特集 グルメ散歩【鎌倉ならではの面白さ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発見!お取り寄せグルメ散歩 Part1 鎌倉裏駅

古くから地元の人々に「裏駅」と親しまれている鎌倉駅西口。
10分も歩けば、ひみつのみちくさ小路に出合えます。

鎌倉案内人 中村早紀さん

鎌倉おもてなしコンシェルジュ(鎌倉商工会議所認定)。2015年4月まで鎌倉のケーブルテレビ、ジェイコム鎌倉の地域情報番組「7daysDaily」のアナウンサー。現在、NHK鎌倉支局記者。

豊かな自然と魅力的な街。人と美味との出合いが魅力

鎌倉に住んで約10年。「オンもオフも鎌倉から出ることはあまりなくなってしまって」と笑う中村早紀さん。さまざまな人との出会い、海や山での遊び、そして地元のおいしいものやお酒が毎日の楽しみとか。
「鎌倉ってすてきな人が多いんです。別荘文化の名残か、おもてなし上手で新しいものを拒まない。新旧が混在して動いている。だから、街が生き生きとしているのだと思います」
今日は久しぶりののんびり散歩。常に賑わっている東口側よりも、地元の人々が集う西口側、通称「裏駅」のほうがゆったりできるそう。まずは銭洗弁財天と佐助稲荷におまいりして、葛原ヶ岡ハイキングコースを抜け、隠れ家レストランへ。

1日の締めくくりは親しい仲間とのおしゃべり

一日中さまざまな表情を見せる鎌倉。海では夜明けとともに漁船が出、街は夕暮れともなればお酒や音楽を楽しむ人で賑わいます。とはいっても、夜は早いのがローカルタウンらしいところ。
「仕事が遅くなると閉まっていることも。自分の好きなものがいただけるお家ごはんもおいしいですが、外に飲みに出かけることも少なくありません」
鎌倉散歩の締めくくりは、気のおけない仲間が集まるビストロへ。

三郎丸は、原さん一家が営むしらす直売所。大仏や長谷観音に近く、観光客にも人気。その日の販売の様子はブログでチェックして。

二代目の大木貞雄、京子さん夫妻。明るい人柄は中村早紀さんもファンとか。一家で醸造元に仕込みや苗の植え付けに行くことも。

共同オーナーの小嶋章太さん(手前)と小出幸生さん。明るく、気配りのきいたおもてなしと料理に、常連さんが多いのも納得。

自家製コンビーフやパテ、生ハムなどの「肉の冷製盛り合わせ」1,100円
大人気のジェノベーゼ冷麺(1,100円)。冷麺、鶏スープ、やわらかい鶏胸肉、ジェノベーゼのコラボ。

前のページ 1 2 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅&グルメ散歩新着記事

おすすめ記事