Topics!

 

激辛なのに爽やか!BALMUDAより夏にぴったりのカレーが登場! 

Topics!

 

締め切り迫る!日本人による「ハワイ・ランキング」アワード第2回中間結果発表


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

Cherie terra からだに流れる、キレイの雫飲むほどにキレイになれるおまじない
女子スパ
日刊住まい

 

 

発酵調味料17 純米酒

こんにちは。
滋賀在住インナービューティープランナー大平美弥子です。
今回は、滋賀県栗東市のこんぜ清流米からできた純米酒をご紹介します。

 

栗東市の山あい金勝(こんぜ)。栗東はJRAのトレーニングセンターでご存知の方も多いかもしれませんね。そこから、さらに車を走らせて山間部に進むと自然の恵みあふれる棚田が現れます。遠くに琵琶湖を望む山麓の木々の豊かな山間を流れる沢の水だけを使う棚田でできた美味しいお米が「こんぜ清流米」です。山間部であることから、獣害をはじめ、稲を育てるのに大変な手間がかかるそうですが農家の方々が愛情と真心を込めて育てておられます。安心・安全・高品質が揃ったお米は滋賀県の環境こだわり農産物として認証されているんですよ。

 

このお米が、創業明治7年の歴史と伝統ある酒蔵を所有し、江戸末期から続く酒造りの土壌を守り継承されている滋賀県草津市の太田酒造にて純米酒「金勝」として醸造されました。
ほんのり甘味を感じる、口当たりの軽い女性にも吞みやすい美味しいお酒です。
お酒の吞めない方にも是非この美味しさを味わってほしいと思い、お料理に活用してみました。
棚田のほど近くで栽培されているリッチグリーン池田さんのプリプリのミニトマトのお写真とともにお届けします。

 

★活用レシピ★
『酒ジュレで味わうミニトマトマリネ』(4人分)

<材料> 
ミニトマト・・・200g

 


塩麹・・・小さじ2
甘酒・・・小さじ2
米酢・・・小さじ2


(酒ジュレ)
純米酒・・・150ml
粉寒天・・・小さじ1/4
レモン果汁・・・小さじ2
ブラックペッパー・・・小さじ1/3

 

バジルの葉(飾り用)・・・適量

 

<作り方>
①    ミニトマトはヘタを落とし、ヘタの反対側に楊枝で穴を開ける
②    熱湯にミニトマトを5秒ほどいれ、すぐに冷水にとり皮をむく。
③    ビニール袋に②とAを入れ冷蔵庫で30分以上冷やす。
④    小鍋に粉寒天と酒を入れ木べらで混ぜながら沸騰させる。
⑤    沸騰したら弱火にし混ぜながら2分ほど火にかけアルコールをとばし粉寒天を煮溶かす。
⑥    火をとめ、レモン果汁とブラックペッパーを加えひと混ぜしたら

  ガラス製のボウルなどに移し冷蔵庫で30分以上冷やす。
⑦    冷やし固まった⑥を泡だて器で混ぜクラッシュジェルにする。
⑧    器にミニトマトを盛り、酒ジュレをかける。お好みでバジルを飾る。

暑い夏にぴったりの一品です。
よく冷やしてお召し上がりくださいね。

★おすすめの発酵調味料★
純米酒「金勝」

製造 太田酒造株式会社/販売 JA栗東市

http://ja-ritto.jp/publics/index/146/

 

純米酒は、お料理に使うと旨味や香り、何とも言えない深みが加わります。
上品な味に仕上がりますのでお料理にも活用してみてください。

★器★
夏にぴったりのターコイズブルーの器は信楽焼です。艶々の器が真夏に清涼感をもたらしてくれます。信楽焼は艶のある器もあれば、マットな器もあります。ぜひ手にとってご覧になられて、器とともに楽しみたいお料理をイメージしながらお気に入りを見つけてくださいね。

 


大平美弥子(インナービューティープランナー)

 

家族でインナービューティーダイエットに取り組み、夫の体重10キロ減量に成功、18歳の息子の喘息とアトピーが寛解。16歳の娘のニキビ改善、私も40歳からのファンデーション卒業の経験から『ママのビューティーと家族の健康とハッピーをキッチンから』をモットーにインナービューティーmama部で活動中。
インナービューティーなお弁当やおうちごはんをインスタグラムやブログでも発信しています。

インスタグラム miyako.beautykitchen
http://Instagram.com/miyako.beautykitchen

ブログ
http://s.ameblo.jp/naturalbeautymamakitchen

 


≫  第1回 発酵食材  醤油麹


最近、一番はまっている調味料です。醤油に比べて、麹まるごと食べられる醤油麹は、栄養価が更にアップ。

≫  第2回 発酵食材  本みりん


本物のみりんの材料は、もち米、米麹、焼酎。みりんを変えれば、料理の腕前が5割増しになるくらい味が変わります。

≫  第3回 発酵食材  白みそ


日本人の朝食に欠かせないお味噌。身近すぎて意外と知られていない味噌のパワーをご紹介します。

≫ 第4回 発酵食材 アップルビネガー


ブラックアップルビネガーの原材料は、青森県産のりんごのみ。
添加物も一切入っていない、自然の製法で作られたお酢です。

≫  第5回 発酵食材  味噌


米、大豆、食塩。これがシンプルな味噌の材料です。
料理教室やmama部の活動でも、味噌づくりを行っています。

≫ 第6回 発酵食材 醤油


醤油は大豆と小麦に麹菌をまぜて醤油麹をつくり、酵母と乳酸菌で発酵させます。

≫  第7回 発酵食材  醤油


私たちの毎日の食卓に欠かせない醤油。
醤油の原材料は、大豆・小麦・塩。とてもシンプルです。

≫ 第8回 発酵食材 味噌


お味噌の材料は、本来、大豆、米、塩のみ。
シンプルな組み合わせだからこそ、各素材の味わいが、仕上がりに大きく関わります。

≫  第9回 発酵食材  八丁味噌


八丁味噌とは、江戸時代から愛知県岡崎市八帖町にある二つの蔵で、伝統製法で造られている豆味噌の銘柄をいいます。

≫  第10回 発酵食材 天然醸造味噌


シンプルな食材からできるからこそ、美味しいお米を栽培・収穫できる福島県では特産品として多くの醸造味噌が作られています。

≫  第11回 発酵食材  黒酢


ご紹介するのは鹿児島県の黒酢本舗 桷志田さんです。私は鹿児島県出身なわけではないのですが、認定サロンにて、5年ずっと使い続けているおすすめの発酵調味料です。

≫  第12回 発酵食材  津軽味噌


今回ご紹介するのは、マルシチ津軽味噌醤油さんの「ゆのまち津軽味噌」です。

≫  第13回 発酵食材  味噌


今回は、大阪の堺市にある「麹屋雨風」さんの味噌をご紹介します。

≫  第14回 発酵食材  酒粕


今回は、「酒粕を初めて買う人でも美味しく食べられる」少し洋風なアレンジを効かせたレシピです。

≫  第15回 発酵食材  甘酒


今回ご紹介するのは、山口県防府市にある光浦醸造工業株式会社さんの「甘酒」です。

≫  第16回 発酵食材  塩麹


本日、ご紹介するのは、「塩麹」
塩麹は原材料は麹、塩、水。とてもシンプルです。

≫  第18回 発酵食材  甘酒


今回ご紹介するおすすめの発酵調味料は、「甘酒」です。

この内容で送信します。よろしいですか?