島根県松江市 桂月堂の『薄小倉』と伊藤環さんの器

島根県松江市 桂月堂の『薄小倉』と伊藤環さんの器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、飛田和緒です。今回ご紹介するのは、日本三大和菓子処である松江市で店を構える老舗、桂月堂さんの『薄小倉』です。粒のきれいな大納言がおいしそうだったので、気になってお取り寄せしました。

今回ご紹介するのは、日本三大和菓子処である松江市で店を構える老舗、桂月堂さんの『薄小倉』です。

島根県松江市は、松江藩主の松平治郷(通称・不昧公)が江戸時代を代表する茶人の一人でもあったことから、茶の湯と和菓子の文化が広まりました。1809年創業の桂月堂は、松江和菓子の文化を担ってきた老舗のひとつ。松江では、江戸時代から庶民の間でも抹茶が親しまれてきた背景もあり、こちらのお店では、茶道にあう和菓子をいくつも作られています。宍道湖や島根県立美術館に近く、観光客も訪れやすい場所なので、お土産として買い求められることも多いようです。

「薄小倉」は、材料が大納言小豆、砂糖、寒天、水飴ととてもシンプル。ですが、砂糖と寒天を煮詰めた“錦玉”のカリッとしたコーティングとやわらかな小豆のバランスが絶妙で、食感がとても良いのです。味は混じり気のない甘さで、甘いけれどしつこくない、個人的にはコーヒーにぴったりだと思いました。
ふたつに割ったところ、粒の揃った大納言小豆が潰れたり破れたりせず、丸々ときれいにキューッとまとまっています。小豆は粒の大きさを揃えるため、人の手で選別する“手選り”だそう。そして、三日間、秘伝の密で漬け込んだ後に丁寧に炊き上げています。小豆がとてもふっくらしているのに破れていないのは、その時間をかけた工程だからなのでしょう。
細部まで手間をかけて作っているからこその美味しさ。和菓子の魅力を実感できるお菓子でした。

ふたつに割ったところ、粒の揃った大納言小豆が潰れたり破れたりせず、丸々ときれいにキューッとまとまっています。

今回の器は、伊藤環さんの3寸皿です。伊藤さんは以前、三浦半島で作陶されていたのですが、東日本大震災の後、岡山に引っ越しされました。このお皿は、三浦半島で暮らしていたときに、10枚くらい購入したものです。残念なのことに、震災でかなり割れてしまい、いまは2枚しか残っていません。震災後に同じものを発注したのですが、全く同じものにはならず…。手作りの作品なので、時期が違うと、ニュアンスも変わってくるのかもしれませんね。この皿は直径9cm、高さは2cm。小ぶりなので、醤油や薬味などを入れ、毎日のように使っています。

<気になる和菓子>

薄小倉

価格:
2,041円/16個入(税込、送料別)
消費期限:

製造日より常温で14日間

店名:
桂月堂
住所:
島根県松江市天神町97
電話:
0852-21-2622
FAX:
0852-25-0559
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
元旦

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)

飛田 和緒

飛田 和緒

料理家

家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌で活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理家 飛田和緒の気になる和菓子、大好きな器。新着記事

おすすめ記事