2月のテーマ:白菜キムチ  ③キムチのふる里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。吾妻聖子です。

毎月1つのジャンルから、4商品のお取り寄せをご紹介しているこの連載。
今月はキムチです。

今回、ご紹介するのは、大阪鶴橋のキムチのふる里の「白菜キムチ」です!

 

ここは、私が大好きなお店です!関西に住んでいた頃は、足しげく通ったお店なんです。
鶴橋のコリアンタウンには名店が沢山ありますが、私のお気に入りは今もここです!

見た目は鮮やかな赤!真っ赤です。
少し固めの餡が特徴です。

では…いただきます!
ん~~~~!!!裏切らない!
真っ向勝負で来ている正統派キムチのキングといった味わいです。
深みのある旨味と、程よい甘み、外さない酸味。
この3つのバランスがいいんです。とっても美味しいです!
旨味の強いキムチ!!といった感じです。

ここのキムチはやっぱりすごい!
何度食べても、飽きないんです。
リピーター率NO.1も納得です。

やっぱり、私にはなにわの血が流れているんでしょうか??
このキムチを食べると
「ねえちゃん!買うてって~!試食できるで~!おいしいで~大阪1や~」
というオモニの声が聞こえてくるようです。

キムチのふる里さんでは、オモニが絶妙の塩加減にこだわりを持っている
とのことですが、
なるほど!うん!うなづけます!
塩辛さはまったく感じません。
なのに心地いい辛さ、スッキリとした、ちょうどいい辛さなんです。

 

オススメの食べ方は、そのまま!です。
これだけで、ぜひ食べてください。
お酒のお供にピッタリ。
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、どのお酒とも相性抜群。
くれぐれも飲みすぎには注意してくださいね!

私、実はお取り寄せできることを今まで知らず、
関西在住の姉から送ってもらっていたんです。
送ってもらうとなると2、3日経ったキムチを食べることになります。
キムチって、時間が経つと酸っぱくなったり、漬かりすぎてしまったり、
おいしく食べられないことが多いんですよね。
でも、ふる里のキムチは、まったく味が変わらない!
1週間経ってもおいしく食べられるんです!
お取り寄せの時にはついついたくさん注文してしまいがちですが、
ここのキムチは大丈夫です!

私にとって、これぞ「ふる里」の味!
東京砂漠で戦いながら、これをいつでも食べられるなんて
こんなにうれしいことはありません。

地元大阪のキムチということで、ついつい力が入ってしまいましたが、
ぜひ、お取り寄せして味わってください。

白菜キムチ

賞味期限:

店名:
キムチのふる里
住所:
大阪市生野区桃谷5丁目5-7
電話:
06-6716-2630
FAX:
営業時間:
8:00~18:00(火曜は17:00まで)
定休日:
正月のみ
吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事