兵庫県神戸市 虎屋吉末の『冷やししるこ』と巳亦敬一さんの器

兵庫県神戸市 虎屋吉末の『冷やししるこ』と巳亦敬一さんの器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、飛田和緒です。今回ご紹介するのは、六甲山からの清流・住吉川が流れ、美術館や記念館など文化施設が豊富な神戸市東灘区にお店を構える、老舗・虎屋吉末の『冷やししるこ』です。おしるこも白玉団子も好きで、家では温かいおしるこをよく作りますが、冷たいおしるこに魅力を感じて、お取り寄せしました。

今回お取り寄せした「冷やししるこ」は季節限定。小豆と抹茶の2種類があります。

虎屋吉末さんは、江戸時代の1801年創業、今年で218年の老舗和菓子店。「御菓子司」の称号がついている歴史と由緒あるお店です。もともとは廻船問屋だったそうで、港町神戸らしいですね。
こちらのお店の看板商品は、卵煎餅の「樽形煎餅」と「天津知羊羹(でっちようかん)」。いずれも初代店主が考案したそうなので、かなり長きに渡り愛されてきたお菓子です。なかでも、樽形煎餅は商標登録されているので、虎屋吉末さんだけの商品なのです。

今回お取り寄せした「冷やししるこ」は季節限定。小豆と抹茶の2種類があります。どちらのしるこも、とろみがとても特長的でした。葛が入っているので、そのとろみかな。一般的にしるこに葛は入っていないので。でも、とろみがあると冷たさが長持ちして美味しいはず。つるんとしたのど越しも葛の効果でしょう。
そして、小豆も抹茶も、あんがなめらかで舌触りが良いです。白玉は時間が経つと硬くなりがちですが、こちらはとてもやわらかい。抹茶は香りも感じられて濃厚です。最近は色だけと思わされるものが多い中で、こちらはしっかりと抹茶を味わえました。
真夏は、固形のものよりもさらりとしたものを食べたくなりますよね。そんな日のデザートにぴったり、また暑い中に訪れたお客さまにも喜ばれる一品です。

真夏は、固形のものよりもさらりとしたものを食べたくなりますよね。そんな日のデザートにぴったり、また暑い中に訪れたお客さまにも喜ばれる一品です。

今回の器は、巳亦敬一さんの作品です。巳亦さんは北海道札幌市で作品を作っており、どこかロマンティックでアンティーク調の作風で人気の方です。この器は、3~4年前にいつも行く鎌倉のNearで見つけました。クリアなガラスではなく、うっすらとアンティークのような色合いが良くて、5個セットで購入。ところが、たて続けに家族に2個割られてしまい…いまは3個です。
使い方は、アイスクリーム、ゼリー、寒天、フルーツなどのデザートはもちろんですが、プチトマトのマリネを入れると、とてもきれい。夏こそ大活躍する器で、気に入っています。

<気になる和菓子>

冷やししるこ

価格:
2,750円/小豆・抹茶 各100g×3個(税別、送料別)
消費期限:

冷蔵で5日

店名:
虎屋吉末
住所:
兵庫県神戸市東灘区御影本町4-1-1
電話:
078-851-2444
FAX:
078-851-2454
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
日曜

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)

飛田 和緒

飛田 和緒

料理家

家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌で活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理家 飛田和緒の気になる和菓子、大好きな器。新着記事

おすすめ記事