第16回 発酵食材 塩麹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
インナービューティープランナーの西川三千美です。

5月に、兵庫県丹波市へさつまいもの播種体験へ行ってきました。
丹波市は自然が豊かで空気がとても綺麗な所でした。

毎日、都会で仕事をしていると、「土に触れる」機会はなかなかないのですが、改めて触れると自然が持つエネルギーを感じることが出来ました。
1時間ほどの作業でしたが、農家さんは暑い日も寒い日も毎日、作業をしていることを思うと、口に入れる野菜の有難みを改めて感じます。

秋の収穫がとても楽しみです。

 

今回ご紹介するのは、「塩麹」です。
原材料は麹、塩、水と、とてもシンプル。
塩よりも甘味が広がり、まろやかな味になります。
塩分濃度も塩の半分です。

私は塩麹を、お酒と合わせて余った野菜に揉み込んで漬物にしたり、お肉やお魚に塗っています。お肉やお魚に塗ると、麹の力で素材が柔らかくなり、味がより一層美味しくなるのでお勧めです。
今回ご紹介するレシピはきんぴらごぼう。醤油とみりんを使ったものではなく、塩麹を使ったさっぱりとしたきんぴらごぼうです。

 

食卓にもう1品ほしい時にぜひご活用してはどうでしょうか??

 

☆活用レシピ☆
【彩り野菜の塩麹きんぴら】

〈材料〉2人分
ごぼう(千切り)・・・100g
にんじん(千切り)・・・40g
ピーマン(千切り)・・・40g
赤・黄パプリカ(千切り)・・・各40g
酒大さじ2
塩・・・少々

塩麹…大さじ1.5~
醤油…小さじ1
ごま油…小さじ1/2~
白すりごま…適量

【作り方】
① 鍋に酒を入れ、ごぼう、にんじん、塩をひとつまみ入れ、ごぼうがしんなりするまで
弱火で蒸し煮する。
② ①の鍋にピーマン、赤黄パプリカ、塩麹、醤油を入れ、1分程度弱火で火にかける。
③ ごま油を鍋肌から入れ、ひと混ぜし、お好みで白すりごまをかけて、器にもり完成。

『塩麹』

塩麹は素材の旨味を引き出す、生きている発酵調味料です。特に手作りの米糀・神話の水「月のしずく」・徳島産自然塩を使用しており、とてもまろやかなお味です。
昔ながらの麹作りをそのまま受け継ぎ、1枚1枚丁寧に糀を作っています。国産米を木桶で蒸し、もろ蓋で麹菌を培養した手作り糀です。

店名:
麹屋雨風

★器★
今回使用した器は「美濃焼」。
縁がお花のようになっていて、和食でも洋食でもどんなジャンルのお料理にも活用出来て、とても便利です。

西川三千美

西川三千美

インナービューティープランナー

料理を作ることは愛情表現だと思っています。食べたい物を作ることが出来ることも大切ですが、お野菜×日本の発酵調味料をたっぷり使った料理の提案をしています。主にブログで発信中。将来は自宅で食べた後も健康で綺麗でいられるお料理教室を開くことが目標です。

木下 あおい

木下 あおい

インナービューティープランナー

(社)日本インナービューティーダイエット協会理事長
インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。
インナービューティーダイエット専門料理教室では「美腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、 3ヵ月で-5kg、-10kg 綺麗に痩せる生徒が続出している。
インナービューティーダイエット専門クッキングサロン bijou(本店) ruby(東京 2 号店) jewel(大阪)opal(愛知)を主宰。 書籍は累計27万部を特化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木下あおい&全国インナービューティープランナーの発酵食材でつくる〝美人になるレシピ〟新着記事

おすすめ記事