第23回 心も身体も浄化したい日に使いたくなる『ジョルダニアン デッドシーソルト』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、田丸麻紀です。みなさんは入浴剤を使っていますか? 私は大好き。というか、せっかくのバスタイムはしっかり温まりたいし、同時にビューティタイム&癒しタイムにもしたいので、入浴剤の存在は欠かせません。何種類か持っている中で、ここ1年で、バスソルトの中でも気に入っているのが、『ジョルダニアン デッドシーソルト』です。

世界中のセレブたちが集うというデッドシーリラクゼーションを自宅で楽しめる贅沢! でも、いつか本場に行ってみたいですね~★

ヨルダンとイスラエルにまたがる、世界で一番低い場所にあるというデッドシー(死海)。一般的な海水が約3%というのに、死海の塩分濃度は20~30%だそうです。そして、注目されている理由のひとつは、絶妙なミネラルバランス。マグネシウムやカルシウム、カリウムなど21種類以上の天然ミネラルが配合されているとか!

バスソルトはそれぞれに個性がありますが、これは粒が粗め。なのに、お湯に入れるとさらっと溶けて、まろやかなお湯あたりになります。そして、発汗量がすごい(笑)! 私が知っているバスソルトの中ではダントツですね。だから、身体がすごく温まります。とはいえ、上がった後は乾燥することもなく、ミネラル感というか、肌の潤った感じや保湿されている感じが実感できます。

中でも、ヨルダンの死海ということに心惹かれました。いろいろと死海の塩を使った入浴剤はあるんですが、ほとんどがイスラエル。ヨルダンの国営の会社から直輸入しているものってあまり聞いたことがなくて。しかも、死海の塩にはランクがあり、ミネラル成分が濃い最高品質のデッドシーの採取を許可されている会社だそうです。そもそも、バイヤーのお友達から「コレはいいよ」と教えてもらったんですが、プロの目から見ても太鼓判を押される1品なんですね。

キャンドルを点して入るのも好き。「ジョルダニアン デッドシーソルト」は無臭だから、キャンドルの香りを楽しめます。

バスソルトは温まったり、身体の調子がよくなったり、肌がなめらかになったりという効果もありますが、日本人はお清めにも「塩」を使うでしょう? 気持ちが落ちこんだり、嫌なことがあったときに、全身に塩をかぶることはできないけれど(笑)、バスソルトでならお清め感覚でそれができるな、と思うんです。私も、嫌なことからプロテクトしたい、精神的なお清めしたい日は、バスソルトを使うことが多いですね。

入浴剤は1種類よりはいくつか用意しておくと、どれを選ぶかでその日の自分の体調や気分などがわかりますよ。私は茶道をやっているんですが、これ必要かな?と思うようなひとつひとつの動作にも意味があるんですよね。それと同じで、入浴剤を選ぶ、フタを開ける、入浴剤を入れるサラサラという音、溶ける瞬間、さまざまなことが楽しいし、ささやかではありますが幸せな気分に浸れます。ぜひ、試してみてくださいね。

『ジョルダニアン デッドシーソルト』

価格:
レギュラーサイズ¥2,800/400g、
バケツ¥9,800/1.5kg(税抜・送料別)
店名:
株式会社BARAKA
住所:
東京都渋谷区松涛1-1-3 ジョワレ松涛6階
電話:
03-5454-7200
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
土曜、日曜、祝日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<取材・文>中尾慧里

田丸 麻紀

田丸麻紀

トップモデル、女優

トップモデル、女優として活躍中。抜群のスタイルと、卓越したセンスで幅広い女性から支持を集める。主婦と生活社『CHANTO』表紙キャラクターを務める。NHKEテレ『おとなの基礎英語』月〜木曜日の22時50分〜)に出演中。近著に『田丸麻紀スタイルブック TO YOU FROM MAKI』(光文社)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田丸麻紀のこれが好き!新着記事

おすすめ記事