肉のたかさご_top

新・東京土産の決定版 老舗精肉店の職人が手作りする 「東京やき豚」 /「たかさごのやき豚ちまき」

2022/08/31

今回、編集長アッキーが気になったのは、東京の下町・佃に店を構える、やき豚が人気の「肉のたかさご」。2022年に創業75周年を迎える肉のたかさご株式会社・代表取締役社長の藤田博子氏に、商品の人気の理由を取材陣がうかがいました。

肉のたかさご_社長_1
肉のたかさご株式会社 代表取締役社長の藤田博子氏

これまでの沿革を教えてください。

藤田 1950年前後に祖父が商売を始めたのが、たかさごの歴史の始まりです。1984年に佃の店舗をリニューアルして、1995年に通販事業を開始、2006年に農林水産大臣賞を受賞しました。2012年に私が3代目社長に就任しました。

社長になる前は会社員だったのですよね。

藤田 はい。私は4姉妹の3番目ですが、父で、当時社長だった現会長が病気になったことから、私が店を継ぐことになりました。

たかさごは沢山の賞を受賞されていますね。

藤田 2012年にDLGドイツ農業協会ハム・ソーセージ国際品質競技会にて、やき豚とローストビーフの両方が金賞を受賞しました。2018年には、全国観光土産品連盟主催の全国推奨観光土産品審査会でやき豚と、やき豚フレークが推奨品として認定されました。2019年にはドイツのIFFAという国際食肉産業見本市で、やき豚、ローストビーフ、角煮、米澤豚味噌漬の全てが金賞を受賞。また、2020年にはDLGにて、角煮も加えた3商品が金賞を受賞、米澤豚味噌漬は惜しくも銀賞でした。おかげさまでいろいろな賞を頂いてきました。職人が心を込めて作ったものが世界的に認められ、大変嬉しく思います。

肉のたかさご_2
東京やき豚のたれは継ぎ足しながら守り継いできた伝統の味。

スタッフの方のモチベーションをあげる秘訣はなんですか?

藤田 弊社のモットーである「美味しさの喜びをチリバメル」という言葉を耳にタコができるくらい伝えています。買ってもらうときにうれしい気持ちで買ってもらい、食卓で買ってよかったと思ってもらう、そこまでが一連の仕事だと思っています。繁忙期は1万本ぐらいやき豚を作りますが、どれだけ作ろうと召し上がる方は1本のうちの数枚なので、その1枚1枚がおいしいことが大切です。誠実に作ることを意識しています。1年に1回来てくださるお客様もいらっしゃいます。スタッフには、一期一会を大切にしようと伝えています。

東京やき豚の開発エピソードや思いがあれば教えてください。

藤田 やき豚がたかさごの名物になった経緯は、祖父が社長だった頃、当時学生だった現会長が御用聞きの手伝いをしていました。その行った先で「あなたの店の名物って何?」と聞かれ、とっさに持っていたやき豚を差し出し「このやき豚が名物です」と伝えたそうです。この経験から店には名物が必要だと気づき、たかさごの名物をやき豚にしようと思い、力を注いで、今につながっています。

肉のたかさご_3
肉本来の旨味とジューシーな脂分が絶妙。

今の味にたどり着くまでに試行錯誤があったのでしょうか?

藤田 豚肉の部位は肩ロースで味付けも大きく変えていませんが、もっとおいしくしたいという思いが常にあります。会長が色々な醤油を試していくなかで、あるメーカーでたかさごオリジナルの醤油としてブレンドしてもらうなど、もっとおいしくするために進化させています。

焼き方のこだわりを教えてください。

藤田 1本1本、焼き加減を見ながら手焼きしています。肉の大きさや脂の乗り具合で煮込む時間が異なる為、丁度良いところで煮上げるのが職人技です。年末には1日に約2000本作りますが、すべて丁寧に手作業にしています。

経験と勘とセンスですね。おすすめの食べ方はありますか?

藤田 そのままのおいしさをぜひ味わっていただきたいです。スライスしてたれをかけ、そのままお召し上がりいただけます。少し温めると脂の部分がさらに柔らかくジューシーになります。お好みでからしやわさびをつけて食べるのもおすすめです。

肉のたかさご_4
肉のたかさご_5
肉のたかさご_6
やき豚丼にしたり麺にのせたり、召し上がり方のアレンジは無限大。

「やき豚ちまき」の開発のきっかけは何でしょうか?

藤田 よそでちまきを食べた際に、「やき豚を入れたらもっと美味しくなるかも」と思ったのがきっかけです。さらに、見た目も華やかなちまきにしたくて、花生麩や枝豆の彩りも加えました。お米は国産のもち米を使用し、やき豚のたれにしょうがを少し効かせた味付けにしています。やき豚のたれで煮込んだウズラの卵も添えて、華やかでおいしいちまきが完成しました。

肉のたかさご_7
「やき豚ちまき」は冷凍便対応。来客のおもてなしやおやつにぴったり。

今後の社長の展望を教えてください。

藤田 「東京やき豚」を東京名物にしたいです。全国の方々に、やき豚といえば「東京やき豚」と思っていただけるようにしたいですね。

ありがとうございました!

肉のたかさご_商品1

「東京やき豚」(650g)1本入 【紙箱】
価格:¥4,320(税込)
店名:肉のたかさご オンラインショップ
電話:03-3531-4529(10:00~17:00 日祝を除く)
定休日:インターネットでのご注文は24時間365日受付
商品URL:https://www.yakibuta.jp/shopdetail/002001000007/002/
オンラインショップ:https://www.yakibuta.jp/

肉のたかさご_商品2

「たかさごのやき豚ちまき」【単品】
価格:¥756(税込)
店名:肉のたかさご オンラインショップ
電話:03-3531-4529(10:00~17:00 日祝を除く)
定休日:インターネットでのご注文は24時間365日受付
商品URL:https://www.yakibuta.jp/shopdetail/012006000002/012/
オンラインショップ:https://www.yakibuta.jp/

※紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報です。
変更もしくは販売が終了していることもあります。

<Guest’s profile>
藤田博子(肉のたかさご株式会社 代表取締役社長)

1969年東京都生まれ。大妻中学・高校・短大卒業後、大手企業に入社。1992年に有限会社肉のたかさごへ入社し、2005年取締役専務に就任。2012年に肉のたかさご株式会社へ商号変更後、3代目代表取締役社長に就任。

<取材/垣内 栄 MC/稲吉 陽子 画像協力/肉のたかさご>

OFFICIAL SNS

Instagramでハッシュタグ#お取り寄せ手帖を検索。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter