冷やし麺:岩手県/粉夢の『男の冷麺』

冷やし麺:岩手県/粉夢の『男の冷麺』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは。吾妻聖子です。
今月は冷たい麺のお取り寄せをご紹介しています。第2回目の今回は、岩手県、粉夢さんの『男の冷麺』です!

このネーミングを見た瞬間! これは食べてみないと!と思いました

このネーミングを見た瞬間! これは食べてみないと!と思いました。
私は女ですが、「男の~」とか「俺の~」というネーミングになぜか弱いのです。なんかパンチが効いてて美味しそうですよね。
岩手といえば盛岡冷麺にじゃじゃ麺! 麺の聖地でもあります!
その岩手で生まれた冷麺ですから、おいしいに決まっています。

届いたのは、真っ赤な麺! それでいて生麺です!

届いたのは、真っ赤な麺! それでいて生麺です!
盛岡冷麺は東京でもスーパーで買うことができますが、生麺は見たことがありません!
しかも見るからに辛そうな、唐辛子が練りこまれた赤い麺です!
パッケージもユニークで「さあ!食べろ!!」と言われているかのようです。

茹で方は簡単! 沸騰した2リットルのお湯で、麺を4分半茹でて冷水でもみ洗いします。
付属のスープを150mlの冷水で割って、盛り付ければ完成です。麺はあっという間にできるのがいいところですよね。
ゆでると一層麺の赤さが際立ちます。辛いものが大好きな私ですが、激辛だったらどうしよう・・・と心配になるほどです。

ゆでると一層麺の赤さが際立ちます

それではいただきます!!! ん~!おお!!!!おいしいです!! この麺大好きです!
つるつるしててコシがあります! 辛い刺激はあるのですが、決して辛すぎず、旨味があるんです。
私が一番驚いたのは、この麺を噛むとふわりと口の中に広がる唐辛子の香りなんです! とてもフレッシュ! 唐辛子といっても決して舌を刺すような辛さがあるわけではありません。うまみと甘みを含んだ、おいしい唐辛子の香りです。
これぞ旨辛です! よくぞ作ってくれました! というおいしさ。

これぞ旨辛です! よくぞ作ってくれました! というおいしさ

ホームページを見てみると、1食あたりに、大匙山盛りいっぱいの唐辛子が練りこまれているそうです。何十種類もの唐辛子の中から、選び抜いた旨味の強い韓国産の唐辛子を使っているそうです。たしかに、旨味と香りが際立っています。
スープもさらりとしていて、くどくなく、すっきりとした味わいです。
辛さはスープと一緒に付属している辛みの素の量で調整できます。私は半分くらいで食べてみましたが、もっと刺激を! という気持ちになり途中から全部入れて食べました!
韓国冷麺や盛岡冷麺が好きな人はもちろん、すべての冷麺好きに食べてもらいたい麺です。

私は、今回チャーシューとキュウリ、キムチ、トマトなどをトッピングしましたが、トッピングなんかなくても十分に味わえる麺だと思います。むしろ麺だけであじわって食べてほしい!
暑い夏に、キンキンに冷えたこの冷麺を食べれば暑さなんてふっとぶことまちがいなし!
みなさまも、夏バテに打ち勝つために、一つお取り寄せしてはいかがでしょうか?
この辛くて旨い唐辛子麺をぜひ味わってみてください。

男の冷麺

価格:
1,296円/4食(税込、送料別)
賞味期限:

出荷日より14日間

店名:
粉夢
住所:
岩手県岩手郡岩手町大字江刈内10-9
電話:
0195-62-2226
FAX:
0195-62-2236
営業時間:
9:00~16:00(お問い合わせ時間)
定休日:
土日祝日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事