第3回 上海でローカル人気な火鍋を体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は日本よりはるか進んだネット社会である中国。
全てが直結し合うそのシステムは、
何よりも利(自分にとって徳のあること)を取る中国人の生き方にマッチした。

さて今回は上海での食話。
実は日本よりはるか先を行くネット社会である中国。
巷に出回っているモバイル台数10億台以上、ネットユーザーは6億人と言われています。
その中でもネット通販はもっともよく使われていて、
タオパオ(陶宝。中国のZOZOみたいなものです)が2011年から仕掛けている11月11日のシングルデイ(光棍節。1というシングルを表す数字が並んでいるのに掛けて、まだ独り身の人はこの日に買い物をしてうさを晴らしましょうという日)では、2016年ついに1日で2兆円の売り上げを叩き出しました。

 

 

そのタオパオが認定するワンホンショップ(網紅店。芸能人や人気インフルエンサーが運営するネットショップをそう呼ぶ)の人気は特に高く、
370店ほどある店舗の月平均売り上げは1000万円を超えています。

今回そんな中国人だけの独占市場であるワンホンショップに、
日本人である僕が参入、という企画が持ち上がりました。
ただそこは中国というお国柄。
日本人には参加したいから即参加、とはいかず、
そのためにまずはクリアしなければいけない事務的なことがたくさんあるのです。
今回はそれをクリアするための上海、
夏場スタートに向けて準備中です。

 

中国のショッピングサイト「淘宝网」

 

僕が中国に初めて訪れたのは2009年。
場所は上海。作品展の開催が目的でした。

 

 

その時、
写真展をプロデュースしてくれたのが今回紹介する
デビッドとエリックの2人でした。
アート関係の仕事の他に、
デビッドは有名な投資家としてテレビにも出演しています。

 

 

そんなふたりに連れて行かれたのが下町にある火鍋屋さん
「月園火鍋」。
寧海東路という通りは、
少し古い建物の中にある
昔からやってます感の強い店が並んでいました。

 

 

決してお洒落とは言えない昔ながらのお店の中には、
地元の人の中に混じって、
仕立ての良いスーツ姿の人もいれば、
個性あるスタイリングに気を使った人もいます。
ある集団にデビッド、エリックも途中挨拶をされていました。
聞けば投資関係者。
簡単に説明すれば
ここは美味しいの大好きな富裕層お気に入りのお店、でした。

 

 

ここはラム肉専門店火鍋屋さんです。

メニューが書いてある紙が各テーブルに置いてあり、
そこに数を書き込んでお店の人に渡す中国スタイル。

富裕層が好きだからといって、
ここは高いお店ではありません。
中国人は食に関してはものすごく貪欲で、
食いしん坊で美食家たちが多い。
お店に求められるのは
雰囲気よりも
美味しさなのです。

 

火鍋といっても、広い中国、場所によってその味付け、内容が変わります。
鍋料理全般を火鍋というそうで、全部が”火”のように辛いわけではありません(笑)。
この日の鍋は東北風の鍋で羊の骨から取った白濁したスープの中に棗や長ネギ、クコの実など体によさそうなものが浮いています。辛い調味料さえ入れなければ全然辛くありません。
切りたての新鮮な羊肉や、山盛りの野菜などをじゃんじゃん入れていきます。

 

 

火鍋にはゴマだれが基本です。
そこに香菜(パクチー)、ニンニク、香油などをミックスして自分だけのタレを作ります。

火鍋にはその土地のビールを
ない時は青島ビールを注文します。

 

 

火鍋で重要なのは
そのお肉の新鮮さと、
タレの美味しさに尽きる、
と思っていたのですが、
このお店で僕はそれ以外の美味しさの秘密を知ります。

それは、

 

 

この鍋そのものの存在でした。
鍋の真ん中に石炭が入っていて、
その周りにあるスープをぐわんぐわん沸騰させていました。

「ここの野菜は安全だよ」
とデビッド。
日本にいるとマイナスな食イメージの強い中国ですが
(それを完全否定できないのはわかっています)、
そういう場所だからこそこだわりをもつことが
利の高い生活をするための一番の方法であることに
気づいている中国人は少なくないのです。

 

月圓火鍋 (寧海東路二店)

Yueyuan huoguo
上海市黄浦区寧海東路281-291号(地下鉄8号線・大世界駅付近)

米原 康正

米原 康正

フォトグラファー

世界で唯⼀チェキをメイン機材とするアーティストとして、雑誌、CD ジャケット、ファッションカタログ等で幅広く活躍。中華圏での人気が⾼く、中国版 Twitterである「新浪微博(weibo)」でのフォロワーが236 万人を越し、weiboの日本人男性フォロワー数が稲盛和夫、福山雅治、中田英寿に次ぐ第4位である。シューティングと DJ をセットにしたイベントでアジアを賑わせている。また、過去には『egg』『smart girls』といったストリート系雑誌の創刊に関わり、渋谷や原宿のアウトサイダーな⼥⼦文化の発信に⼒を⼊れてきた。現在は地方自治体などを中心にインバウンドマーケティングのプロデュースを得手とする。(平成28年熊本地震の復興⽀援を目的とした、日本政府復興事業“One Kyushu Project”の特別審査委員も務める。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米原康正 世界の味旅新着記事

おすすめ記事