“エシカル”なバックやポーチで笑顔がつながる! 手づくりボタンが輝く『モンガ・クナップ』

“エシカル”なバックやポーチで笑顔がつながる! 手づくりボタンが輝く『モンガ・クナップ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つくり手の温もりが伝わる、心がつながる。手づくりボタンが輝く『モンガ・クナップ』

新緑の風薫る季節が到来、街歩きや小旅行に出かける機会が増える時期です。心弾むお出かけを一層楽しくさせるのが、おしゃれで使いやすいバッグやポーチ。そこで、ご紹介したいのが『モンガ・クナップ』のアイテムです。

『モンガ・クナップ』は、大阪に本社を置くサンワード株式会社の東日本大震災復興応援ブランド。どのアイテムにも福島県で手づくりする木製ボタンがあしらわれ、つくり手のぬくもりがそのまま伝わるよう。使う人の心もほっこりと温かくなるバック達です。

『モンガ・クナップ』は、大阪に本社を置くサンワード株式会社の東日本大震災復興応援ブランド。
福島県で手づくりする木製ボタンがあしらわれ、つくり手のぬくもりがそのまま伝わるよう。
復興応援ブランド『モンガ・クナップ』。2012年の販売以来、木製ボタンをあしらったおしゃれでカラフルなバッグやポーチが人気を集める

「たくさんのボタン(モンガ・クナップ)」が主役。継続的なつながりとものづくりで復興を支援

『モンガ・クナップ』は、「ものづくりで笑顔を届けたい」という想いから生まれました。震災から半年後の2011年秋、福島県須賀川地域に足を運ぶことから始まったブランドの立ち上げについて、サンワード株式会社代表取締役社長の池田智幸さんは次のように語ります。
「当社のものづくりに、地元の福祉事業所に通う障がいを持つ方たちに参加してもらうことで、復興支援と障がいを持つ方の自立に貢献したい。その考えのもと、事業所の方たちと顔を合わせて語り合う中で、行き着いたのが手づくりの木のボタンを生かしたブランドです。ひとつひとつ手づくりするボタンはつくり手の温もりが伝わること、須賀川市の市の花が牡丹(ぼたん)であることも決め手になりました」

ブランド名『モンガ・クナップ(manga Knapp)』とは、スウェーデン語で“たくさんのボタン”という意味。牡丹の花があちこちで咲き誇る街でつくるボタンに、「ボタンホールとボタンがつながるように人と人、街と街をつなぐものになってほしい」との想いを込めたそう。

同社がデザインしたボタンの加工法を福祉事業所が開発し、障がいのある方とともにボタンを制作します。素材となる木は、桜やけやき、なら、ウォルナットなど。自然の木目や色味を生かしてつくるため、ひとつひとつ表情が異なるのが魅力です。
「ボタンが輝くことをいちばんにバッグなどのデザインやカラーを考え、商品づくりに取り組みました。バッグなどの本体は、職人が細かな部分まで目を配り、一針一針ていねいに縫い合わせ、すべての行程を大切につくりあげています」(池田さん)

ひとつひとつ手づくりするボタンはつくり手の温もりが伝わること、須賀川市の市の花が牡丹(ぼたん)であることも決め手になりました
素材となる木は、桜やけやき、なら、ウォルナットなど。自然の木目や色味を生かしてつくるため、ひとつひとつ表情が異なるのが魅力です。
ブランド名『モンガ・クナップ(manga Knapp)』とは、スウェーデン語で“たくさんのボタン”という意味。
ボタンの形に合う木を選別し、木材のカット、穴あけ、やすりがけなどの工程を経てボタンができあがる

どれも魅力たっぷりの『モンガ・クナップ』のアイテムの中でも、今回紹介する3点はとりわけ人気の高いアイテム。
リボンの形の木製ボタンがポイントの「がま口ハンドバック」は、横長のフォルムがおしゃれで、タウンユースにぴったり。出し入れしやすい全開タイプで、内ポケットも充実し、使い勝手もばつぐんです。
動物デザインの刺繍と木製ボタンがキュートな「クラッチバッグ」はB5判ノートや単行本が入るサイズで、内側にはスマホやペンケースなどが収まるポケットが5つ。図書館やカフェ巡りのお供にぴったりです。
「マルチケース」は、コロンとした形と刺繍、木製ボタンが一層温かみを感じさせるアイテム。カメラなどを入れ、そのまま手に提げて外出できます。持ち手の一方を外してバッグにひっかけることもできるので、旅行のときにも重宝します。

リボンの形の木製ボタンがポイントの「がま口ハンドバック」は、横長のフォルムがおしゃれで、タウンユースにぴったり。
肩にかけても腕にかけても様になるおしゃれなハンドバッグ
動物デザインの刺繍と木製ボタンがキュートな「クラッチバッグ」
中に入れるものに合わせて折り曲げても。自由に使える布製クラッチ
「マルチケース」は、コロンとした形と刺繍、木製ボタンが一層温かみを感じさせるアイテム。
クッション性があるポーチは、カメラの持ち運びに重宝。近所への買い物に持参しても
いずれも全8色のカラー展開

エシカルな取り組みはバングラデシュでも。海を越えて笑顔がつながる商品づくり

『モンガ・クナップ』のものづくりを貫くのが、人や社会、環境や地球までを視野に入れて社会に貢献する「エシカル」の思想。震災からの復興支援、障害のある方の自立支援という国内での社会貢献だけではなく、バングラデシュでつくられた製品を適正な価格で取り引きするフェアトレードにも取り組んでいます。

「現地産のジュート(麻)や牛革を使い、製造までを一貫して現地で行うことで、バングラデシュの人たちの生活を持続的に支援します。やさしい手触りのジュートや使い込むほどに風合いが増す牛革の素材感の良さが好評をいただいています」(池田さん)
国内でつくるものと同様に、福島から送った木製ボタンをアクセントにし、国を超えたつながりを感じられるのも魅力です。つくる人も使う人も笑顔になれ、心がつながっていく『モンガ・クナップ』のアイテム。使うほどに愛着が増すバッグたちをお出かけのお供に加えてみませんか。

『モンガ・クナップ』のものづくりを貫くのが、人や社会、環境や地球までを視野に入れて社会に貢献する「エシカル」の思想。
バングラデシュでつくられた製品を適正な価格で取り引きするフェアトレードにも取り組んでいます。
福島、そしてバングラデシュ。つくる人も使う人も笑顔になれ、心をつなぐアイテムが揃う

『モンガ・クナップ』がま口ハンドバック、クラッチバッグ、マルチケース

価格:
「がま口ハンドバック」6,480円
「クラッチバッグ」2,916円
「マルチケース」2,376円
(いずれも税込、送料別)
店名:
ジョイブ ファクトリー(サンワード株式会社)
住所:
大阪府大阪市天王寺区生玉町2番3号 小出ビル2F
電話:
06-6773-3090
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土曜・日曜・祝日

■『モンガ・クナップ』ブランドサイト
http://www.sunward-beban.co.jp/mangaknapp/

■『モンガ・クナップ』公式オンラインショップ
「ジョイブ」(正規品販売)
https://item.rakuten.co.jp/joy-bu/c/0000000398/

「ジョイブ ファクトリー」(アウトレット品販売)
https://joybu-f.b-smile.jp/user_data/mangaknapp.php

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

取材・文/土倉朋子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(その他)新着記事

おすすめ記事