3月のテーマ:バウムクーヘン ④白いやどかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、いかがお過ごしですか?
こんにちは。吾妻聖子です。
今月はバウムクーヘンを取り寄せています!
今回はラスト!
「鉾田の白いやどかり」です。

 

最高級のバウムクーヘンと言われているバウムクーヘンです。
卵や小麦粉、バターと、素材の全てにこだわっているんだとか。
中でも注目はお砂糖!
グラニュー糖ではなく、上白糖を使ってしっとりさせているそうです!

では、箱をオープン!
開けたとたんに、バターと砂糖の香ばしい香りが、鼻をくすぐります。

 

お!年輪が整っていない!

この整っていない感じが、逆に高級感をかもしだして、
早くも頭の中も口の中も、美味しさへの期待で、あふれています。

もう、いただきますと言っている暇はありません。
フォークを入れると、これは結構堅いです!しっかり焼いた生地といった印象。

口にいれると・・・んまぁああああああい!
一瞬で美味しさが体中に広がる感じ!
これは、味わい深い。
どっしりと堅めの生地なのに、どうしたら、こんなに優しい味になるんでしょう。
フォークを入れた瞬間と、口に入れた瞬間の、印象の違いにもうパニックです。

 

かみ締めると、ザクザクとした食感です。
外側の砂糖もかりかりとしていて、また美味しい!
卵とバターのうま味が濃くて、甘みもそんなに強くはありません。
素材本来の味が、ふわっと浮き上がって鼻に抜けていく感覚です。
しっとり、と言いたいところですが、しっとりを超えてどちらかというともっちり。
バウムクーヘンによくある、水分を持っていかれるような、もそもそ感やパサパサ感は一切ありません。

生地感も、甘みも、芳醇な香りも このバウムクーヘンのすべてが
この「白いやどかり」でしか感じられない美味しさです。
年輪の中の中までぎゅぎゅ~っと「美味しさのすべてをつめこみました」と
バウムクーヘンが語りかけてくるんです。

もう食べ終わりました。
もう食べ終わってしまいました。
もっと食べたいです!
もっともっと食べたいんです!
もうなんなら切らずに1本恵方巻きのように食べたいです。

この「白いやどかり」のバウムクーヘン、通常の作り方の3倍の時間をかけて、
じっくりと焼いているそうです。
伝統的なバウムというだけあって、ものすごくクラシックな味なのですね。
少し、忘れかけていた、シンプルな旨さを思い出しました。
これぞキングオブハードバウムクーヘンかも知れません。

最高級と呼ばれる所以も納得です。
しっとりふわふわバウムが好みじゃない方には、たまらないバウムクーヘンになること間違いなしです。
今回、私が取り寄せたのは一つ山だけど、三つ山でも良かったかな~。
高級でも、いい!お腹いっぱい食べたい!と思える絶品のバウムクーヘンでした。
皆さんも、ぜひこの美味しさを味わってみてください。

鉾田の白いやどかり(1つ山)

価格:
1,900円/約264g、
直径約15.5cm×高さ約3.5cm
(税込・送料別)
賞味期限:

製造日より14日

店名:
Farmkuchen Fukasaku(ファームクーヘン フカサク)
住所:
茨城県鉾田市台濁沢371-2
電話:
0291-35-5870
FAX:
0291-35-5871
営業時間:
9:30~18:00
定休日:
年中無休

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事