どんなシーンにも似合うシンプルでハンサムな佇まい『ARMANI/CASAのグロリア タンブラーグラス』

どんなシーンにも似合うシンプルでハンサムな佇まい『ARMANI/CASAのグロリア タンブラーグラス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。田丸麻紀です。今回は、我が家で使っているグラスをご紹介します。

まず、このスクエアな佇まいが好きなんです。持った感じは、ポテっとして厚みがあるというか。入る量がすごくほどよいし、こういうグラスって薄~いのが多いんですけど、これは薄すぎないから、使っていてそんなに心配ないところも気に入っています。洗うときは気を付けるようにしているんですけど、するっと洗いやすいし、けっこう丈夫な感じですよ。“普段使いにどうぞ”ってメッセージを勝手に感じるくらい(笑)。日常使いになるとやっぱりこれくらいが心強いなって思うんですよね。

このスクエアな佇まいが好きなんです
グラス底がスクエア(四角)にデザインされているところがポイント

飲み物はもちろん、冷たいお料理の器として使うことも

3サイズあって、我が家はタンブラーサイズを使っています。全部で8脚くらいありますね。まだ子どもに使わせようとはならないですけど、家族で普段使いしています。お水でもジュースでもお茶でも、お酒でもいけますし。たまに、ビシソワーズ的な冷製スープとか、冷たい茶碗蒸しなどのお料理を入れる器として使うこともあります。夜、このグラスで寝室にお水を持って行っていますし、お客様がいらしたときに出すときもありますよ。プレゼントにも使っていて、マネージャーさんのお誕生日プレゼントにもしました。

シンプルだからこそ、そんな“いろいろなもの”と相性がいい
炭酸水にレモンを入れて。どんな飲み物を入れてもサマになるかっこよさ

いろいろなものと相性がいいシンプルさが日常使いに便利

道具もそうだし、食器もそうですけど、キッチン用品って、融通の利くものというか、いろんなシーンに合うものがしっかりあると、そんなに量を持たなくていいかなと思うんです。“和食のときは、ああじゃなきゃ”“洋食のときは、こうじゃなきゃ”みたいにやっていると大変なことになりますよね。でも、家で日常的に使うとなると、いろいろなものを入れるじゃないですか。このグラスは、シンプルだからこそ、そんな“いろいろなもの”と相性がいいし、和でも洋でもお食事をあまり選ばなくていいんです。できるだけ柔軟性のある、万能な食器を集めたいなって思っているので、そうなるとこのグラスは便利だなって思っています。

イタリアの世界観を反映したハンサムなデザインなんですけど、どこかフェミニンな感じがあって、いい意味ですごくシンプル!
和でも洋でも、いろいろなものにマッチする、我が家の定番

誕生日や記念日にひとつずつ買い足しながら、大切に

CASAのシリーズはすごく好きですね。ちゃんとポイントはあるのに、余計な個性はないっていうのが魅力かなと思います。アルマーニなので、イタリアの世界観を反映したハンサムなデザインなんですけど、どこかフェミニンな感じがあって、いい意味ですごくシンプル! そういうアイテムが揃っている場所なので、お店を見に行くことが多いです。毎年、私の誕生日や記念日に主人と銀座のアルマーニのレストランに行くことがあるので、その帰りにCASAに寄ってこのグラスを買い足す流れになっています。使っていると、どうしても割っちゃうこともあるのでね。
最近は、お湯のみも出ていて、ご年配の方にはそちらを差し上げたりもしています。男性にも女性にも、若い方からお年を召された方にも対応する、幅広い商品が揃っているんです。

田丸麻紀のこれが好き!

『グロリア タンブラーグラス、グロリア ウォーターグラス、グロリア ハイボールグラス』(写真右、中央、左)

価格:
7,020円/タンブラーグラス、6,156円/ウォーターグラス、7,992円/ハイボールグラス(税込・送料別)
店名:
GIORGIO ARMANI六本木店
住所:
東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ けやき坂通り 1F
電話:
03-5413-6291
営業時間:
12:00~21:00
定休日:
不定休
※2019年3月までARMANI/CASA 銀座店が改装工事中につき、六本木店で販売中。

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<取材・文> 依知川亜希子

田丸 麻紀

田丸麻紀

トップモデル、女優

トップモデル、女優として活躍中。抜群のスタイルと、卓越したセンスで幅広い女性から支持を集める。主婦と生活社『CHANTO』表紙キャラクターを務める。NHKEテレ『おとなの基礎英語』月〜木曜日の22時50分〜)に出演中。近著に『田丸麻紀スタイルブック TO YOU FROM MAKI』(光文社)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田丸麻紀のこれが好き!新着記事

おすすめ記事