キャンプシーズン間近 アウトドアで楽しむ手づくりほうじ茶『Roastea』

キャンプシーズン間近 アウトドアで楽しむ手づくりほうじ茶『Roastea』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焙煎から手がけるほうじ茶「Roastea」で、キャンプがより楽しく

春を迎え、キャンプシーズンも間近です。アウトドアでの遊びはもちろん、ダッチオーブンで調理したり、燻製に挑戦したり、自然の中で手づくりするのもキャンプの魅力ですよね。
今年、キャンプにぜひ持参したいのが、手づくりするほうじ茶「Roastea(ロースティー)」。静岡県の日本茶メーカー「小栗農園」が提案する新しいアウトドアでの楽しみ方です。

オリジナル缶入りの「Roastea」
オリジナル缶入りの「Roastea」。黒と金のおしゃれな缶は、キッチンの棚に置いてもさまになる

香り成分が豊富な茶葉を厳選し、よりリラックス効果の高いほうじ茶に

日本一のお茶どころ・静岡で、大正5年から品質や安全性にこだわったお茶づくりを行う小栗農園。自然の中で、焙煎することから日本茶を楽しんでほしいとの想いから「Roastea」を企画し、オートキャンプ情報誌「GARVY」編集長の監修の元で商品化しました。
アウトドアでお茶を煎る。何とも新鮮で、心ひかれますよね。きれいな空気の中で香ばしいほうじ茶を味わえば、日常の疲れも吹き飛んでいきそう。
「お茶には『アテニン』という香り成分が含まれていますが、ほうじ茶は、焙煎することで香りが立ち上がり、リラックス効果が高いのが特徴です。さらに、『Roastea』は、香り成分が豊富に含まれる「碾茶(てんちゃ)」の茎部分を使用することで、より香りにすぐれたほうじ茶を追求しました」(株式会社小栗農園・代表取締役社長の小栗久智さん)
キャンプの飲み物というとコーヒーが定番ですが、ほうじ茶は、コーヒーやほかのお茶と比べてカフェインの量が少ないので、夜寝る前にも飲んでもOK。子どももいっしょに楽しめます。天然のフッ素を含むため、食後の歯のケアという意味でもおすすめだそう。
焙煎はコッヘルなど鍋でできるので、キャンプ初心者や女性が気軽にトライできるのもうれしいところです。

焙煎はキャンプ気分も盛り上げる。新緑の中で煎りたてのほうじ茶を味わうのは最高!
焙煎はキャンプ気分も盛り上げる。新緑の中で煎りたてのほうじ茶を味わうのは最高!
「Roastea」の茶葉「碾茶」の茎。焙煎したものは、高級茶「雁が音ほうじ茶」として知られる
「Roastea」の茶葉「碾茶」の茎。焙煎したものは、高級茶「雁が音ほうじ茶」として知られる

夕食後に、朝の目覚めに。きれいな空気の中で「Roastea」を堪能

実際にほうじ茶づくりにトライしてみました。鍋にアルミホイルを敷き、「Roastea」を入れて弱火にかけます。茶葉が動きはじめたら、鍋の柄をもってゆすりながら2~3分。煙が立ち、香りが出てきたところで火からおろし、取り出します。鍋に茶葉と水を入れ、煮出したら完成。
封を切ったときの抹茶のような香りが徐々に香ばしくなっていく過程、煮出したときのクリアな色・・・手づくりならではのわくわく感が。カップに注ぐと、煎りたての香りが鼻をくすぐり、口当たりはあっさりと渋みもなく、澄んだ香りと味わいが楽しめます。
バーベキューのあとの口直しに、寝る前のひとときに。朝日を浴びながらのモーニングティーに。キャンプのさまざまなシーンで、「Roastea」を楽しんでみてはいかがでしょう。

焦がさないよう加減しながら煎るのがコツ。詳しいつくり方は添付のレシピで
焦がさないよう加減しながら煎るのがコツ。詳しいつくり方は添付のレシピで
フレッシュな色と香りのほうじ茶が完成! 濃いめに煮出し、チャイをつくるのもいい
フレッシュな色と香りのほうじ茶が完成! 濃いめに煮出し、チャイをつくるのもいい

Roastea(ロースティー)

価格:
2,500円/30g[2~3人分×約5回分] (GARVY監修オリジナル缶入り)、茶こし・オリジナルレシピ付き(税込、送料込)
賞味期限:

1年

店名:
株式会社 小栗農園
住所:
静岡県牧之原市新庄2124番地
電話:
0548-58-0680
FAX:
0548-58-0248
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
土曜・日曜・祝日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

取材・文/土倉朋子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事