発酵食品 岐阜県 浅野やの「おかず味噌」

発酵食品 岐阜県 浅野やの「おかず味噌」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。インナービューティープランナーの田辺真穂です。
自然豊かな岐阜県の八百津町という小さな町で、腸を整えるおうちごはんやおやつをお伝えする、「町の小さなお料理教室 -minamoto-」を不定期で開催しています。

今回は、岐阜県美濃加茂市にある、『浅野や』さんの「おかず味噌」をご紹介します。
初代は麹屋として開業された浅野やさん。昭和後期に入り、「手作りのお味噌を食べたい」というお客様のニーズに応えて、麹屋のノウハウを生かした味噌作りに取り組み、少しずつ味噌屋に変わっていったそうです。現在は、さまざまな無添加の天然醸造手造り味噌を販売されています。

今回ご紹介するおかず味噌は、金山寺みそ、おしょう味噌と呼ばれるおかずにして食べるお味噌です。
原材料は、裸麦、米、大豆、塩、醤油ととってもシンプルで、麦麹・米糀・いり豆を熟成させてから、醤油で味付けをしています。味付けに使用する醤油は、浅野やさんで作られている、三年ものの手絞り生醤油。原材料にもこだわりが詰まった、おいしいおかず味噌です。

炊きたてのお米にのせて食べるだけでも、とってもおいしいのですが、今日は、たっぷりの野菜と高野豆腐をプラスして、さらに栄養をプラスした、簡単なレシピをご紹介します。

「おかず味噌」を活用した『たっぷり野菜の高野豆腐そぼろ』

「おかず味噌」を活用した『たっぷり野菜の高野豆腐そぼろ』

<材料> 2名分

高野豆腐・・・1枚
ごぼう(みじん切り)・・・50g
にんじん(みじん切り)・・・30g
えのき(みじん切り)・・・50g
おかず味噌・・・100g
米油・・・小さじ1
みりん・・・大さじ1

たっぷりの野菜と高野豆腐をプラスして、さらに栄養をプラス
おかず味噌の発酵の力に、たっぷりの食物繊維をプラスして、栄養満点!

<作り方>

① 高野豆腐をぬるま湯で戻して、よく水を切り、フードプロセッサーでミンチ状にする。
② フライパンに米油を入れて、弱~中火で熱し、高野豆腐、ごぼう、にんじん、えのき、みりんを加えて、全体に火が通るまでよく炒める。
③ 火を止めて、おかず味噌を加えてよく混ぜ合わせ、器に盛る。

おにぎりの具にしたり、卵と一緒にそぼろ丼にしたり、ごはんのお供にピッタリです

おかず味噌の発酵の力に、たっぷりの食物繊維をプラスして、栄養満点! 腸を整えてくれる一品です。
お肉の代わりに、栄養満点の高野豆腐を使用することで、ヘルシーなそぼろに仕上げました。おにぎりの具にしたり、卵と一緒にそぼろ丼にしたり、ごはんのお供にピッタリです。

おかず味噌/天然醸造手作り味噌 浅野や

【おすすめのおかず味噌】
『おかず味噌』/天然醸造手作り味噌 浅野や
http://asanoya-miso.com/product/

創業は昭和23年。初代が麹屋として開業。昭和50年代頃から、麹屋のノウハウを生かした味噌作りに取り組んでいます。現在は、「安くて、安全で、おいしい」を追求した無添加の天然醸造手作り味噌のほか、生米麹、甘酒、塩麹なども販売。

【器】
ドイツ生まれのガラスの保存容器「WECK」を使用しました。保存容器としてはもちろん、器としても使えます。常備菜もお料理もおしゃれに見せてくれる、お気に入りの一品です。

田辺真穂

田辺真穂

インナービューティープランナー/町の小さなお料理教室-minamoto-主宰/ELLEgourmetフードクリエイター部

岐阜県の自宅にて、町の小さなお料理教室-minamoto-を不定期で開催しています。心と体の健康や美しさ、家族と囲む食事の時間、そして、おいしい笑顔。「作る先、食べる先には、幸せしかない」そんなことを叶えたくて、腸を整えるおうちごはんや、本みりんを活用したみりんスイーツをお伝えしています。

木下 あおい

木下 あおい

インナービューティープランナー

(社)日本インナービューティーダイエット協会理事長
インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。
インナービューティーダイエット専門料理教室では「美腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、 3ヵ月で-5kg、-10kg 綺麗に痩せる生徒が続出している。
インナービューティーダイエット専門クッキングサロン bijou(本店) ruby(東京 2 号店) jewel(大阪)opal(愛知)を主宰。 書籍は累計27万部を突破。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木下あおい&全国インナービューティープランナーの発酵食品でつくる〝美人になるレシピ〟新着記事

おすすめ記事