香川県丸亀市 御菓子司 寳月堂の『栗饅頭』と島るり子さんの器

香川県丸亀市 御菓子司 寳月堂の『栗饅頭』と島るり子さんの器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、飛田和緒です。今回ご紹介するのは、香川県の中西部に位置する城下町、丸亀市にある寳月堂さんの『栗饅頭』です。饅頭なのにまるでエクレアのような長細い形が気になってお取り寄せしました。

1つ1つ、丁寧に箱に入っているので、贈り物にも良いですね。箱だけ見たら、羊羹? 中を出したらスイートポテト? とも思われるかも

400年の歴史がある名城、丸亀城のお膝元にある寳月堂は、大正6年創業の100年を超える老舗和菓子店です。丸亀市はうちわが有名ですが、こちらのお店でも“うちわせんべい”が作られています。ほかにもハートの三盆糖セットなど、かわいい和菓子がいくつもあるのですが、聞けば、5代目は京都で修業をされた女性の和菓子職人さんだそう。和菓子教室も開催されていて、正統派の技術とともに女性らしい感性が生かされていますね。

形に特徴があるこの栗饅頭は、もともとはお客様への御進物で、好評だったことから50年以上前から販売されているそうです。栗饅頭好きの私としては、一般的な楕円形では物足りず、「もうちょっと食べたい!」と思うので、満足のいく大きさでした。
満足感は味もしかり。薄めの皮は、とてもしっとりして、表面の焼きの香ばしさが味わえます。食感が楽しめる程度にきざまれた甘露煮の栗が、白餡と調度いいバランス。栗がゴロッと入っている饅頭は「1個でいいかな」と思うのですが、こちらは、程よい甘さでしっとりしたあんこと栗の分量が、食べていて飽きさせないのです。お茶と一緒にいただき、ほっとリラックスするのにぴったり。
1つ1つ、丁寧に箱に入っているので、贈り物にも良いですね。箱だけ見たら、羊羹? 中を出したらスイートポテト? とも思われるかも。いただいた人に、ちょっとした驚きとおいしさを届けられる一品でした。

満足感は味もしかり。薄めの皮は、とてもしっとりして、表面の焼きの香ばしさが味わえます。食感が楽しめる程度にきざまれた甘露煮の栗が、白餡と調度いいバランス

今回の器は、長野県の山間に工房とギャラリーを構える、島るり子さんの作品です。ご自身のホームページに書かれているように“日々の料理をちょっと素敵にしてくれる”器の作家さんで、大量には作陶せず個展もあまりされないので、手に入れるのが大変。「島さんの作品がある」と聞くと、買っておきたい! と思うのです。なにしろ買いたくても、なかなかお目にかかれない。なので、持っているのは20年程前に長野のギャルリ灰月で購入したこの2枚だけ。直径は約15㎝で、少し深さがあるので用途はいろいろ重宝していて、1枚は欠けたところを金継ぎして使っているくらいです。少し遠い場所ですが、近いうちにギャラリーを訪ねて、存分に作品を眺めたいな~と思っています。

<気になる和菓子>

栗饅頭

価格:
2,389円/8個入(税込、送料別)
賞味期限:

季節により30日~60日

店名:
御菓子司 寳月堂
住所:
香川県丸亀市米屋町16番地
電話:
0877-23-0300
FAX:
0877-23-0301
営業時間:
9:00~18:30 ※水曜のみ~17:00まで
定休日:
元旦

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)

飛田 和緒

飛田 和緒

料理家

家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌で活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理家 飛田和緒の気になる和菓子、大好きな器。新着記事

おすすめ記事