第8回 心地よいタオルと生活を共にする幸せ! 『藤高のラマヤーナ無撚糸タオル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、田丸麻紀です。
みなさん、毎日使うタオルは何を基準に選んでいますか? 我が家というか、私は真っ白なタオルにこだわっています。それから、肌触り。どこのブランドだからいい、というのではなく、実際に触ってみて、使ってみて「いいな」と思うと必ず今治タオルなんですよね。我が家で使っているバスタオルとフェイスタオルは、今治タオルの「藤高」のラマヤーナ無撚糸タオルです。

ラマヤーナのタオルはインドの上質な綿で作られていて、肌触りふんわり。

5年ほど前に、今治へ仕事でお邪魔した時、いろいろな今治タオルを見てまわりました。今治は愛媛県にあり、120年間もの間、タオル生産が続いているところです。今では今治タオルというブランドとして、そのクオリティの高さで世界中に名を馳せています。

中でも気に入ったものが「藤高」のラマヤーナのタオル。タオルもワインと同じで、好みで選ぶ基準が人それぞれだと思いますが、これはインドのデカン高原で栽培された、上質の綿花で作られているそうです。肌触りの良さは絶品! ふわふわ、というだけではなく、湿度があるというか、しっとりとした心地よさも持っているんです。

今治産のタオルはどれも心地いい。いろいろなタイプがあるので、お気に入りを見つけてみて!

今治は水の質もタオル作りに合っているそうで、糸や生地にやさしく、綿のやわらかさを引き出すことができるとか。そのおかげで、今治のタオルはどれも手触りがふわふわで優しいんですね。中でも、ラマヤーナは最高級の超長繊維綿だけで作られているので、シルクのようななめらかさもあり、ギュッと密度の高いパイルなので、もっちりした感触も楽しめます。

旅先のホテルや旅館で、タオルひとつにも気遣っているところは、おもてなしの心を感じさせますね。家でも、毎日使うものですから上質なものを選びたいと思っています。タオルひとつに値段が高い!と思うかもしれませんが、手や顔を洗った後、お風呂上りに心地よいタオルを使うことでホッとするというか、ささやかな幸せや癒しを感じます。しかも、このラマヤーナのタオルは、洗えば洗うほどしっとり感とふんわり感が増すというか、なかなかへこたれないので、替え時が難しいですね。だから、実はリーズナブルなのかも(笑)。

タオルは白。毎日使うものだからこそ、質のいいものを大切に使います。

我が家は、以前ご紹介したshiroの柔軟剤を使って香りづけしています。真っ白でふんわりしたタオルからshiroのやさしい香りが漂うと、本当に気持ちがいい! ただ、乾燥機で乾かしたほうがおすすめです。天日で干すと、どうしてもパリパリ感が出てきちゃいますから。ラマヤーナのギュッと凝縮された、目の細かいタオルは特に乾燥機でふんわか仕上げたほうがいいと思います。

また、パッケージも控えめで、品のいい高級感もあるので、ギフトにも使えそう。贈る相手を選ばないですし、もらったらすぐに毎日使える実用品ですしね。しかも今治タオルですから失敗がない。肌触りがよくて、吸水性も高いから、小さなお子さんの寝具用にシーツではなくラマヤーナのバスタオルを使ってもいいかも。おくるみとしても使えるから、出産祝いにもよさそうですね。とにかく、この感触は1度試して! きっと気に入ると思いますよ!

『藤高 今治タオル ラマヤーナ無撚糸バスタオル、フェイスタオル』

価格:
¥10,800/バスタオル、¥3,240/フェイスタオル(税込み・送料別)
店名:
藤高
住所:
愛媛県今治市別宮町3丁目5-16(今治本社) 東京都渋谷区東3丁目16-5 サンパーク恵比寿1F 102号(東京事務所)
電話:
0898-32-5100(今治本社)      03-6418-6240(東京事務所)
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
土曜・日曜

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<取材・文>中尾慧里

田丸 麻紀

田丸麻紀

トップモデル、女優

トップモデル、女優として活躍中。抜群のスタイルと、卓越したセンスで幅広い女性から支持を集める。主婦と生活社『CHANTO』表紙キャラクターを務める。NHKEテレ『おとなの基礎英語』月〜木曜日の22時50分〜)に出演中。近著に『田丸麻紀スタイルブック TO YOU FROM MAKI』(光文社)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田丸麻紀のこれが好き!新着記事

おすすめ記事