栗のお菓子 ~大人の栗羊羹~

11月のテーマ:栗のお菓子 ④大人の栗羊羹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
吾妻聖子です。
毎月1つのお取り寄せジャンルから、気になるものをピックアップしている
この連載。最終回は「大人の栗羊羹」です!
今年で創業400年という、京都の老舗中の老舗!亀屋清永さんが作ったもの。
1617年から伝統をまもりつつ、常に新しいものを追求し歩みを止めない、
そんな亀屋清永が作り出した、渾身の栗羊羹です。

洋酒の箱を思わせる、レトロでオシャレで品があるデザインです。

見てください。ため息が出る程素敵なこのパッケージ。
洋酒の箱を思わせる、レトロでオシャレで品があるデザインです。
この箱をどうぞと頂いたら、誰でもテンションあがってしまいますよね。
栗羊羹といえば、羊羹の世界の最高級品というイメージがあります。
それをこんなセンスの良い箱でギフトにするなんて、すばらしいです。

では、あけてみます!

うわ~!!きれい!!

まず1番上には金色に輝く大きな和栗が3つ、澄んだ琥珀の中で 輝いています。
全体的に、下の羊羹にまで透明感とつやがあり、見た目にも楽しませてくれる 本当に美しい羊羹です!

すごいです!昔話に出てくる玉手箱ばりに、箱の中身が輝いています。
「栗羊羹」ときいて、思い浮かべる姿とはかけ離れた、美しく輝く宝石のような
羊羹です。
まず1番上には金色に輝く大きな和栗が3つ、澄んだ琥珀の中で
輝いています。
そして、その下には、いわゆる小豆の羊羹が。
全体的に、下の羊羹にまで透明感とつやがあり、見た目にも楽しませてくれる
本当に美しい羊羹です!

では、いただきます!!

では、いただきます!!

ん~~!!
口にふくんだだけで、ブランデーの香りが鼻に抜けていきます。
寒天のカシャカシャともいえる楽しい歯触りの中に、和栗の香りと甘み。
芳醇なブランデーの香りと、ねっとりとなめらかな小豆が混ざり合い
幸せな気持ちがむくむくふくれあがるお菓子です。
そして、こんなに何層にもなっているのに、この中の主役はやっぱり栗なんです。
栗の香りと甘みがダイレクトに伝わって来て、
他の要素がすべて、栗本来の味を邪魔しない、むしろ引き立てているんです!

これ、本当に美味でございます!
ブランデーのせいでしょうか?
食べると、和菓子にも洋菓子にも分類されない新しいジャンルを感じます。
まさに大人の栗羊羹!
しかもわたしすごいことに気づきました!
なんと一番下の羊羹も、よ~くみると色が2層に。合わせて3層にわかれているんです。

スゴくきれい! これはどんなグルメな人の目も舌も喜ばせる事と思います。

写真でわかりますか?スゴくきれい!
粋ですよね~
これはどんなグルメな人の目も舌も喜ばせる事と思います。
是非是非みなさまもこの美術品のような、絶品羊羹をお試しください。
そして、ここぞというときに、ギフトにしてみてはいかがでしょうか?

大人の栗羊羹 小

価格:
1,000円/1本(税抜・送料別)
賞味期限:

製造より14日

店名:
亀屋清永
住所:
京都市東山区祇園石段下南
電話:
075-561-2181
FAX:
075-541-1034
営業時間:
8:30~17:00
定休日:
毎週水曜日(その他不定休あり)
※臨時休業をいただく場合がございますので、事前にお電話でご確認ください。

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事