鎌田醤油の「醤油糀」

発酵食品 鎌田醤油の「醤油糀」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。インナービューティープランナー、eat to love’sキッチン主催の丹後典子です。私は生まれも育ちも生粋の宮城県人です。現在はインナービューティープランナーとして「杜の都」仙台にてサロンを構え、お料理教室を開催しています。

仙台が「杜の都」と呼ばれるようになったのは、明治の終わり頃からといわれます。伊達家は屋敷の中に栗や梅、柿など実のなる樹木を植えることを藩士らに奨励したため、明治に入っても屋敷林が多数残っていたそうです。さらに、寺や神社、広瀬川の河畔、城のある青葉山も豊かな緑に包まれていたことから、「杜の都」と呼ばれるようになったそうです。

今回ご紹介するのは、宮城県美里町にある鎌田醤油株式会社の「醤油糀」です。こちらの「醤油糀」は、これまで出会った醤油糀の中で一番大好きな味で、こんなにも感動するものをどんなこだわりで作られているのだろうかと調べたことがあります。その時に「作るというより、大地から届いた材料がよりよく発酵・熟成できるように、助ける、そして味が深まっていくことを見守る」という一文に深く共感させられたことを鮮明に覚えています。

そのまま食べても絶品なので、お刺身や納豆、お豆腐などにもこちらを活用していますが、今回はドレッシングをご提案します。旬のお野菜にかけていただくことはもちろん、お魚やお肉などのソースとしても万能に活用できます。
この春、小学校3年生になった息子も大好きなドレッシングで、お子さんにもおすすめです。ぜひ、みなさまのキッチンでも、お作りください。

「醤油糀」を活用したレシピ『︎内側美人を叶える絶品ドレッシング』

<材料> 2人分
アボカド(一口大に切る)・・・1/2個
しめじ(石づきを落とす)・・・1/2パック
キャベツ(千切り)・・・2枚
レモン果汁・・・小さじ1

A ドレッシング
大根(すりおろす)・・・50g
醤油糀・・・大さじ1
バルサミコ酢・・・小さじ1
オリーブオイル・・・小さじ1

今回はドレッシングをご提案します
ボウルにAの材料を入れ混ぜ合わせる

<作り方>
① アボカドをレモン果汁で和える。
② 鍋に水大さじ1(分量外)としめじを入れ、塩ひとつまみ(分量外)をふり、しんなりするまで弱火で蒸し煮にする。
③ ボウルにAの材料を入れ混ぜ合わせる。
④ 1、2、キャベツを入れ、全体を和える。

「醤油糀」を活用したレシピ『︎内側美人を叶える絶品ドレッシング』
「醤油糀」/鎌田醤油株式会社

【お取り寄せ情報】
『醤油糀』/鎌田醤油株式会社
http://kamatashouyu.jp/

創業1835年、宮城県美里町の自然豊かな場所で丹精込めて味噌や醤油を作られています。醤油糀は“鎌田さんシリーズ”のひとつ。契約栽培された宮城県産の丸大豆100%を使用し、伝統製法でつくったこだわりの醤油シリーズです。

★器★
今回使用した器は、お隣岩手県で陶房を構えている陶房金沢さんの作品です。一品料理を入れたり、スープに使ったりと万能。大好きな器です。

丹後典子

丹後典子

インナービューティープランナー/eat to love’sキッチン主催

「発酵×︎ダイエット」で嫌いな自分とはさよなら! キレイと健康はあなたのキッチンからを軸に発酵調味料と旬のお野菜で、ダイエット・過食・便秘・肌荒れ・イライラetc・・・女性のあらゆるお悩みを解決する少人数制のお料理教室を仙台で開催している。

木下 あおい

木下 あおい

インナービューティープランナー

(社)日本インナービューティーダイエット協会理事長
インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。
インナービューティーダイエット専門料理教室では「美腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、 3ヵ月で-5kg、-10kg 綺麗に痩せる生徒が続出している。
インナービューティーダイエット専門クッキングサロン bijou(本店) ruby(東京 2 号店) jewel(大阪)opal(愛知)を主宰。 書籍は累計27万部を特化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木下あおい&全国インナービューティープランナーの発酵食品でつくる〝美人になるレシピ〟新着記事

おすすめ記事