北海道「北海道どさんこプラザ有楽町店」で見つけた「うちのスープカレー」「じゃが豚」「北の小さなケーキ ハスカップジュエリー」「鮭荒ほぐし」

北海道「北海道どさんこプラザ有楽町店」で見つけた「うちのスープカレー」「じゃが豚」「北のちいさなケーキ ハスカップジュエリー」「鮭荒ほぐし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●北海道のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」

こんにちは、日本全国お取り寄せ手帖Web編集長の坂口明子です。
全国アンテナショップのご紹介、第61回目は北海道の“なまらうまい! パート1”です。
北海道のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ有楽町店」は、有楽町駅銀座口の目の前、交通会館の1階にあります。都内の全国アンテナショップのなかでもダントツの売上をほこる人気のお店だと、テレビのニュース番組で取り上げられることもしばしばです。

いつ訪れても大賑わい! 最近はインバウンドの人がさらに増え、店頭のソフトクリーム販売には行列が絶えません。揚げたてのコロッケも販売しています。「北海道どさんこプラザ」は、都内で池袋や吉祥寺に、そして相模原(神奈川県)、埼玉、名古屋、仙台にも展開していて、北海道=おいしいものに出合える、というのはとても認知度が高いですね!
私も北海道はスキーや旅行で何度か行ったことがあります。広大な自然とともに、訪れるたびにおいしい思いをしているので、ここアンテナショップでもワクワクでした~!!

●北海道のおすすめ「うちのスープカレー」

うちのスープカレー/株式会社ピーアンドピー

「うちのスープカレー」

▶価格 300円/102g<スープ/スパイス>(税別)
▶賞味期限 9ヶ月
▶製造者 株式会社ピーアンドピー
▶URL http://www.pandp.jpn.com/

スープカレーは、札幌が発祥の地とされています。野菜たっぷりで、鶏肉が入っていて、とろみのないスパイシーなイメージはインドカレーに近いですね。札幌市内だけでも200店舗以上お店があるというのですから、ラーメンやおすしとともに、もはや札幌に行ったら食べるべき料理の代表になっています。
アンテナショップにもレトルトタイプから作るタイプまでいろいろな種類が揃っています。今回はその中から、2人分用と北海道産のバター使用という言葉に魅かれ、「うちのスープカレー リッチバター味」を選びました。具を炒めてから水を入れて煮て、スープの素を入れ、仕上げにスパイスというのが標準の作り方とありますが、ここでは北海道の友人が、スープカレーは揚げ野菜がおいしい! というので、その方法で作ってみることにしました。

ルーはゆるいペースト状、スパイスが別に2袋ずつ入っていました。

ルーはゆるいペースト状、スパイスが別に2袋ずつ入っていました。

●アレンジレシピ【スープカレー】

鶏肉は骨付き、野菜は彩よくたっぷり用意しました。野菜は、こんなに種類がなくても2,3種類だけでもちろん、大丈夫です。玉ねぎだけよく炒めてカレースープに入れて煮込むと他の具材とからんでよくなじみます。玉ねぎ以外の具材は揚げて加えました。パンでもご飯でも合うおいしさです。スパイシーでさっぱり。野菜本来のおいしさも引き立ちます。

●アレンジレシピ【スープカレー】

【材料】 2人分

うちのスープカレー リッチバター味・・・1袋(2人前)
水・・・400ml
玉ねぎ・・・1個
パプリカ・・・赤と黄各1/3個
じゃがいも・・・小1個
にんじん・・・小1/2本
ヤングコーン・・・4本
グリーンアスパラ・・・3本
ズッキーニ・・・1/2本
かぼちゃの薄切り・・・3枚
鶏手羽元・・・4本
塩・こしょう・・・各適量
サラダ油・・・大さじ1/2
バター・・・大さじ1/2
薄力粉・・・大さじ1
揚げ油・・・適量

【作り方】

① 玉ねぎは薄切りにする。他の野菜は一口大に切る。にんじんは電子レンジに2分かけておく。鶏肉は塩・こしょうをふり、薄力粉を全体に薄くまぶす。
② 鍋にサラダ油とバターを熱し、玉ねぎを炒める。全体がしんなりして、薄くきつね色になるまでよく炒める。
③ 鍋に水を入れて熱し、沸騰したら②とカレースープの素を入れ、弱火で10分ぐらい煮込む。
④ 揚げ油を熱し、鶏肉を入れる。全体に揚げ色がついたら、③の鍋に入れる。
⑤ 次に玉ねぎ以外の野菜を順に揚げていき、すべて③の鍋に入れていく。全部入れたら、2~3分煮て味をなじませ、器に彩よく盛る。

●北海道のおすすめ「じゃが豚」

アンテナショップの冷凍コーナーでひときわ目立つパッケージ。“もちもちつるんぷるん”の文字を見ると、食べてみたい誘惑に手にとらずにはいられません(笑)。北海道産にこだわった食材で製造、じゃがいも入りの生地に豚の挽き肉と野菜の具を包んだもので、茹でるか蒸すかがいいようです。

じゃが豚/株式会社佃善

「じゃが豚」

▶価格 960円/具材336g<28g×12個>、添付スープ56ml<28ml×2袋>(税別)
▶賞味期限 冷凍3ヶ月
▶製造者 株式会社佃善
▶URL http://www.jagabuta.com/

北海道の特産のひとつ「じゃがいも」を使った料理です。

12個入りでスープが2袋付いています。

12個入りでスープが2袋付いています。

こんな感じに。つるんぷるん! 確かに。つるんぷるんもちもちです。肉団子もスープもいい味です。だんごも真ん丸!

