【加島屋「さけ茶漬」】vol.①

〈新連載〉加島屋の「さけ茶漬」で「さけ茶漬チャーハン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、料理芸人のクック井上。です!

【クック井上。のお取り寄せで\パパッと/時短レシピ!】
連載スタートしました!8888(パチパチパチパチ[拍手])

『地方には、超メジャーではないけど、美味しい食品&調味料がたくさんある。アレンジがきくお取り寄せを上手く使えば、「作り置き」以上の「時短」ができるんじゃないかなぁ…』

そう思いまして!
地方創生にも関わる、料理芸人のクック井上。が、皆様に地方の素敵な食品&調味料と、そのアレンジ方法をご紹介していきたいと思います。
タイトルの「パパッと」には、2児のパパでもあるので、“パパ”が作ると“手早く”の意味を込めました~。

今月ご紹介したいのはコチラ!



【新潟 加島屋「さけ茶漬」】

新潟 加島屋「さけ茶漬」

僕は、生まれは神戸なのですが、親父の転勤で中高と新潟市で過ごしまして、その頃よく加島屋の「さけ茶漬」を食べていたのですが、未だにその味が忘れられず…。

いやもう、なんとなくの鮭とは、味わいが全然違うんですよ!
ワンランク上と申しますか、ツーランク上と申しますか、遥か上と申しますか。

この素材感、見てください。伝わりますかね?

まさにほぐし身で、不自然なピンクではなく、着色されていないのが分かると思います

まさにほぐし身で、不自然なピンクではなく、着色されていないのが分かると思います。
素材が良いので、ネーミングに従って、シンプルにお茶漬けにしたら最高中の最高なんですけど、もちろんお茶漬けにしなくたって最高なんです。

そう、使い方は貴方次第!
例えば、炊き立てのご飯にON。

もうね、最強のオンザライスですよ

もうね、最強のオンザライスですよ。

食べた瞬間、98.2%の方が“嗚呼、日本人に生まれて良かったー♡”と言うに違いありません。(残りの1.8%の方は、何も言わずに涙を流す)

おにぎりの具にしたら、高級店の味。お弁当のご飯に敷き詰めたら、正直、他のおかずはいらない。
とまぁ、こういうシンプルな使い方が一番美味しいわけですが、アレンジ方法もご紹介させてくださいよ~(僕の仕事がなくなる…)

例えば、こんなのどうでしょう?

「さけ茶漬のチャーハン」

さけ茶漬のチャーハン

<材料> 1人分

「さけ茶漬」・・・大さじ1~2
ご飯・・・200g
アスパラ(細)・・・1本
サラダ油・・・小さじ2
料理酒・・・小さじ2
有塩バター・・・5g
醤油・・・小さじ1/2
胡椒・・・お好みで

<作り方>

① アスパラを斜めに薄切りにする。
② 熱したフライパンにサラダ油をひき、あったかいご飯を入れる。上から料理酒を回しかけ、木べらでほぐすようにして炒め、アスパラを入れる。
③ 「さけ茶漬」(後でトッピングしたい場合は半量程度)を入れ、サッと炒めたら、バター・醤油・胡椒を入れ混ぜ合わせたら完成!!

アスパラのシャキッと感&香りと、「さけ茶漬」の風味がベストマッチ

どどど、どうですか、美味しそうでしょ?
アスパラのシャキッと感&香りと、「さけ茶漬」の風味がベストマッチ。
和洋折衷、気の利いた一品の出来上がり。(イメージとしては、創作和食のお店の一品)

ここにお出汁を注いで、ひつまぶしのように2度楽しむってのも手かと。

いやぁ、前々から知ってましたけど、「さけ茶漬」の味わい深さにあらためて恐れ入りました。
素材の良さ、まっすぐさ…、他には真似のできない、創業160余年の老舗の味。

ちょっと、まだまだアレンジあるので、続きはまた次回のコラムで。
カミングスーーーン!

さけ茶漬 大ビン

価格:
2,700円/200g(税込)
店名:
加島屋
住所:
新潟市中央区東堀前通八番町1367
電話:
0120-00-5050
営業時間:
9:30~19:00(日曜、祝日の営業日は17:30まで)
定休日:
日曜不定休

紹介した商品・店舗情報はすべて、WEB掲載時の情報になります。

クック井上。

クック井上。

ソニー・ミュージックアーティスツ所属、お笑いコンビ『ツインクル』のメンバー。お笑い芸人活動の傍ら、食と料理を愛するあまり、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター・食育インストラクター・ ホームパーティー検定・BBQインストラクター等を取得。
レシピ開発・商品監修・料理講師・グルメコラム執筆なども務める異色の芸人。テレビ朝日「『ぷっ』すま」・TBS「爆問パニックフェイス」等の 料理バトルで優勝し、様々なTV番組や雑誌で“最強料理芸人”という異名をとる。現在、NHK「グッと!スポーツ」等に不定期出演中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クック井上。のお取り寄せでパパッと時短レシピ新着記事

おすすめ記事