第6回 石川県「いしかわ百万石物語・江戸本店」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、日本全国お取り寄せ手帖Web編集長の坂口明子です。
全国アンテナショップのご紹介、第6回目は〝日本海の城下町 グルメが人気の石川県〟です。

●石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」

東京から金沢までは新幹線の開通ですっかり近くなった石川県。
百万石の城下町として発展した金沢市を中心とした加賀地方と
縄文時代からの歴史がある能登半島がある能登地方、2つの地域が特徴です。
海山、里の幸が豊かなのはもちろん、歴史や伝統工芸など、魅力は多岐にわたります。

個人的には、ほぼ毎年、お寿司とフレンチをいただきに金沢に通っています。

有楽町にあるアンテナショップは、食品だけでなく
伝統工芸品も扱っていて、見るだけでも石川県の魅力にふれられます。
2階にはカフェも併設。日替わりで石川のお菓子やお茶が楽しめます。

訪れた日も、打ち合わせを兼ねてちょっとひと息。
その様子はブログに掲載しています。

●石川のおすすめ「手押し棒鮨 のどぐろ」(舟楽)、「本ずわいがに棒寿し」(芝寿し)

金沢にお寿司を食べに行った日のおみやげは、
近江市場の「舟楽」で、さばやカニなどの棒鮨を買うのが、私の定番です。

まだ食べる?お寿司!という感じですが、
だいたい行くのは、鮨好きの友人と1泊2日。

ランチに高級寿司店⇒夜は「マキノ」でフレンチ
⇒翌朝は近江市場の回転ずし。おみやげをいろいろ調達して
⇒夕方、駅下にある「黒百合」で金沢おでんをいただいて帰京

という感じ(笑)。どこまでも食べます。

もう1泊すれば、山中温泉とかで冬はカニづくしもいいんですけどね~。
なかなかそこまでは実現していません。

さて、その近江市場で買う棒鮨が、
ここで手に入ることがわかりました。

今回、選んだのは、白身のトロと呼ばれる高級魚といわれる“のどぐろ”。

「手押し棒鮨 のどぐろ」
▶価格  2,399円/1本(税込)
▶店名 舟楽
▶URL http://www.bouzushi.com/

脂がのっている白身魚です。

もう1つは、カニという言葉に魅かれて、「芝寿し」の本ずわいがに棒寿しをセレクト。

「本ずわいがに棒寿し」
▶価格  1010円/360g(税込)
▶店名 芝寿し
▶URL http://www.shibazushi.jp/
※通販はしていません。

中は、一口サイズにかわいく切れていて、
しょうが、お手拭や楊枝も入っている優れものパッケージです。

見た目以上にボリュームがあり、食べごたえ満点の棒寿しです。

●石川のおすすめ「柚餅子(ゆべし)」

「丸柚餅子」
▶価格 1,620円/〈サイズ小〉(税込)
▶店名 柚餅子総本家 中浦屋
▶URL http://yubeshi.jp/

 

「ゆべし」とは、源平のころが発祥といいますから、
約830年以上続く輪島の伝統食品です。
柚子の中身をくり抜き、柚子釜に餅だねを詰め、
柚子と餅だねがなじむように蒸し上げ、半年間自然乾燥させたもの、
その作り方も今も守り続けているそうです。
旬のゆずの味を長く味わえるようにと考えられた知恵に感動しました!

柚子の香りとともにほんのり甘く、柚子の苦味もかすかに感じられます。
もっちり密な食感なので、薄く切って、お茶受けに。またお吸い物に入れても。

●石川のおすすめ「とり野菜みそ」「ピリ辛とり野菜みそ」

鍋用のみそ調味料。でも和風だしではなく、
チキンオイル、チキンエキス、ガーリックパウダーを入れるなど、
独自の調合から生まれる味がクセになると、人気の商品だそうです。
以前、使ったことがあったので、今回選びました!
野菜が入っているわけではなく、野菜ほか食材がおいしくいただける、という意味の商品名。
お鍋なら“ピリ辛”が好きですが、今回は定番の味に豆乳を合わせて、
具たくさんの“とり野菜みその豆乳スープ” を作りました。

「とり野菜みそ」「ピリ辛とり野菜みそ」
▶価格 各313円/200g(税込)
▶店名 まつや
▶URL http://www.toriyasaimiso.jp/

「とり野菜みそ」は豆乳との相性がぴったりで、
コクとまろやかさがプラスされ、根菜の味をひきたてます。
おろししょうがをたっぷり加えれば、
体の芯から温まります!
おいしいですよ~。野菜は白菜やキャベツでもOK。

●アレンジレシピ【ふわふわ鶏だんご入り とり野菜みその豆乳スープ】

【材料】4人分
大根…1/3本
にんじん…小1本
里芋…中2個
ブロッコリー…1/2個
とり野菜みそ…100g
しょうがのすりおろし…1片分
水300ml
鶏だんご
鶏ひき肉…150g
椎茸のみじん切り…2枚分
塩、こしょう、酒…各少々
片栗粉…大さじ1/2
豆乳200ml

【作り方】
①大根、にんじん、里芋は皮をむいて一口大に、ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。
②鍋に分量の水と「とり野菜みそ」、しょうがを入れて混ぜ、火にかける。煮立ったら①を加え、弱火にし、アルミ箔などで落とし蓋をしてやわらかくなるまで、約20分煮る。
③鶏だんごを作る。ボウルに材料を入れてよく混ぜる。ひと口大に丸める。沸騰した湯に入れ、浮き上がってきたら、②に加えて、そのまま5分煮る。
④最後に③に豆乳を加え、熱くなったらでき上がり。
*ふわふわの肉だんごにするには、直接野菜の鍋に入れるよりも、
ゆでてから入れたほうが煮崩れず、仕上がりがきれいです。
ただ鍋もののように全部1つの鍋でも作れます。
少なめの汁で落とし蓋をして煮て、最後に豆乳を入れるのがコツです。

●石川のおすすめ「とり野菜みそ ぞうすい」

「とり野菜みそ」を手軽に味わえる、フリーズドライのぞうすいがありました!

「とり野菜みそ ぞうすい」
▶価格 151円/(税込)
▶店名 まつや
▶URL http://www.toriyasaimiso.jp/

器に温かいごはんを軽く盛り、「とり野菜みそぞうすい」キューブをのせ、
熱湯150 mlを加えて混ぜるだけ。卵とじのぞうすいが、あっという間に食べられます。
野菜をプラスすれば、完璧!と、ゆでたほうれん草とゆずの千切りをのせてみました。

 

 

寒い時季の朝食や夜食に、ぴったりなおいしさと手軽さです!

<アンテナショップ>
いしかわ百万石物語

▶住所 東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル
▶TEL 03-6228-7177
▶営業時間 10:00~21:00
▶定休日 無休(年始年始を除く)
▶URL http://100mangokushop.jp/

※紹介した商品はすべて、アンテナショップでの販売価格です。

坂口 明子

坂口 明子

日本全国お取り寄せ手帖Web 編集長

日本全国お取り寄せ手帖Web 編集長。料理、旅、花、ファッションなど女性向けのライフスタイル誌の編集に関わってきた経験をいかし、現職に。江里柚希のペンネームでフードコーディネートやブログも更新中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国アンテナショップでいいもの探し新着記事

おすすめ記事