Topics!

 

激辛なのに爽やか!BALMUDAより夏にぴったりのカレーが登場! 

Topics!

 

締め切り迫る!日本人による「ハワイ・ランキング」アワード第2回中間結果発表


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

Cherie terra からだに流れる、キレイの雫飲むほどにキレイになれるおまじない
女子スパ
日刊住まい

食べたり買ったり作ったり~レストランガイド編集長の日常~ 

【6月】

 

〇月×日


神楽坂通り沿いにありながら、看板も無く、階段しかない古い雑居ビルの3階。「ジュウバー」は酒と料理を楽しむ中華料理店で、かの希須林の新形態。名物は食感と香りでうっとりする肉団子。豚肉と野菜にこだわり、ワンタン、春巻、スペアリブ、白菜と春雨のトロトロ煮等々、オーダーしないことが困難な逸品がズラリ。もちろん酒も、どんな趣向の客でも、つい頼みたくなるラインナップと工夫に溢れている。そして〆のカレーは、永遠に食べられそうな味。中華料理はどんどん新しい形態に広がっている気がする。


 

〇月×日


中華バルは流行っているのか。渋谷のラブホテル街にある「池湖」もすごい。アイアンシェフ・脇屋友詞さんのもとで10年修業をしたご主人が、ひとりで営む。なんともジューシーな特製焼き豚をはじめ、ていねいに作られた料理はしみじみ美味い。ひとりならハーフサイズも可というのもうれしい限りだ。


 
〇月×日

ミシュランがイタリア料理に厳しいのは有名だが、そんな中で星を維持し続けているのが目黒の「ラッセ」。元和食の料理人ながら、ピザに惹かれてイタリアに渡り、三ツ星店のスーシェフにまで上り詰めた異才・村山シェフの情熱は凄まじい。内装を一新し、日本の食材、特に魚にこだわった料理はまだまだ進化しそうだ。

 

〇月×日


ここ数年、東京では焼き鳥ブームが続いているが、その中でもトップクラスの人気を誇る品川「鳥しき」の分店がオープン。目黒川沿いの「鳥かど」は、本店同様すこぶる居心地がいい。高いホスピタリティと確かな味。コースの間に出てくる一品料理のクオリティも高く、客を飽きさせない。というわけで、こちらもすでに予約困難に。


〇月×日


勢いで鳥しきの池川さんが出ている「やきとりテクニック」を購入。名著「やきとりと日本人」の著者・土田美登世さんが編集だけにとても勉強になる。早速砂肝を買って、串に刺す。「ろく助のうま塩」を振って焼くと、当然ながら旨い。いかに今まで自分が適当にやっていたかを痛感。


 

〇月×日


昨年末、神保町にオープンした「ジロトンド」はとても穏やかなイタリアン。麹町「ロッシ」で同僚だったサービスとシェフだけに、全てがスムーズに流れ、木を基調とした店内にはすがすがしい空気が流れている。素材を生かした丁寧な料理と、的確なワイン。若いカップルの最初のデートや、これからレストランを勉強したい人にはぴったりかもしれない。

この内容で送信します。よろしいですか?