“非常食あるある”に着目した無添加調理の玄米粥「potayu」が登場

“非常食あるある”に着目した無添加調理の玄米粥「potayu」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無添加調理の石井食品と、新しい防災の価値提案を行う一般社団法人防災ガールが共同開発した「potayu(ぽたーゆ)」が販売されました。「potayu」は“非常食あるある”に着目したブランドです。

「potayu」は“非常食あるある”に着目したブランドです

「普段から食べることができる」無添加調理の非常食

石井食品は熊本地震から2年経過する中、現地を訪問し、発災時に生き抜くことができた方でも、その後のストレスで健康を害してしまった方が沢山いることを知りました。このご意見を基に、震災だけでなく、日常にある「困りごと」により、傷ついたり、悩んだり、疲れたりした心や体を癒す新しい食事「potayu(ぽたーゆ)」を開発されたそう。

これまでの非常食は3年、5年、10年と保存可能期間が長ければ長いほど良いとされてきましたが、保存期間が長ければ長いほど食べる機会は減り、目にする機会も少なくなります。
非常食放置を防ぐ策のひとつとして、賞味期限は必要最低限としました。さらに中医学の視点から心身をリラックスさせられる食材や色合いをとりいれ、味も追求。これまでの非常食が持っていた課題や災害発生時の課題の解決を目指しているそうです。

日常にある「困りごと」により、傷ついたり、悩んだり、疲れたりした心や体を癒す新しい食事「potayu(ぽたーゆ)」

自然災害だけでなく現代人の“日常の災い”からほっとするひと時を

共に商品を企画した一般社団法人防災ガールは、自然災害だけでなく、日々の生活の中で自分を不幸にする“災い”(例:いじめやストレスなど)全般も防ぐ、減らす、すりぬけることが現代に必要な「防災」であると考えています。
防災は、生き抜くこと。日々の身の回りの災いや、ストレスや冷え性、疲れといった健康上の問題を和らげる、自然災害が発生したときにも食べることができる、そんな「新しい非常食」を作ることにこだわったのだそう。

ストレスや冷え性、疲れといった健康上の問題を和らげる「新しい非常食」

「potayu」は、健康にも美容にも良い玄米を使ったおかゆ

「potayu」は、鮮やかな自然の色をそのままにした無添加調理のおかゆです。「あなたの困りごと」や気分に合わせて選べるtomato、pumpkin、cornの3つの味。おかゆはリゾットと違って、胃腸にもとても優しい食べ物。これまで「病気の時に食べる」イメージが強かったおかゆですが、potayuは日常的に食べられる新しい食事なのです。

「病気の時に食べる」イメージが強かったおかゆですが、potayuは日常的に食べられる新しい食事なのです

いざという非常時だけでなく、日常のホッとするひと時も楽しむことができる「potayu」。常備してみてはいかがでしょうか。

商品名  : potayu(ぽたーゆ)
価格   : 350円(税抜)
会社名  : 石井食品株式会社
問合せ先 : 0120-86-1914(平日・土・日・祝日 9:00~18:00)
販売期間 : 2018年6月10日より発売開始予定。
※現在、予約販売は受け付け中。

商品サイト   : https://campaign.ishiifood.co.jp/potayu2018
石井食品HP  : http://www.ishiifood.co.jp/
防災ガールHP : http://info.bosai-girl.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事