週刊SPA!×お取り寄せ手帖企画 ~オンナにモテる逸品ガイド~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

❝料理男子❞が持てはやされるように、男が女の胃袋をつかむのもモテるためには有効な手段。しかし自分で作るのはちょっと、という人にオススメしたいのがお取り寄せだ。珍しい全国の名産品をフックに女を誘えば、話は広がりその後の展開もスムーズに。

珍しいオレンジ色のワインに厳選のチーズは
鉄板の組み合わせ

栃木・ココ・ファーム・ワイナリーの『2012 甲州F.O.S.』
(3000円) は柑橘系の酸味が新鮮なワイン。長野・開田高原アイス
クリーム工房のチーズセット(2800円)。

「見た目が良くて話もうまい男はもちろんモテますが、一方で全国の珍味に詳しかったり、料理が振舞える男は確実にモテます。前者は元々自信があるため、振る舞いがワンパターンになりがちですが、後者は食に詳しいという文化度の高さが意外性となり、これが女性に響くんです」と男女の恋愛事情に詳しいコラムニストの潮凪洋介氏は話す。口下手で面白い話ができなくても、容姿に自信がなくても、うまいものさえ揃えておけば勝負できるという意味で「お取り寄せは❝飛び道具❞になります」と潮凪氏は言う。

その際に留意すべきは、取り寄せた品を通して何を伝えたいかということだという。
「たとえばボームパーティーに行くなら、肉系のものを持参したほうが、男らしい印象を与えられるでしょう。スイーツも鉄板で女性に歓迎されます。一方、家に女のコを呼んでシッポリという場合は、お酒がいい。薀蓄をさらっと語ることができれば、確実に女心をつかめるからです。ただし女性の中には案外酒に詳しい人もいるので、知ったかぶりは禁物です」

2012 甲州 F.O.S.
チーズセット

また男が陥りがちな勘違いもあるという。

「女性は甘いものや、爽やかでフルーティーなものが好きという先入観が、男性の中にはあります。でも、がっつり肉が好きという女性もいれば、お酒がすごく強い女性もいる。酒好きの女性は往々にして、スイーツよりチーズを好みます。落としたい女性の嗜好は確実に把握したうえで、何を取り寄せるか決めましょう」

今回紹介しているものは、以上のような観点から今話題の商品を厳選。是非❝飛び道具❞として一度、試してほしい。

安定チーズケーキに カヌレで意外性を演出

大阪「チーズケーキショップヒキタ」の『未知との遭遇Ⅱ』1620円。ベイクド・レアタイプ、両方の味わいが楽しめる。
岡山『ガトーミュール』のカヌレは18個入りが1200円

未知との遭遇Ⅱ
カヌレ

満足度が高く 豪快な味わい

カレーとクラフトビール
鮭のうまみが楽しめるカレーはビールと相性抜群。宮崎金柑ラガー(右)は爽やかな飲み口、W-IPA(左)は濃厚な味わいで人気の銘柄。好みに合わせてチョイスを

お取り寄せをオススメする男性から女性はどのような印象を受けるのだろうか?前出の潮凪氏に加え、ホームパーティーに多数参加するなど、男女の出会いに詳しい婚活アドバイザーの中村文氏、結婚相談所代表の山本麻美氏に話を聞いた。

「さらっと食へのこだわりを見せる男性は魅力的。お取り寄せでいうと、自分の故郷のおいしいものに詳しい人は好印象です。高知出身の人が、初鰹の旬である5月に鰹と日本酒の会を開いたときは、周りの女友達の評判もよかったです」と話す中村氏。「私も実家の名産の取り寄せには好感が持てます。フルーツが好きなので、宮崎のマンゴー食べる?なんて言われたら、つい参加しちゃいます。(笑)」と山本氏も好意的だ。「お取り寄せ上手は人は、それだけで文化度が高いことの証明になりますし、生まれ故郷のものをさりげなく紹介すると、地元を大切する情の厚さもアピールできます」と潮凪氏は言う。

箕面ビール W-IPA
ひでじビール 宮崎金柑ラガー
マルデン えりも番屋カレー鮭

ではどんなジャンルが好まれるのだろうか?

「スイーツは鉄板ですが、丁寧に淹れたコーヒーなどが添えられていると、なおグッときます」(中村氏)。「ワインもいいですが、夏はクラフトビールもおいしいし、ご当地カレーなんかをペアリングして出されたら、センスを感じますね」(山本氏)。「組み合わせに工夫を凝らせば、より女心をつかめます」と潮凪氏。

しかし一方で過度な薀蓄はご法度だという。「ワインなどでありがちですが、中途半端に聞きかじった知識はしらけるだけ」(中村氏)。「とくに赤ワインを語りだすと、途端にメッキが剥がれる人が多い。オレンジワインは変化球で、薀蓄を語らずとも面白さが伝わるので、いいですね」と山本氏もオススメ。

「食にこだわる人は恋愛も上手」は、2人の共通した意見。特に山本氏は以前、港区の超高級タワーマンションのパーティで、宅配ピザを頼まれて一気に興ざめしたそう。食への造詣を深めることこそ、モテへの近道というのは間違いないのだ。

【潮凪洋介氏】
コラムニスト。恋愛をテーマにした著書多数。他にイベントや講演会文筆教室も開催。多方面に活躍中

【山本麻美氏】
結婚相談所代表。明るく楽しい婚活をテーマに、結婚までを丁寧にサポートする。ブライダルインテリジェンス代表

【中村 文氏】
婚活アドバイザー。学会認定カウンセラーとして、不妊・セックスレスなどの相談に応じる。チャーイハート代表。
取材・文/岡野考次 撮影/林紘輝(扶桑社)

関連お取り寄せ商品

取材・文/岡野考次 撮影/林紘輝(扶桑社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事