1度は食べておきたい! 絶品食パン3選!!

1度は食べておきたい! 絶品食パン3選!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。吾妻聖子です。
乃が美をはじめとする高級食パンブームがやってきて、かれこれ時間が経ちましたが、今でも巷にはおいしそうな食パンが続々登場しています。

私も関西出身というのもあって、乃が美の食パンは大好きで大阪土産にすることもしばしば! でもまだまだ食べてない話題のパンが沢山あります!!
そこで今回はこちらです!

●どストレートなおいしさ!! 髙匠のもっちり食パン!!

大阪で乃が美と並ぶ2大巨頭とされているのが、この髙匠なんです

食パンブームは、関西発祥と言われています。関西はもともと粉物文化だからとか、乃が美が火付け役になったなど、様々な説がありますが、今でも高級食パン専門店が多いのは圧倒的に関西であることは間違いありません。
そして大阪で乃が美と並ぶ2大巨頭とされているのが、この髙匠(たかしょう)なんです。

昨年末に東京に初進出して大きな話題を呼んだお店でもあります。以前から食べてみたいと思っていたので、早速お取り寄せしてみました!!

箱を開けると出てきたのはどっしりとした重みのある1本(2斤)の食パン

箱を開けると出てきたのはどっしりとした重みのある1本(2斤)の食パン。
カットしてみるとみるからに、しっとりと柔らかそうな感じです。

まずは、トーストせずにそのまま…おおおお!!! 見た目を裏切らないしっとりとした口当たり。耳までとっても柔らかい、でも噛むほどにもちもちとした食感を楽しめる、水分をたっぷり含んだ食パンです。

カリッと焼きあがった表面は香ばしく、その中からは小麦の味と香りがふわっっと立ちます!

ではトーストして…ん〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
これはすごい!! カリッと焼きあがった表面は香ばしく、その中からは小麦の味と香りがふわっっと立ちます! 中は焼く前よりも一層ふんわりと柔らかく、なのにぎゅうううっと詰まったもっちり感は健在です!!
おいしい!! 間違いなくおいしい!!

毎日食べる食パンにふさわしい、リピートしたくなる、どストレートなおいしさです!

ここの食パンの特徴は、小麦本来の味わいをきちんと生かしていることにあると思います。余計な甘さや香りをつけずに、小麦の甘さや香りを存分に出すことに大成功している食パンです。毎日食べる食パンにふさわしい、リピートしたくなる、どストレートなおいしさです!

このパンには髙匠ならではの相棒がいるのです! それがこの「小倉バター」!!!

そして、このパンには髙匠ならではの相棒がいるのです! それがこの「小倉バター」(600円/1瓶・税込)!!! これもまたとっても上品な甘さで、髙匠の食パンにとっても合うんです!

もっちりとふんわりとサクサクが同居して、贅沢な食パンの王道を、まさに王者の風格で歩いているような、そんな食パン! そこに、そっと寄り添う上品な小倉バターの女王! そんな感じです!!

湯種食パン/食パン専門 髙匠

「湯種食パン」

価格:1本(2斤) 750円(税込、送料別)

店名:食パン専門 髙匠

住所:大阪府大阪市西区靭本町3丁目2-7 横井第一ビル

電話:06-6136-3323

営業時間
平日     :10:00~19:00
日曜日・祝日:10:00~17:00

定休日:土曜日

●秋冬限定!! まるごと食べたい! 栗を贅沢に練りこんだ、デニッシュ食パン!

そのデニッシュの聖地京都で、とっても気になる食パンを発見しました! それがこちら! メイズテーブルの「バターデニッシュ 栗」です!

今の高級食パンブームがやってくる、はるか昔、デニッシュ食パンブームがあったのをご存知でしょうか?
当時小学生だった私は、デニッシュ食パンのおいしさに驚愕したことを鮮明に覚えています! そして、そのデニッシュ食パンブームは京都からやってきたものだったんです。

小さなデニッシュ食パンに、栗のペーストが練りこまれ、渋皮マロンがゴロゴロと入っています!

そのデニッシュの聖地・京都で、とっても気になる食パンを発見しました! それがこちら! メイズテーブルの「バターデニッシュ 栗」です!

みてください! 小さなデニッシュ食パンに、栗のペーストが練りこまれ、渋皮マロンがゴロゴロと入っています! もう見た目が100点です!

これを軽くトーストして、バターを塗ったら、甘〜い栗の香りとバターデニッシュの香ばしい香りに、ノックアウトです

ンンン〜〜〜〜!!! これはすごい! 表面はバターデニッシュならではのサクサク感がたまりませんし、中はバターの香りと何より栗の香りが待ってましたとばかりにぐんと広がります!

