発酵食品 大阪府大阪市 とりゐ味噌の「甘酒」

発酵食品 大阪府大阪市 とりゐ味噌の「甘酒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは。
インナービューティープランナーの前田 恵子です。「食べて美しく健康に」発酵ダイエット料理教室を大阪府枚方市で開催しております。

今回は、大阪府大阪市天満にある「とりゐ味噌」さんの「甘酒」をご紹介します。かつて店舗の前に大阪天満宮の鳥居があったことから、屋号をとりゐ味噌とされ、ロゴマークも鳥居を模ったものになったと伝えられています。

甘酒は、米麹由来の自然な甘みにこだわった、優しい味わいのある濃縮タイプです。
お野菜をたっぷり使い甘酒の甘さと麹の特性を活用した、ごはんの一品にも、おもてなしにも活用できるレシピをご紹介します。

とりゐ味噌の「甘酒」を活用したレシピ『鶏肉のトマト甘酒煮』

お野菜をたっぷり使い甘酒の甘さと麹の特性を活用したごはんの一品にも、おもてなしにも活用できるレシピをご紹介します。

<材料> 2人分

鶏肉(大きめの一口大)・・・250g
玉ねぎ(くし形切り)・・・1/2個
にんじん(小さめの乱切り)・・・50g
ズッキーニ(小さめの乱切り)・・・1本
トマト缶・・・200g
甘酒・・・15g(約大さじ1)
塩麴・・・小さじ2
オレガノ・・・5振り
塩・・・少々

調味料A
・甘酒・・・小さじ1
・にんにく(すりおろす)・・・ひとかけ

<作り方>

① 袋に鶏肉を入れAを揉みこむ。
② 鍋に、水大さじ1(分量外)、玉ねぎ、にんじん、塩ひとつまみを加えて弱火で蒸し煮する。
③ しんなりしたら、ズッキーニ、鶏肉、塩ひとつまみを加えてさらに弱火で蒸し煮する。
④ 火が通ったら、トマト缶、甘酒、塩麴を加えてひと煮たちする。
⑤ 仕上げにオレガノを加えて味を整える。

とりゐ味噌の「甘酒」を活用したレシピ『鶏肉のトマト甘酒煮』
甘酒/とりゐ味噌

【おすすめの甘酒】
『甘酒』/とりゐ味噌
https://www.toriimiso.com/

創業は江戸時代。“まごころ”と“感謝”のものづくりの精神のもと、伝統の味を受け継いでいます。秘伝の種味噌は質の麹づくりと天然醸造にこだわり、およそ2年もの間じっくり熟成。この種味噌を使用した味噌汁用味噌、赤だし用味噌をはじめとする各種味噌を製造・販売しています。今回活用しました甘酒は、粒がしっかりした濃縮タイプなので、そのまま飲む場合は沸騰した湯で煮立たせてからいただきます。

【器】
白山陶器 KIKKOU(波佐見焼)の長鉢です。お刺身やお魚料理などの和食はもちろん、深さもあるので洋食にも利用することができます。どんなおかずでも活用しやすいお気に入りの器です。

前田 恵子(まえだ けいこ)

前田 恵子(まえだ けいこ)

インナービューティープランナー/上級麹士/食生活アドバイザー

お料理を基礎から学びたいたいと思った時にインナービューティーダイエットに出会いました。インナービューティーダイエットを学び、食事はカラダだけでなくココロにとっても大切なことだと実感。食事を通して頑張る女性の願いを叶えたいと、腸を整える伝統的な発酵食品を使ったダイエット料理を提案し、「食で美しく健康に」を伝える発酵ダイエット料理教室を開催しています。

木下 あおい

木下 あおい

インナービューティープランナー

(社)日本インナービューティーダイエット協会理事長
インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。
インナービューティーダイエット専門料理教室では「美腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、 3ヵ月で-5kg、-10kg 綺麗に痩せる生徒が続出している。
インナービューティーダイエット専門クッキングサロン bijou(本店) ruby(東京 2 号店) jewel(大阪)opal(愛知)を主宰。 書籍は累計27万部を突破。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木下あおい&全国インナービューティープランナーの発酵食品でつくる〝美人になるレシピ〟新着記事

おすすめ記事