地方のおいしいお店が集結。 東京駅一番街「にっぽん、グルメ街道」グランドオープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陸の玄関口、東京駅に地方のおいしい店が続々と集結しています。2016年11月にオープンした「函館立ち喰い寿司 函太郎」(北海道)、仙台牛タン炭火焼「杜」(宮城県)、「横濱 崎陽軒」(神奈川県)、「富山白えび東京駅駅店」(富山県)に続き、2017年3月25日に4店舗オープンしました。

1.「広島 電光石火」(広島県)

広島からは、ミシュランガイド広島2013特別版に紹介された店、お好み焼き「広島 電光石火」が東京初出店。おすすめは、店名と同じ名前のボリュームあるお好み焼き“電光石火”。甘さと香りがアクセントになる大盛りのネギ、麺と生地に挟まれたさわやかな刻み大葉、ふっくらと仕上がったキャベツ…が、いずれもたっぷり使われています。広島焼き専用の“いその麺”も、それだけ食べてもおいしい麺。ソースはもちろんおたふくソースです。カウンター席に座って、目の前で焼いている様子を眺めながら食べるのも一興。本場の広島焼きが味えます。

広島電光石火の「電光石化」は、ボリュームあり!

2.「博多かねふく ふく竹」(福岡県)

福岡からは、明太子の老舗・博多かねふくの飲食店「博多かねふく ふく竹」がオープンしました。明太子の天ぷらといった、明太子メーカーならではの珍しい料理を用意。また、長崎で水揚げされた魚が空輸で届くのでお刺身が新鮮! その他、九州の素材を活かした郷土料理もいただけます。

明太子の天ぷら
お刺身3点盛り
明太もつ鍋。素材のおいしさが活きるメニューがそろっている。

3.「鹿児島 黒かつ亭」(鹿児島県)

鹿児島からは、行列必至の人気店「鹿児島 黒かつ亭」が県外初出店。甘味、うま味、柔らかみの3拍子揃った鹿児島県産“六白黒豚”を使用した絶品とんかつがいただけます。おかわりができるキャベツは、オリジナルのドレッシングが美味なので食べ過ぎ注意。鹿児島の伊佐米コシヒカリを使用したご飯もしっかり味わって。

ひれかつとロースかつのセット「黒かつ定食」。つけダレは、おろしポン酢、梅塩、特製黒ソースの3種。

4.「諸国 ひものと」(全国各地)

日本各地の発酵食を取り入れた料理や、こだわりの干物が食べられる和食店。朝と夜は定食、夜は日本酒や和酒とともに全国各地の珍味が味わえます。おすすめは、島根県浜田市で水揚げされた脂分たっぷりのブランドアジの干物「どんちっち鯵」。とろけるようなやわらかい身と、ジューシーな味わいがクセになります。

「どんちっち鯵」
上品な燻製に仕上げた「金華サバの生ハム」はお酒との相性がいい。

北海道から九州までの各地から集まったお店で、懐かしい郷土の味を思い出したり、旅行気分を楽しんだり・・・。列車の待ち時間を過ごすだけでなく、食べるために東京駅に行きたくなる、そんなお店がそろっています。

 

「にっぽん、グルメ街道」
東京駅一番街
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/2016gourmet/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事