肉好きフードライターの小寺慶子さんが ホームパーティーで1kgの塊肉調理に挑戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉好きフードライターの小寺慶子さんが
ホームパーティーで1kgの塊肉調理に挑戦!

レストランでシェフが焼いてくれる肉を楽しむのもいいけれど、豪快な塊肉を自分で上手に焼けたなら…。最近は通販でも気軽に塊肉を購入できる時代です。ならば、さっそく試してみよう! ということで、肉好きフードライターの小寺慶子さんが、アメリカ産アンガスビーフのステーキ焼きに挑戦。
食べログweb編集長が開催するホームパーティーで1kgのリブロースを焼くことに。普段はもっぱら食べるのが専門で、塊肉を焼くのは、もちろんはじめて。初心者には少しハードルが高いと思いきや「予習はバッチリ!」と自信満々の様子です。

まずは、パックに入れたままの肉を常温に戻し、表面に浮き出たドリップをキッチンペーパーでキレイにふき取ります。こうすることで肉のくさみを残さずに焼くことができるのだそう。小寺さんが取材で訪れた精肉店のスタッフによれば「500gぐらいであれば最初にフライパンでまわりを焼き固めてから少し休ませ、ジップロックなどのビニールに入れて湯せんで火を入れる方法もある」とのこと。

最初は1kgを半分にカットし、オーブンと湯せんで食べ比べをしようという案もあったけれど、今回は豪快に1kgを丸ごとフライパンとオーブンで仕上げることにしました。

ドリップをふき取った肉をあらかじめ熱しておいたフライパンにのせると、ジューッと景気のいい音が。

トングを使い、丁寧に四面を焼き固めていくこと20分弱。リブロースの脂の香りがキッチンに広がり、食欲を刺激します。

肉の塊からじゅわじゅわとあふれる脂にローズマリーとにんにくを加えると、香りもますます芳しく。

フライパンから肉を取り出し、少し肉を休ませてから180度で予熱しておいたオーブンへ。このタイミングで温度を62度に下げ、30分ほどオーブンにおまかせ。
「ホームパーティーでホストが料理につきっきりだとゲストも気を使うから、オーブンまかせにできる塊肉はいいですよね。オーブンに入れたらワインでも飲みながら時々、お肉の状態を見ればいいですし(笑)」と小寺さん。

肉の焼け具合を確認したら、また少し肉を休ませて、いよいよカット。断面からはキレイなルビーレッド色がのぞき、見るからに美味しそう!

おいしそうな肉を手にして、満面の笑みの小寺さん。皿に盛りつけられた、迫力たっぷりの肉塊が運ばれた瞬間、テーブルからは大きな歓声が。

「肉の旨みがとにかく濃くて、脂があっさりしていて食べやすい!」と、食通のゲストたちにも大好評。調理法はシンプルでも、パーティーに華を添える絶品ステーキ。これからの季節は屋外BBQにもおすすめです。みなさんも楽しくて美味しいセルフ焼きステーキ体験をぜひ!

リブロース 塊肉 オリジナル極みダレレシピ付き 1㎏~

価格:
価格 8,000円(税込・送料込)~
店名:
良品会議
住所:
東京都目黒区大橋1-5-1クロスエアタワー8階
電話:
03-6809-0495
営業時間:
平日10:00 - 18:00
定休日:
土日祝日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事