豆源の『塩おかき、揚げおかき』と戸隠竹細工のざる

第26回 豆源の『塩おかき、揚げおかき』と戸隠竹細工のざる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、飛田和緒です。今回ご紹介するのは、麻布十番のシンボル的な存在である創業約150年の老舗・豆源さんの『塩おかき、揚げおかき』です。東京に住んでいた頃はよく本店で買い物をしており、それが懐かしくて選びました。

創業約150年の老舗・豆源さんの『塩おかき、揚げおかき』

六本木の隣に位置する麻布十番は、都心中の都心ですが下町風情の残る落ち着いた街です。歴史のある豆源さんは、そんな麻布十番を代表するお店。慶応元年(1865年)創業で、初代駿河屋源兵衛さんは“豆やの源兵ヱさん“の愛称で呼ばれ、江戸下町の人々に親しまれていたそう。本店へ行くと、あれもこれもと選びながらカゴに入れるのがとても楽しかったです。老舗ならではの信頼感があるので、いまでも贈り物や“東京のお土産”にしています。

「豆源」という名前の通り、豆菓子がメインのお店なのですが、おかきが大好きな私としては、おかきも外せません。こちらでは塩としょうゆの2種類を販売。どちらも240℃の米油と胡麻油でカラッと揚げています。塩おかきは、揚げたてにサッと塩を振るシンプルな製法。味は、塩っ気が立っていて質の良い油の風味がグッと感じられます。一方の揚げおかきは、醤油のコクと香ばしさがあるとともに、おかき本来の甘さを感じます。どちらも食感はサクッとして、とにかく食べ心地が軽いのです。小分けになっていない大袋だったら、ずっと食べ続けてしまいそうなくらい、おいしい。やっぱり、おかきは塩味としょうゆ味がいちばん。
揚げ餅は私もつくりますが、生地を丁寧に天日干しにしてから高温の油で揚げる、という豆源さんの工程はなかなか家ではできません。おかきのおいしさを改めて実感できるお菓子でした。

おかきは塩味としょうゆ味がいちばん。

今回の器は、長野市戸隠のざるです。江戸時代から受け継がれている戸隠竹細工は、長野県の伝統的工芸品に指定されており、職人さんがいまでも30人ほどいます。籠・ざるの専門店も数軒あり、購入待ちの人気商品もある工芸品なのです。このざるは大中小の3点セットの小。20年程前に戸隠で購入しました。長く使っていますが3つとも健在です。購入時は気がつきませんでしたが、ざるの目が少し粗いのです。若手職人の作品だったのかもしれません、まだ若くてお金がなかった当時の私が買えるお値段でしたので。その後、ベテラン職人の作品を購入しましたが、このざるの“若さ”も良いな、と思っています。きっとこれを作った方もいまはベテラン職人のはず(笑)。長辺幅は25cmで、汎用性の高い大きさです。天ぷら、おにぎり、お菓子、おしぼり入れなど、重宝しています。

<気になる和菓子>

塩おかき(角)、揚げおかき(角)

価格:
箱入り
2,862円/11本入り×6袋(税・箱代270円込、送料別)

小袋
各432円/11本入り1袋(税込、送料別)

※塩おかき(角)、揚げおかき(角)はお電話での注文になります。
インターネットショップの場合は、各商品(大)756円になります。
消費期限:

製造日より30日

店名:
豆源
住所:
東京都港区麻布十番1-8-12
電話:
0120-410-413(固定電話専用)
03-3583-0962(携帯電話用)
※電話受付10:00~18:00
営業時間:
10:00~19:30(月、水~日曜)
定休日:
火曜・不定休

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)>

飛田 和緒

飛田 和緒

料理家

家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌で活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理家 飛田和緒の気になる和菓子、大好きな器。新着記事

おすすめ記事