“おうちでカレー”のおいしさを更新! スパイシーなスープと北海道産具材が盛り沢山の『らっきょのチキンスープカレー』

“おうちでカレー”のおいしさを更新! スパイシーなスープと北海道産具材が盛り沢山の『らっきょのチキンスープカレー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“おうちでカレー”のおいしさを更新! スパイスと食材の風味が生きた『らっきょのチキンスープカレー』

暑い夏、食欲を刺激してくれるのがピリっとスパイシーなカレーです。お店で食べるのもいいけれど、レトルトの買い置きがあればクーラーの効いた部屋から出る必要なし。最近はレトルト技術の進化などで、お店に引けをとらない味を楽しめるようになってきています。その代表格が、今回ご紹介する「らっきょのチキンスープカレー」。札幌の有名カレー店の味を再現したプレミアム感たっぷりの逸品です。

今回ご紹介する「らっきょのチキンスープカレー」。札幌の有名カレー店の味を再現したプレミアム感たっぷりの逸品です
スパイス感たっぷりのスープと北海道産野菜など大きめの具材。お湯で温めるだけで名店の味が完成!

本物の素材にこだわり、高い技術と独自の製法で名店のスープカレーを再現

「らっきょ」は、北海道が発祥のスープカレーの名店。鶏がらや豚骨、牛骨、トマトなどの素材と25種類のスパイスを煮込んだスープに、チキンレッグと大きな野菜が浮かぶスパイシーでコクのあるカレーが人気です。その味をレトルトで再現したのが北海道の食品製造会社・タンゼンテクニカルプロダクト。素材の持ち味を生かしたスープやたれ、ソースなどの製造・開発で知られ、高い技術と独自の製法は、有名レストランの味の再現でも高い評価を得ています。

「『らっきょのチキンスープカレー』は当社を代表する商品で、チキンベースのスープは、粉末の原料や化学調味料は使用せず、生の野菜など本物の材料を使うことで、お店と変わらない味を追求しました。具材も、北海道産野菜など厳選した素材にこだわっています。また、添加物に頼らずに長期保存を可能にする当社ならではの技術が、ほかのレトルト製品と一線を画する安心・安全なおいしさを可能にしています」(株式会社タンゼンテクニカルプロダクト営業本部の藤川智子さん)

スパイスの豊かな風味を引き出せるよう、具材の入ったスープと辛味のベースとを別々にパックするなどこだわりの商品づくりもおいしさの秘密です。

北海道の食品製造会社・タンゼンテクニカルプロダクト
社名の「タンゼン」は、湯(タン)=スープ、膳(ゼン)=食卓から。素材の持ち味を丹念に引き出すスープづくりが商品開発の根幹
素材の持ち味を生かしたスープやたれ、ソースなどの製造・開発で知られ、高い技術と独自の製法は、有名レストランの味の再現でも高い評価を得ています
東京・西麻布の老舗イタリアン「アルポルト」のパスタソースを再現した商品も人気が高い

スパイシーで味わい深く、食べ応えも十分。レトルトカレーのおいしさを更新!

2つのバックを温め、深い色味の具材入りのスープと辛味ベースを器で合わせれば、スープカレーが完成。辛さに弱い人は、辛味ベースを調整しながら加えていくのがおすすめです。
ライスにかけていただくと、鶏ガラや野菜などが溶け込んだスープにスパイスが辛味や酸味など多彩な風味をもたらし、何とも深い味わい。レトルト製品にありがちな味やにおいのクセは一切ありません。よく煮込まれ、スプーンで簡単にほぐせるチキンレッグ、歯ざわりのいいにんじんやじゃがいも、ゆで卵も美味で、とりわけじゃがいもはレトルトで風味が損なわれやすい食材ですが、味も食感もお店で調理したものと遜色なし。これまでに食べたレトルトカレーのおいしさを更新すること間違いなしです。

お店と同じ1人前560gはたっぷりの量なので、女性なら揚げ野菜などを加えて2人でシェアしても。また、スープを残してラーメンやうどんとつけ麺風にしたり、ごはんを入れて少し煮込み、チーズや卵をプラスしてリゾット風にしたり。アレンジも美味で、夏はもちろん1年を通して常備したくなることうけあいの逸品です。

スプーンで簡単にほぐせるチキンレッグ、歯ざわりのいいにんじんやじゃがいも、ゆで卵も美味
骨つきのチキンレッグ、ごろんとした野菜が存在感たっぷり。1人前840円はレトルトカレーとしては高価格帯だが、たっぷりの量で食べ応え十分。シェアやリメイクも

らっきょのチキンスープカレー

価格:
840円/560g(税別、送料別)
賞味期限:

製造日より12か月

店名:
タンゼンWebショップ
住所:
北海道小樽市銭函5-52-11
電話:
0133-74-8651
FAX:
0133-74-8652
営業時間:
8:30~17:30
定休日:
土曜・日曜・祝日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

取材・文/土倉朋子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事