その列に並んでいるのがおしゃれなブルックリン子だったりするので、待っている間に彼らを観察するのも意外と楽しいかもしれません。

ブランチメニューの一番人気は、何と言ってもリコッタチーズのパンケーキですが、ディナーメニューにも注目です!お店のイチオシは「ファイブ・リーブス・バーガー」で、肉厚なパテの上に、焼いたパイナップル、お酢に漬け込んだビーツ、唐辛子マヨネーズ、目玉焼きなどが乗っています。パイナップルとビーツが甘酸っぱくて新鮮な味わいですが、バーガー自体はボリューム満点です。付け合わせには、サラダかポテトかを選べ、私はポテトを選びましたが、量がかなりあります。他にディナーで人気なのが、「蒸したムール貝」で、これにはサフラン・ココナッツ・ソースと天然酵母のパンが付きます。夏には、テラス席で牡蠣を頂くのもおすすめです。ニューヨークは、牡蠣の産地としても知られています。

また、カクテルでは「グレープフルーツのマルガリータ」、デザートでは「スティッキー・デーツ・プディング」が人気です。この「スティッキー・デーツ・プディング」、実はオーストラリアの定番デザートで、デーツ(ナツメヤシ)が入ったスポンジケーキに、温かいキャラメルソースをかけて頂きます。これにバニラアイスが添えられます。

そして、ここはレストランなのですが、コーヒーだけのテイクアウトもできるので、食後はコーヒーを持ち帰って目の前のマッキャレン公園でゆっくり頂くのもおすすめです。マッキャレン公園は、地元の人たちに愛されているとても雰囲気の良い公園です。コーヒーを入れてくれる紙コップも、ブルックリンらしく素敵なデザインです。

現地レポート、関口千裕(NY)

王東順

王東順

テレビ番組プロデューサー・エンタメ思考プロデューサー

フジテレビの黄金時代を支えた名物プロデューサー。 『なるほど!ザ・ワールド』をはじめ、「新春かくし芸大会」「クイズ!ドレミファドン」など時代を動かした多くの人気番組を生み出したヒットメーカー。世界各地の現地取材の際に得た、王道から邪道まで、幅広い世界各国のグルメ知識・人脈を元に、食いしん坊プロデューサーとして日々、新しい情報をキャッチすべく多方面にアンテナを伸ばす。「グルメ is エンターテイメント」を合言葉に、現在も新しい企画やアイディアを四六時中考え生み続けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説の元フジテレビプロデューサー 王東順がおくる!! おいしん坊!ザ・ワールド新着記事

おすすめ記事