チーズケーキ:滋賀県・工房しゅしゅの『湖のくに生チーズケーキ』

チーズケーキ:滋賀県・工房しゅしゅの『湖のくに生チーズケーキ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは。吾妻聖子です。
今月は私が気になったチーズケーキをお取り寄せしています。

突然ですが、「利き酒粕」というキーワードを聞いた事はありますか?
「利き酒」は聞いた事があっても、「利き酒粕」は聞き慣れないですよね。
酒蔵ごとに異なる日本酒の味ですが、もちろん、お酒の味が変われば
酒粕の味や香りも異なってくる訳です。
そんな「利き酒粕」を可能にしたのが、今日ご紹介する「湖のくに 生チーズケーキ」なんです。

今日ご紹介する「湖のくに 生チーズケーキ」
御猪口の中に真っ白なチーズケーキがつまっています!

届いたものを見てください!御猪口の中に真っ白なチーズケーキがつまっています!
これは滋賀県の6つの酒蔵の酒粕から作られた生チーズケーキなんです。
近畿の水瓶「琵琶湖」がある滋賀には、おいしい地酒を作る酒蔵が沢山あります。
この商品は、お家に居ながらにして、6つの酒蔵巡りができるという
すごく楽しい商品です。

御猪口にはそれぞれの酒蔵の名前が書かれています。

御猪口にはそれぞれの酒蔵の名前が書かれています。
この御猪口だけでも、なんだかかわいいし、とっても粋ですよね。
とはいえ、見た目はすべて同じにみえるし、「酒粕+チーズケーキ」という
味もなかなか想像がつきません。
それでは、いただいてみましょう!!

まずは「七本鎗」滋賀県長浜市のなんと魯山人も愛したという
歴史深い酒蔵「冨田酒造」のお酒です。
スプーンですくった感じは、プリンに近いような感じです。
ん~!!!すっごく酒粕!
酒粕独特の深い香りがまず口の中にひろがります。
舌触りは、もったりと濃厚で、
香りがとてつもなく芳醇です!
活きてる!って感じ。
これは日本酒好きにはたまらない感じだと思います!!

それでは、いただいてみましょう!!

では次は「萩乃露」 ここも260年以上酒造りを続けている酒蔵です。
米所、近江の地で比良山系の伏流水で作っているお酒なんだとか。
ではいただきます!
おお!全然違います!これは驚きです。
私は日本酒をそんなに飲まないので、正直な所「違いが分かるかな・・・」と
不安でしたが、全くちがいます。酒粕というよりは、濃厚なチーズの味と
自然な甘さがくる、とってもすっきりとした味わいです。
ほのかに香る酒粕の深い香りは、いいアクセントになっています。

食感は変わらず、同じ酒粕を使っているのに!不思議!

次は「浪乃音」です!
こちらは滋賀県大津の酒蔵で俳人・高浜虚子ゆかりの酒蔵なんだそうです。
いただきます!
おおお~!これもなかなか個性的。
コクが深いというか、香りが芳醇でゴージャス!
甘みも香りも酒粕感もすべてがしっかりとしている感覚です。

是非是非みなさまも滋賀の酒蔵巡りを体験してみてください。
あとの半分は皆さんが違いを発見してください。

この商品すごいです!どれもこれも全部違う!
「利き酒粕」半端なく楽しいです。
全部おいしくて、全部スイーツで、全部酒粕なんです!
全種類の感想をのせてしまうと、つまらないので、
あとの半分は皆さんが違いを発見してください。

各酒蔵が情熱をそそいできた酒造りが
こんなに個性的なスイーツで味わえるなんて、
これは思っているよりもずっと贅沢な事だと感じました。
一口食べるごとに、酒蔵の熱が伝わってくるんです。
さらにスゴいのは、酒粕は生きているので日ごとに熟成を増し
味わいが変化するというんです!

ちなみにこの商品、観光庁が選ぶ「究極のお土産」に選ばれているんです!
日本酒好きにはもちろん、外国人の方へのギフトなんかにもぴったりですよね。

是非是非みなさまも滋賀の酒蔵巡りを体験してみてください。

湖のくに生チーズケーキ【プレミアム】お猪口入り6蔵セット

価格:
3,910円/・お猪口入り生チーズケーキ 55g×6蔵(喜楽長、松の司、美冨久、七本鎗、萩乃露、浪乃音)・酒粕ビスコッティ 4本
賞味期限:

<夏期=4月頃~10月頃>製造日含め10日間
<冬期=11月頃~3月頃>製造日含め14日間

店名:
工房しゅしゅ
住所:
滋賀県東近江市上羽田町786-1
電話:
0748-20-3993
FAX:
0748-20-3990
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
月・木曜日(祝日の場合は営業)

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

吾妻 聖子

吾妻 聖子

テレビ番組プロデューサー

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにわのママP 吾妻聖子の“おいしあわせ”を探せ新着記事

おすすめ記事