噛むとしっとりと柔らかい生地とマロンペーストの甘みが滑らかに舌を転がって、ジューシーな旨味の中に、栗の粒がいいアクセントになっています。
よくぞ、栗とデニッシュを合わせてくれました! 栗とバターって最高のコンビネーションです。

今だけの贅沢を、ちょっとしたギフトにしても喜ばれること間違いなしです!!

そして、驚くのは、このデニッシュどこを噛んでも栗がいる! ということです。本当に端の端まで、栗が行き渡っていて、栗の香りを最初から最後まで楽しむことができます。季節限定! 今だけの贅沢ですね!!

また、食パンとデニッシュ食パンの一番の違いは、耳の存在を忘れるところです! 一体どこが耳だったのかわからないくらい、どこもおなじクオリティでおいしいのです!
やっぱり元祖はすごい! 間違いない!! 今だけの贅沢を、ちょっとしたギフトにしても喜ばれること間違いなしです!!

バター デニッシュ 栗1斤/Mei's Table

「バター デニッシュ 栗1斤」

価格  :1,490円(税込、送料別)

賞味期限:製造日を含めて7日
※それ以上保存する場合はスライスして冷凍保存してください。

店名  :Mei’s Table

住所  :京都府八幡市男山泉3-1

電話  :075-983-8500

営業時間:注文は24時間受付

定休日 :日曜日・月曜日

●これぞ究極!! 死ぬまでに食べたい! 超高級XO食パン!

最後は私が食べた食パンの中で、最も高級な1本です。お値段なんと6,500円!!

さて、最後は私が食べた食パンの中で、最も高級な1本です。お値段なんと6,500円!! これはその名の通り最高級です! この食パンブームの中でも、一線を画す存在であると言えるでしょう。

帯に書かれた「贅を尽くした最高の逸品」というキャッチコピーも、もうワクワクしかありません!!

入っている箱も高級感あふれていますし、帯に書かれた「贅を尽くした最高の逸品」というキャッチコピーも、もうワクワクしかありません!!

よ〜くみるとパンの生地の中に、小さな黒いツブツブが…。そう! これバニラビーンズです!

開けてカットしてみると、まず驚くのがその香り。袋から出しただけで、クッキーのような甘い香りが部屋に広がります!
それもそのはず、よ〜くみるとパンの生地の中に、小さな黒いツブツブが…。そう! これバニラビーンズです!
パン自体はずっしりと重く、早く食べたい気持ちが高まります。

カットしてトーストすると、さらにもっと甘〜い香りが!!

カットしてトーストすると、さらにもっと甘〜い香りが!! とにかく食べたい!! というわけで、まずは何もつけずにいただきます!!

噛むとサクサクの生地の向こう側に、まるでシルクのようなキメの細かいお布団のような世界が広がります

おおおおおおおおおお!!!!!!!!! これは、すごい! すごすぎる!
なんだこれは!!
今まで食べた食パンと、似ているようで全然違う食べ物のようです。

まず香りがとっても優雅で甘い! 噛むとサクサクの生地の向こう側に、まるでシルクのようなキメの細かいお布団のような世界が広がります。

私の一番の驚きはここ! なかの生地のシルク感です!!

私の一番の驚きはここ! なかの生地のシルク感です!! そこがこれまで食べたどのパンとも違うのです!
しっとりと舌にまとわりついて、す〜っと溶けていくシルク! これが最高級の味わいか!! という感じです。

使っている素材も、もちろん最高級! 北海道産の生クリーム、奥丹波の地養卵、フランス産ゲランド塩、デンマーク産の発酵バター、フランス産の純小麦粉、そしてミネラルをたっぷり含んだ真珠粉! まさに素材のオリンピックです!

この素材を使って、惜しみない手間暇と技をかけていると言うんですから、この味わいも納得。素晴らしい食パンだと思います! 気軽に毎日買えるお値段ではないですが、グルメな方へのプレゼントなどには最適だと思います。

いかがでしたか? 3つとも絶品食パンであることは保証します! いつも食べているものだからこそ、時々は自分へのご褒美にお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

XO食パン/高級食パン専門店 Les 3 boules(レトワブール)

「XO食パン」

価格:6,500円(税込、送料別)

店名:高級食パン専門店 Les 3 boules(レトワブール)

住所:兵庫県姫路市亀山2-161-1-103

電話:079-233-3935

営業時間:9:00~19:00

定休日:日曜日・第2月曜日(店舗のみ)

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事