【連載】発見!お取り寄せグルメ散歩 Part3 芦屋 ~静かな住宅街を散歩~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芦屋の街をのんびり散策

静かな住宅街を散歩して、地元のおなじみ店でお買い物
芦屋生まれの芦屋育ちという本吉さん母娘。芦屋というと全国的に有名な高級住宅街でバブリーなイメージもありますが、「それは一部だけで、本来の芦屋はのんびり、おっとりした静かな住宅街なんですよ」と言います。「山も海も近く、穏やかな景色に恵まれているのが芦屋のよさ。お散歩コースには事欠きません」
代々住む人が多く、暮らしに根付いた食料品店やスイーツ店などの老舗が多いのも特徴。一方で若いシェフやその道一筋の専門家が、「この地域でならよい物を理解してくれる」とお店を開くことも。地元の人がたいせつにつきあっている個性的なお店を訪ねながらお散歩してみましょう。

「手みやげならダニエルにしたら間違いなし」という人が多いスイーツ店。すべて手作りの生ケーキ、焼き菓子などは味にコクがあり彩りも美しい安定感ある品ばかり。4店舗ある中で唯一、イートインスペースがあるのがここ「テラスダニエル」。散歩の途中、芦屋川沿いの並木道を眺めながらのティータイムは至福の時。

▶TEL 0797-21-3308
▶営業時間 10:00~18:30
▶定休日 月曜・火曜(祝日の場合は営業)変更になる場合あり
▶住所 兵庫県芦屋市松ノ内町3-14  チェリービュー芦屋川1階

チーズケーキ「キリコ」432円。

創業95年の歴史を誇る、芦屋で親しまれてきた地元のお肉屋さん。「神戸牛のよさを世に広めたい」と店主の西田一雄さんが言うようにここで扱う牛肉は高品質の神戸牛のみ。牛肉佃煮は30年以上前から自家製造している名物で手みやげとして日本各地はもとより、海外にも持参して喜ばれたという人もいるほど。

▶TEL 0797-22-2981
▶営業時間 9:00~19:00
▶定休日 月曜
▶住所 兵庫県芦屋市西山町1-6

安全で安心な野菜を家庭に届けたいと「野菜王子」こと福原悟史さんら有志数人が展開する八百屋さん。関西各地の契約農家から仕入れる有機・無農薬野菜は味が濃く、栄養たっぷりの元気の源。注文を受け近隣の家庭に配達するほか、東京をはじめ全国各地からお取り寄せの注文が入る人気ぶり。他に、同市大原町に2016年オープンの『GOOD LOCAL MARKET CA』がある。

▶TEL 0797-38-3831
▶営業時間 11:00~18:00
▶定休日 日曜
▶住所 兵庫県芦屋市西山町3-10

レストランひしめく芦屋周辺で、おいしい料理、温かみのある雰囲気、しかも価格がリーズナブルとあって固定ファンがついているのがここ。オーナーシェフの湯浅康二さんは神戸出身でイタリア料理店、フレンチ料理店で修業後、独立。地元のおいしい素材を知りつくしていて、肉、魚、野菜それぞれの味を引き出す技はピカ一。

▶TEL 0797-35-0262
▶営業時間 12:00~15:00(L.O.14:00)18:00~22:00(L.O.21:30)
▶定休日 月・火曜
▶住所 兵庫県芦屋市茶屋之町5-12 スタアリィアイ芦屋2F

「おいしくて居心地がよいのでお友だちとよく来ます」と以津子さんもここのファン。
ランチコースのメイン例。「兵庫県産雪姫ポーク香草パン粉焼き」。ランチは2,000円~。ディナーは4,900円と6,400円。

JR芦屋駅前、いつも賑わう精肉店。1946年に創業以来、但馬牛の最高品質にこだわって販売してきて、「竹園のお肉で育った」と言う芦屋市民がたくさん。ミンチカツなど揚げ物も人気。レストラン、ホテルもあり、プロ野球選手や甲子園球児の宿泊施設としても有名。

▶TEL 0797-22-4919
▶営業時間 9:30~18:40
▶定休日 1月1日~3日
▶住所 兵庫県芦屋市大原町10-1

但馬牛の極上挽き肉を使ったミンチカツは肉汁たっぷり。
(左)別名「野球カレー」。試合前の野球選手のために作っていたカレーをレトルトに。おなかにもたれないまろやか味。864円 (右)隠れた人気商品「すき焼きわりした」648円。利尻昆布をたっぷり使い煮詰まっても辛くならないのが特徴。

祖父母が食器店を経営していた影響で小さい頃から器が好きだった横井れい子さん。2006年に、阪神電車がコトコトと真横を走るこの場所でギャラリー&器の店をオープン。置いているのは若手から中堅クラスの作家作品を中心に、暮らしのなかで使いやすく、どんな料理にも合う器。作品は電話などで注文も可能。

▶TEL 0797-34-1678
▶営業時間 11:00~19:00
▶定休日 火曜・個展前後日
▶住所 兵庫県芦屋市公光町10-10B.Block 2階

オーナーの横井れい子さんと器の話で盛り上がる。
(上から)矢尾板克則作・カップ3,240円、菅原利彦作・漆器フリーカップ5,940円、大野素子作・皿2,592円。

若い頃からハム、ソーセージ作りに興味があったオーナーの楠田裕彦さんがドイツで4年間修業して帰国後オープンさせた店。厳選した豚肉を使い、じっくり熟成させて作られた自家製ハム、ソーセージに地元の人は大歓迎。テリーヌやサラダもおいしいと評判でとっておきの食卓やホームパーティに欠かせない。イートインコーナーも10席あり、「ハムプレート」1,300円などいろいろ試せてお得。

▶TEL 0797-35-8001
▶営業時間 10:00~19:00
▶定休日 水曜・第3火曜(イートインは、12月のみ第1日曜まで営業
▶住所 兵庫県芦屋市宮塚町12-19

オーナーの楠田裕彦さんはハム、ソーセージ作りの求道者という感じ。
ショーケースを見ているだけでおいしさが伝わってくる。

ドイツで修業して国立製パン学校でマイスター資格を取得した松崎太さん。帰国後の2005年にこの店を開いた。2日前から種を仕込み、前日に生地を作り一晩発酵させてから焼き上げるパンは、噛むたびに大地の恵みさえ感じられるほど深い味わい。無農薬の全粒粉、有機農法のイースト、無添加無着色のバターなど材料にもこだわっている。

▶TEL 0797-23-8923
▶営業時間 9:00~18:30
▶定休日 火・水曜
▶住所 兵庫県芦屋市宮塚町14-14-101

松崎太さん。メツゲライクスダの楠田さんとは盟友。
シナモンロール186円~。

関連お取り寄せ商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅&グルメ散歩新着記事

おすすめ記事