今年のお月見は、神秘的中秋ストーリーをしっとり楽しむのがおすすめ! 聘珍樓が “中秋節”に合わせた秋季限定の月餅2種を発売

今年のお月見は、神秘的中秋ストーリーをしっとり楽しむのがおすすめ! 聘珍樓が “中秋節”に合わせた秋季限定の月餅2種を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもっとも古い中国料理店 聘珍樓が2018年9月24日の「中秋節」に合わせ、秋季限定販売の「蛋黄蓮蓉月餅」(塩漬卵黄入蓮の実あん月餅)と、「蛋黄豆沙月餅」(塩漬卵黄入黒あん月餅)の2種を発売しました。

今年も聘珍樓は、好評のお月見をデザインした「中秋節限定ギフト缶」を用意

「中秋節」は、「春節」「端午節」と並ぶ中国の伝統的な三大節の一つ。日本の中秋の名月と同じように9月の中旬から10月上旬の間にある満月の日に行うお祭りです。
春節についで重要な祝日で、丸い月は団らんを意味し、家族で集まったり、離れて暮らしていても家族のことを想って過ごしたりするそうです。
そして、日本のススキとお団子のようにお供え物として用意するのが「月餅」。夜空の月を眺めながら、月餅とお茶を楽しむのが定番です。

今年も聘珍樓は、好評のお月見をデザインした「中秋節限定ギフト缶」を用意。2017年の上海バージョンデザインから、2018年は夜空と月が連想される黒色と金色の缶に、横浜の名所が描かれた地元 横浜中華街バージョンに。イラストは2006年より聘珍樓のニューイヤーカードのイラスト担当しているイラストレーター小野寺光子氏によるものです。

嬉しい特典として、中秋節限定ギフト缶を購入すると入手できるQRコードにアクセスすると、中秋節が古くから伝わる過程でうまれた月にまつわる神秘的なストーリーをみることができるそうです!

中秋節は月餅を食べることが風習で、月を愛で、この夜が平和であることに感謝しつつ、満ち足りた思いで月餅をいただくのが中秋です。
今年の秋は月餅で家族の幸福を祈り、神秘的な中秋ストーリーを楽しむひとときを持つのも素敵な過ごし方だと思いませんか。

■中秋月餅「蛋黄蓮蓉月餅」・「蛋黄豆沙月餅」
聘珍樓の「月餅」は広東月餅で、もとは香港から月餅職人を呼び寄せて製造を始めたもの。現在は、中国の伝統的レシピを受け継ぎ、聘珍樓ならではの厳選された素材で作られています。中秋月餅は、あんの中に満月に見立てた卵の黄味が入っていることが特長で、「蛋黄月餅」の蛋黄とは、アヒルの卵の塩漬けのことです。

「蛋黄蓮蓉月餅」(塩漬卵黄入蓮の実あん月餅)は、蓮の実あんの中に、満月に見立てたアヒルの卵の塩漬けが入っています

「蛋黄蓮蓉月餅」(塩漬卵黄入蓮の実あん月餅)は、蓮の実あんの中に、満月に見立てたアヒルの卵の塩漬けが入っています。蓮の実あんは、白いんげん豆でつくった白あんと蓮の実を混ぜたあんで、しっとりとした食感ながら、すっきりとした甘みで塩卵の味を引き立てています。

「蛋黄豆沙月餅」(塩漬卵黄入黒あん)は、黒あんの中に、同じく満月に見立てたアヒルの卵の塩漬けが入っています

「蛋黄豆沙月餅」(塩漬卵黄入黒あん)は、黒あんの中に、同じく満月に見立てたアヒルの卵の塩漬けが入っています。黒あんは、北海道産の小豆を100%使用しており、甘すぎずコクの有るあんと塩卵の塩気が丁度よいバランスでそれぞれの味を引き立てています。

■商品概要
商品名:中秋節限定ギフト缶入り「蛋黄蓮蓉月餅」(塩漬卵黄入蓮の実あん月餅)
※秋季期間限定商品
価格 :1,250円/174g(税別・送料別)

商品名:中秋節限定ギフト缶入り「蛋黄豆沙月餅」(塩漬卵黄入黒あん月餅)
※秋季期間限定商品
価格 :1,100円/174g (税別・送料別)

店名 :聘珍ショッパーズ
http://heichin-shoppers.jp

会社名:株式会社聘珍樓
電話 :0120-886-629(9時~18時 元旦は休み)
FAX :0120-057-662
定休日:インターネットでの注文は24時間受付
オフィシャルホームページ: http://www.heichin.com/
商品URL: http://heichin-shoppers.jp/shopbrand/036/O/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事