田丸麻紀のこれが好き!shiro サボン ボディコロン

第2回 復刻を切実にお願いした香り『サボン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、田丸麻紀です。1回目はお米でしたが、今回はがらりと変わってフレグランスです。香りは私の人生にとってなくてはならないもの。時間や場所を選んで楽しめ、人生を豊かにしてくれるものだと思っています。

そんな私が愛してやまない香りのひとつが、ローレルというブランド(現在はshiroというブランドに変わりました)の『サボン』のボディコロンです。


出会いは5年ほど前。友達がこの香りをつけていて、なんともいえず素敵な香りだったので「何という香水なの?」と聞いたら『サボン』だと。どういう香りなのか、説明はなかなか難しいですが、一言で言うなら清潔感のある香り。悪目立ちしないけれど、存在感は残すような。オスにモテる香りですね(笑)。 実際、男女問わずみんなから香りについて「どこの?」と聞かれますし、マネジャーの男性もお気に入りだそうです(笑)。

ところが、当時これをネットで追加オーダーしようとしたら、なんと発売中止になってしまったんです。「えーっ!」と驚いてすぐマネジャーに「この会社に連絡してみて!」とお願いしました。「どうしてもなくなっては困る!」と思って。そして、願いが通じたのか、タイミングよく復刻することになったんです。なんと復活したフレグランスは爆発的なヒットにつながったんだそうです。本当に嬉しい!

復刻して、パッケージがすごくオシャレになって(笑)、ほんの少し香りのアレンジも変わりましたが、それでも『サボン』という名前からもわかるように、石けんをベースにした、誰からも愛される心地よい香りです。この会社のポリシーでもある“素材の良さを最大限に引き出すこと”がとてもよく表れていると思います。シンプルで、だからこそ飽きない香り立ち。

私は、朝も昼も夜も持ち歩いてつけています。お風呂に入る時にもシュッ、ほかの場所へ行った時にもシュッ。気分転換にもなるし、お守りのような存在でもあるんです。それに、車の中のニオイって気になりませんか? そういう時も常備しておくといいですよ。ジムに行くと、そこの係りの男性が車を移動してくれるんですが、必ず「いい香りですね」と誉めてくれます(笑)。

ボディコロンの他にも、練り香水やルームフレグランス、アロマオイル、ファブリックソフナー(柔軟剤)などバラエティ豊かに揃っています。この会社はスキンケアアイテムも充実しているんですが、やはり香りにはこだわりがあるようです。うちにはハンドソープも常備していて、これが泡立ちがすごくよくて、パウダールーム中に香りが広がって、使うたびに気分が癒されます。また、柔軟剤も使っていますが、お気に入りのルームウェアやシーツからこの香りが漂うと幸せな気分です。

昔は北海道の会社でしたが、実は今は私が所属する事務所と同じビルにあるんです。なんだかご縁を勝手に感じていますが、この先も愛用していく1本になりそう。

フレグランスは贈るのが難しいかもしれませんが、『サボン』の香りは透明感があり、ほんのりと甘さもあり、嫌味がないので、個人的にはギフトにもいいのでは? と思っています。ルームフレグランスやハンドソープなら、気軽にプレゼントできそうですよね!

shiro サボン ボディコロン

価格:
1,800円/100m (税抜き)
店名:
shiro 表参道本店
住所:
東京都渋谷区神宮前5-2-7 B1F
電話:
0120-275-606
定休日:
第2、4 火曜日

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

<取材・文>中尾慧里

田丸 麻紀

田丸麻紀

トップモデル、女優

トップモデル、女優として活躍中。抜群のスタイルと、卓越したセンスで幅広い女性から支持を集める。主婦と生活社『CHANTO』表紙キャラクターを務める。NHKEテレ『おとなの基礎英語』月〜木曜日の22時50分〜)に出演中。近著に『田丸麻紀スタイルブック TO YOU FROM MAKI』(光文社)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田丸麻紀のこれが好き!新着記事

おすすめ記事