栗阿彌の『栗阿彌(りつあみ)』と尾形アツシさんの器

栗阿彌の『栗阿彌(りつあみ)』と尾形アツシさんの器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、飛田和緒です。ご紹介するのは、秋になると必ず食べるもののひとつ、栗のお菓子です。羊羹や饅頭などありますが、今回はシンプルな栗そのものを楽しむ和菓子を選びました。お取り寄せしたのは、京都の栗阿彌さんの『栗阿彌』です。和菓子の街・京都で栗菓子をメインに販売しているお店と聞き、これは食べてみたいと思いました。

京都の栗阿彌さんの『栗阿彌』

栗阿彌さんは、京栗菓匠 若菜屋のブランドとして始められたお店です。若菜屋の初代が丹波栗で有名な丹波篠山のご出身で、その奥様も丹波園部で300年続いたお菓子屋さんのご出身だったこともあり、約90年前に栗の和菓子を中心にしたお店を京都の千本丸太町で開業したそうです。今から50年ほど前に誕生した『栗阿彌』は、会席の八寸にでる「栗の渋皮煮」をヒントに作られました。今では、同名のお店を立ち上げるほどの代表銘菓となり、人気を集めてます。

『栗阿彌』を作る工程は、とても丁寧。硬い栗の皮を手作業でむき、渋皮についているひげを1本1本取っているそう。なんて繊細な作業、想像するだけで大変さが伝わってきます。その後、栗が割れないように注意しながら煮て、そして、蜜に漬けて、最後にグラニュー糖をまぶしています。
味は、渋皮がしっかり感じられ、香ばしい栗の風味をいっそう高めています。マロングラッセというよりも、甘納豆に近い食感。栗特有の風味を残しつつ、やさしい甘さが口の中に広がり、シンプルで上品。やはり張りのある渋皮がアクセントになって、ただのやわらかい甘露煮とはひと味もふた味も違うのです。
大粒の栗なので、サイズを揃えるのもご苦労があるでしょう。餅や饅頭で包めないので大きさは誤魔化しようがありません。栗を堪能できる、栗好きにはたまらない一品です。

栗を堪能できる、栗好きにはたまらない一品です

今回の器は、尾形アツシさんの作品です。尾形さんは、雑誌の編集者から陶芸家になった、異色の経歴。東京出身ですが、いまは奈良で作陶されています。この器は、直径は約11cmで、この直径にしては珍しく、高さが3cmほどあります。小さいのにどっしりしている点が気に入りました。表面に薄い貫入があるのですが、模様のように黒く目立っている貫入もあり、素敵だな~と思い同じ大きさを数枚購入しました。最近は一般的に薄い器が多く見られますが、この器は持つとずっしりしていて安定感があります。色も落ち着きがあり、何にでも合いそうと思いました。少し深さもあるので、厚みのある和菓子を入れたり、漬物を入れたりして使っています。

<気になる和菓子>

栗阿彌

価格:
3,240円/12個入(税込、送料別)
※注文は電話またはFAXになります
賞味期限:

60日

店名:
栗阿彌
住所:
京都府京都市中京区御池通油小路西入式阿弥町137-6
電話:
075-253-0235
FAX:
075-253-0238
営業時間:
9:00~20:00
定休日:
なし

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)>

飛田 和緒

飛田 和緒

料理家

家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌で活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理家 飛田和緒の気になる和菓子、大好きな器。新着記事

おすすめ記事