スープでゆでて、豆苗をプラスしたら、こんな感じに。つるんぷるん! 確かに。つるんぷるんもちもちです。肉団子もスープもいい味です。だんごも真ん丸!
中国の郷土料理から発想したとあるように、気分は中華。ワンタンよりボリュームがあって、水餃子よりのど越しがよく、もちもちしています。どんどん食べられちゃいますよ~。

もう半分は蒸籠で蒸してみました。いわば汁なし小籠包

もう半分は蒸籠で蒸してみました。いわば汁なし小籠包、シュウマイよりは皮の存在感があります。こちらは見た目を気にせず、下にクッキングペーパーを敷けばよかったです。蒸籠にくっついてきれいに取れませんでした。残念。
つるんの感じはスープのほうがあるので、私はスープ茹でがいいかな~。水餃子のように茹でて、ポン酢でいただくのもいいかも。冷凍庫に常備したくなるおいしさです!

●北海道のおすすめ「北のちいさなケーキ ハスカップジュエリー」

北海道特産の果実「ハスカップ」。クロノミノウグイズカグラといい、酸味の強い小さな実で、それを甘酸っぱいジャムに仕立てて、バタークリームと共に薄焼きクッキーでサンド。 周りをクーベルチュール・チョコレートで縁取って仕上げるという、手の込んだケーキのようなお菓子が、この「北のちいさなケーキ ハスカップジュエリー」。独特の甘酸っぱさと、クリーム、チョコレート、クッキーの絶妙なバランスがクセになるおいしさです。こちらは北海道のおみやげに何度もいただいておいしいのを知っていたので、迷わず購入しました。

北の小さなケーキ ハスカップジュエリー/株式会社北のアトリエ

「北のちいさなケーキ ハスカップジュエリー

▶価格 667円/4個入り(税別)※2019年7月現在
▶賞味期限 要冷蔵(10℃以下)で21日
▶製造者 株式会社北のアトリエ
▶URL https://morimoto-shinya.jp/

独特の甘酸っぱさと、クリーム、チョコレート、クッキーの絶妙なバランスがクセになるおいしさです。
コーヒータイムのお菓子にぴったり!!

コーヒータイムのお菓子にぴったり!! これも冷蔵庫に常備したい逸品です。

●北海道のおすすめ「鮭荒ほぐし」

冷蔵コーナーで見つけた鮭のビン詰め。塩鮭の焼いたものをそのまま荒くほぐしてあります。このシンプルさ、魅力的です!!

鮭荒ほぐし/佐藤水産株式会社

「鮭荒ほぐし」
▶価格 638円/100g(税別)
▶賞味期限 要冷蔵(10℃以下)60日
▶製造者 佐藤水産株式会社
▶URL https://www.sato-suisan.co.jp/shop/

塩鮭は夫の大好物でよく切り身を購入して焼きますが、味や食感のあたりはずれが多いもの。築地で新巻き鮭を1尾購入し、さばいて冷凍保存したことも何度かありますが、それはそれで時間のかかる大仕事です。鮭茶漬の瓶詰めもよくありますが、フレークが細かめ。これは荒ほぐしなので、ほんとうに自分で切り身をほぐして食べているような見た目と食感が楽しめます。

塩分がほどよく、お茶漬にもおすすめです。

塩分がほどよく、お茶漬にもおすすめです。和朝食用にこれも常備したくなりました。

まだまだ「なまらうまい!」のご紹介があります。
続きはパート2に。

<アンテナショップ>
●「北海道どさんこプラザ有楽町店」

北海道どさんこプラザ有楽町店外観

住所 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1階
電話 03-5224-3800
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休(年末年始を除く)
URL https://www.dosanko-plaza.jp/shop/

※紹介した商品はすべて、アンテナショップでの購入時価格です。価格がメーカーと異なる商品や時期等によりアンテナショップで取り扱わない商品もあります。

坂口 明子

坂口 明子

日本全国お取り寄せ手帖Web 編集長

日本全国お取り寄せ手帖Web 編集長。料理、旅、花、ファッションなど女性向けのライフスタイル誌の編集に関わってきた経験をいかし、現職に。江里柚希のペンネームでフードコーディネートやブログも更新中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国アンテナショップでいいもの探し新着記事

おすすめ記事