前代未聞! 伝統のまっ黒い秘伝のルゥを使った極上の「ブラックカレー」

前代未聞! 伝統のまっ黒い秘伝のルゥを使った極上の「ブラックカレー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治時代から続く、西洋料理史と共に歩み続ける由緒ある東洋軒

東洋軒の創業は明治22年(1889年)、東京都港区三田の四国町に、伊藤耕之進が牛鍋屋『今福』の名前で開業したのが始まりです。明治30年、伊藤博文や歴代の閣僚の薦めもあり、その隣接地に西洋料理店『東洋軒』を開店しました。
伊藤耕之進は先見の明があった知識人で、いち早く才能のある人材を雇い入れ、育成に努めました。初代料理長として北垣栄七郎を招き、天皇の料理番で有名な秋山徳蔵は、東洋軒3代目料理長でありました。当時は精養軒、中央亭などと共に、日本の洋食文化の草分け的存在として東洋軒も名前を連ね、中でも宮内省御用達として皇居内晩餐会へも出張していました。

そしてまた、もう一つの歴史は昭和3年(1928年) 三重県津市で川喜田半泥子の薦めにより、県下初のビルディングであった百五銀行の4階に「東京東洋軒」の出張所が開設されたことから始まります。東洋軒本社に入社した猪俣重勝氏が、昭和5年に初代料理長に就任し三重県下に西洋料理文化を普及しました。昭和25年には本社から独立し、昭和30年には大正時代の建物である、百五銀行伊賀上野支店を移築して現在に至っています。
また現在、東京港区元赤坂に出店している「東京東洋軒」は、オープン1年未満という異例の速さで『ミシュランガイド東京2015』(日本ミシュランタイヤ)に掲載され、2017年には『東京最高のレストラン2017』(ぴあ)にも紹介されています。

西洋料理の伝統文化を日本に伝える担い手の一軒でもあった東洋軒の厨房
西洋料理の伝統文化を日本に伝える担い手の一軒でもあった「東洋軒」。洋食文化の草分け的存在として、また宮内庁御用達としても活躍

「黒いカレーができないか?」試行錯誤して生まれた唯一無二のカレー

「東の魯山人、西の半泥子」と謳われた日本の陶芸家であり、実業家であり、政治家でもある川喜多半泥子氏から「黒いカレーができないものか」と提案されたという、東洋軒の初代 猪俣重勝氏。昭和の始め頃のできごとだといいます。

川喜多半泥子氏(写真右)の一言で、東洋軒の初代 猪俣重勝氏(写真左)が苦労の末に「ブラックカレー」を開発。
川喜多半泥子氏(写真右)の一言で、東洋軒の初代 猪俣重勝氏(写真左)が苦労の末に「ブラックカレー」を開発。今では東洋軒=ブラックカレーと言われるほど有名なオリジナルメニューに

どうすれば黒いカレーができあがるのか? 頭を悩ませた猪俣重勝氏は、研究を始めます。試行錯誤を繰り返し、3週間ほどかけて名産の松阪牛と小麦粉やたまねぎ、秘伝のスパイスを手間ひまかけてじっくり炒め、さらに野菜などを加えて煮込み、完成までに約1ヶ月。香ばしさと旨みが凝縮された“ブラック・ルゥ”を作り上げることに成功したのです。
カレー=ブラウンカラーというイメージを覆し、黒々としたルゥに驚きますが、その見た目に反して、熟練の技でじっくりと煮込まれた松阪牛の肉の甘みや野菜類の旨みが引き立ち、ほどよい辛さのあるまろやかなカレーに仕上がっています。

初めて見ると黒くてビックリしますが、食べてみるとコクがあり、後を引く美味しさ。辛いだけじゃなく、牛肉や野菜の甘みを感じます。
初めて見ると黒くてビックリしますが、食べてみるとコクがあり、後を引く美味しさ。辛いだけじゃなく、牛肉や野菜の甘みを感じる

家庭でも贅沢なブラックカレーを手軽に楽しめるというレトルトの醍醐味!

東洋軒で創業以来続いているオリジナルメニューの「ブラックカレー」。これを家庭でも手軽に楽しめるように開発されたのが、「レトルト・ブラックカレー」です。5~7分温めるだけで、本店で食べるものと同じ味が堪能できます。
また、「ブラックカレー」に、朝日屋の名産松阪牛を100%使用した贅沢なカレーが「レトルトプレミアム・ブラックカレー」。上品かつ濃厚な味わいで風味豊かな仕上がりです。
そして、本店、他、東洋軒 ジャズドリーム長島店(三重県桑名市)、リズショップ(三重県津市 県総合文化センター内)でオーダーすると揚げたてが食べられる「ブラックカレーパン」も、家庭用として用意されています。少し甘めの生地の中にブラックカレーが包まれていて、スナック感覚で食べられる一品。高級感漂う小粋なパッケージで、ちょっとした手土産や贈り物にも喜ばれます。

左)家庭でも楽しめる、「レトルト・ブラックカレー」と「レトルトプレミアム・ブラックカレー」。温めるだけで東洋軒の味を再現できます。右)パンも中味もまっ黒の「ブラックカレーパン」。もっちりしたパン生地にやや甘めのカレーがベストマッチ! 冷めても美味しい。
左)家庭でも楽しめる、「レトルト・ブラックカレー」と「レトルトプレミアム・ブラックカレー」。温めるだけで東洋軒の味を再現できます
右)パンも中味もまっ黒の「ブラックカレーパン」。もっちりしたパン生地にやや甘めのカレーがベストマッチ! 冷めても美味しい

食べたくなった時に、いつでも東洋軒のオリジナルの味を堪能できる「ブラックカレー」のレトルト。常備しておけば、突然の来客にも重宝すること間違いなしです。

レトルト・ブラックカレー

価格:
1,080円/1箱(200g) (税込み・送料別)
賞味期限:

製造より2年

店名:
レストラン 東洋軒
住所:
三重県津市丸之内29-18
電話:
0120-37-6226
FAX:
059-226-2883
営業時間:
11:00~21:00
定休日:
月曜日(月曜祝日の場合は翌火曜日)

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

取材・文/中尾慧里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ(グルメ)新着記事

おすすめ記事