Topics!

 

日本人による「ハワイランキング」アワード公式アンバサダーにモデルのMayaさんが就任!お気に入りスポットを紹介

Topics!

 

冷たくっておいしい! ご当地かき氷で最高の避暑を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

食べたり買ったり作ったり~レストランガイド編集長の日常~ 

【5月】

 

〇月×日


もう10年以上お世話になっている、四谷三丁目の「すし処のがみ」。飲んで食べて1万円以下という価格帯の店は、居酒屋感覚で使われることが多く、どうしても客層が荒れがち。そんな中、こちらは見事に「いい客」が集っている。理由はもちろんご夫妻。足繫く仲卸を見て回り、安くてもいい魚を仕入れて丁寧な仕事を施すご主人。お笑いが大好きで、日本酒、ワインの勉強に余念がないほがらかな奥さま。この絶妙のコンビが、町場の鮨屋の矜持を見事に保っている。

SHOP INFORMATION

▶ 店名 すし処のがみ


▶ 住所 東京都新宿区四谷3-11-4 池田第1ビル 3F


▶ 営業時間 〔火・水・木・土〕17:30~23:30(L.O 23:30)

       〔金〕14:45~23:30(L.O 22:30)

       〔日〕11:30~17:30(日のみ御子様可)


▶ 定休日 月曜・第一日曜


▶ TEL 03-3356-0170


 

〇月×日


「スリオラ」の本多シェフは、極めて魅力的な人物だ。フランスで修業中にスペインのバスクで衝撃を受け、スペイン料理の世界へ。さらに帰国後は三ツ星和食「龍吟」へ。その後、日本橋の名店「サンパウ」を経て「スリオラ」をオープン。ミシュラン2つ星に輝く人気店へと昇華させた。歯に衣着せぬ発言も、美味しさへのぶれない信念と知識ゆえ。確かな技術とセンスが支える一皿一皿は、美しく滋味深い。特にこの日の「スナップエンドウの軽い煮込み プティファラネグラと手長エビ」は長く記憶に残りそうな逸品。

SHOP INFORMATION

▶ 店名 ZURRIOLA(スリオラ)


▶ 住所 東京都中央区銀座6-8-7  交詢ビル4階


▶ 営業時間 【ランチ】
        平日 11:30~13:00 (L.O)  
        土日祝日 11:30~13:00 (L.O) 
       【ディナー】 
        18:00~21:00 (L.O) 


▶ 定休日 月曜日


▶ TEL 03-3289-5331


▶ FAX 03-3289-5332


 
〇月×日

またしてもフレンチの新星が現れた。「ラチュレ」は銀座「タテルヨシノ」で修業した室田シェフが、公園通りの裏にあった「deco」からスタッフ共々独立してオープンしたジビエにこだわったお店。青森のウサギを使ったリエーブルなどの王道はもちろん、アミューズからジビエを漂わせ、なによりプレゼンテーションのセンスがいい。故に満席。「でも夏場はどうするんです?」と聞くと「夏鹿、美味しいですよ」とハンターでもあるシェフは不敵に笑う。それにしても「ラ・ブランシュ」の巨頭・田代シェフの磁気なのか、この界隈には「キャリエ」「モノリス」など、意欲的なフレンチが集まっていて目が離せない。

SHOP INFORMATION

▶ 店名 LATURE(ラチュレ)


▶ 住所 東京都渋谷区渋谷2丁目2−2 青山ルカビルB1


▶ 営業時間 Lunch / 11:30~14:00(L.O) 15:30(close)
       Dinner / 18:00~21:00(L.O) 23:30(close)


▶ 定休日 日曜日(月に1度の日曜営業有り)


▶ TEL 03-6450-5297


 

〇月×日


ここ最近、都内食通の話題を独占しているのがこちら、三軒茶屋「ナティーボ」。さすらいの料理人として知られた太田哲雄シェフが、ついにお店をオープンしたのだ。世界一といわれたスペイン「エルブジ」で分子料理に疑問を感じ、イタリアで大富豪マダムの専属料理人に。さらにペルーを代表する「ガストン」へ。日本に戻ってからは、お店を持たずに、プライベートキッチンなどで、グルマンたちの舌を唸らせてきた。待望のお店はカウンターのみだが、広々としたラグジュアリーなスペース。料理はポレンタやフリッタータなど、素朴なイタリア料理が中心だが、すこぶる美味い。ただ、残念ながら5月現在は連日満席ながら、まだ”プレオープン”中。シェフの知り合いを見つけてぜひ予約してみてほしい。


 

〇月×日


接待店としても有名な「うかいグループ」の新形態となる、大手町「ル・ブーレ ブラッスリーうかい」。都心らしからぬ気持ちのいい店内で、あのレベルのロティサリーチキンをいただけるというのは、極めてお得。その他のメニューもブラッスリーの王道をいくようなラインナップで、昼に来たら絶対にワインをガブ飲みしてしまいそうだ。

SHOP INFORMATION

▶ 店名 ル・プーレ ブラッスリーうかい


▶ 住所 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング 1F


▶ 営業時間 LUNCH 11:00~15:00 L.O. 
       DINNER 17:00~21:30 L.O.


▶ 定休日 日曜日


▶ TEL 03-3217-5252


 

〇月×日


元祖・予約の取れない店のひとつ「カーザ・ヴィニタリア」の笹川シェフが独立、広尾商店街からの路地にカウンター主体の「ボッテガ」をオープンした。アラカルト中心で、深夜まで営業というのもいい。内臓煮込みをはじめ、前菜類もすこぶる充実。通いたくなること間違いなしだ。こちらのシェフも面白く、修業のスタートはなぜか中華の名店。古本屋巡りが趣味らしく、なぜかトイレには昭和4年発行のダンテ「神曲」が。

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?