パスタソース:石川県・イルピアットハタダ『まんでとまと』

パスタソース:石川県・イルピアット ハタダ『まんでとまと』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度がはじまりました! みなさまもお忙しい日々だと思います。
我が家も娘の小学校入学でバタバタと落ち着かない日々を過ごしております。
プライベートはもちろん、仕事でも歓迎会などがあったりと、春は何かとフワフワと落ち着かない事が多いですよね。
我が家では忙しくなると、多くなるメニューがパスタ!
ぱぱっとできる1品は助かりますよね。

そこで4月は、パスタソースのお取り寄せをお届けします。
おいしいパスタソースさえあれば、パスタがより簡単においしくできるんだから、お取り寄せしない手はありません!
まず第1回は、石川県、能登からやってきたイルピアットハタダの「まんでとまと」です。

まず注目して欲しいのがこのおしゃれな瓶!
イラストやフォントも秀逸で眺めているだけで気分がアガります!

まず注目して欲しいのがこのおしゃれな瓶! かわいいですよね。
イラストやフォントも秀逸で眺めているだけで気分がアガります!

そして、瓶のデザインだけではありません。
世界農業遺産に登録された能登の香味野菜、能登半島で採れたトマトとイタリアのトマトを使った、
化学調味料や保存料は一切使っていない、まさに安心安全な手作りトマトソースなんです。
何と煮込み時間は6時間!
作るのに半日かけてシェフ自らが瓶詰めしているというから驚きです。

さらにここのお店のすごいのは、パスタも作っている事!
今回はフェットチーネとほうれん草入りフェットチーネの生パスタも一緒にお取り寄せしてみました。

まずは、シンプルに「フェットチーネ×まんでとまと」から。

まずは、シンプルに「フェトチーネ×まんでとまと」から

フライパンにオリーブオイルを熱して、にんにくのみじん切りとベーコンを炒め、
「まんでとまと」を注いであたためておきます。
そこにゆでたてのフェットチーネをいれて、いただきます!!

おおおおおおおいしいいいいいい。
まず、トマトがものすごくフレッシュです。
トマトソースとしてのコクはありながら、トマトの酸味や旨味がぐんぐん入ってくる感じ!
香草のクセもまったくなくて、とてもおいしいトマトソースです。
もちろんパスタももちもちで、生感がすごい!
コシはあるのにするりと入ってくるちょっと不思議なパスタです。
シンプルなのにとても本格的で贅沢な味わいのパスタになりました。
と、ここであることに気づきます!
このトマトソース、煮込み料理に使ったら絶対おいしい!!

というわけで、トマト煮込み作っちゃいました!!
1口大に切った鶏もも肉に小麦粉をまぶし、オリーブオイルで焼き色をつけたら、
タマネギ・パプリカを加えて、塩こしょうをして炒め合わせます。
そこに「まんでとまと」をいれて20分煮込んだだけ。ほったらかしの簡単調理!

というわけで、トマト煮込み作っちゃいました!!

では、いただきます!
おー!!これはすごい! パスタで食べたのとは全く違う! これも最高です。
トマトの酸味がとれて、コクと旨味、そして甘みがプラスされています。
トマトが嫌いな人でもいけるんじゃないかと思う程、トマトの尖った所が全てぬぐい去られています。
野菜の甘みもお肉にぴったり!
これとバゲットさえあれば貴族の食卓にも出せそうです。
と、ここである事を思いつきます!
ほうれん草入りのフェットチーネにはこれをかけてみよう!

というわけで、ゆであがった美しい緑色のパスタに、この煮込みをたっぷりかけて・・・
ん~~~~!これも美味しい!
見た目も色鮮やかで楽しいし、なによりさいごにふんわりと残るほうれん草の香りもたまりません。

ほうれん草入りのフェトチーネにはこれをかけてみよう!
このトマトソース万能です! トマトソースの可能性を感じます。

みなさま、このトマトソース万能です! トマトソースの可能性を感じます。
パスタにかけるのはもちろん、煮込み料理やミートソース、ロールキャベツ、オムライスなんかにも良いと思います!

是非是非お試しあれ!

まんでとまと

価格:
864 円/350g(税込・送料別)
賞味期限:
製造日より6ヶ月

まんで生パスタ

価格:
216円/120g(税込・送料別)
賞味期限:
製造日より4ケ月

店名:
イルピアット ハタダ
住所:
石川県七尾市小島町大開地1−5
電話:
0767-58-3636
FAX:
0767-58-3636
営業時間:
9:00~21:00
定休日:
水曜
吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事