Topics!

 

日本人による「ハワイランキング」アワード公式アンバサダーにモデルのMayaさんが就任!お気に入りスポットを紹介

Topics!

 

冷たくっておいしい! ご当地かき氷で最高の避暑を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

 

 

発酵調味料13 味噌

こんにちは、インナービューティープランナー/管理栄養士の前田美樹です。

 

今回は、大阪の堺市にある「麹屋雨風」さんの味噌をご紹介します。
味噌はどんな風に作られるかご存知でしょうか。以前こちらの「みそ作り教室」に参加したことがあります。その時の写真がこちらです。

厳選された国産大豆を蒸し、手で潰すところからスタート。
ペースト状になるまで力を入れながら潰していきます。そのあと、米麹と塩を擦り合わせたものを加え、混ぜ合わせていきます。
空気を抜きながらボール状にまとめ、容器に隙間ができないように詰めていき、重石をして仕込み完了です。
丁寧な指導のもと、楽しんで体験できました。

★おすすめ発酵調味料★
「味噌」

 

本来の味噌作りは、大豆と麹と塩をじっくり発酵させることで出来上がります。この時間をかけて発酵する過程で、もともと大豆にはなかった栄養素(必須アミノ酸やビタミンB群など)が生まれ、健康効果が増すだけでなく、さらに旨味が深まっていきます。

 

ですが市販で売られている味噌の多くは、店頭に並べていても品質が変わらないようにアルコールや熱処理で、“発酵”が止められています。有益な菌も殺菌して店頭に並んでいるケースも沢山あるそうです。
発酵食品が体に良いと言われる理由、それは目には見えない微生物の力によるものです。免疫力を上げてくれたり、腸内環境を整えて肌をきれいにしてくれたり様々です。その見えないけれど偉大な力を、日頃のお食事で借りて体のうちから磨いていきましょう。

★活用レシピ★
『ねぎ味噌の焼きおにぎり』

 

<材料>(作りやすい分量)
玄米ごはん・・・お茶碗2杯分

 

A 万能ねぎ(みじん切り)・・・2本
 味噌・・・80g
 醤油・・・小さじ2
 みりん・・・小さじ2

 

白いりごま・・・適量

<作り方>
1. ボウルにAを入れ、よく混ぜ合わせる。
2. 玄米ごはんでおにぎりを3個作り、スプーンで1をすくってぞれぞれ片面に塗る。
3. アルミホイルを敷いた上に並べ、トースターや魚焼きグリルでねぎ味噌がこんがりするまで焼く。
4. 器に盛りつけ、白いりごまを振る。

★おすすめの味噌★
『こだわり糀ぎょうさん生味噌』


糀屋雨風
http://www.amekaze-sakai.com

 

数ある種類の中でもこちらの味噌は、名前の通り糀の含有量が多いのが特徴。味噌の味は、塩分量が同じであれば大豆に対しての麹の割合が大きいほど甘みがあります。糀が醸し出す酵素やビタミン類が豊富で、木桶仕込みならではの味噌の風味も格別です。シンプルな味噌汁も格段に美味しくなり、肉や魚に付け込めば、たっぷりの麹の作用で柔らかく仕上がります。

★器★
美濃焼きの器を使用しました。縁のないフラットな形は、おにぎりや焼き物の盛り付けに向いています。素朴なおにぎりに合わせて、ツヤのない少しザラザラとした質感のものを選びました。


前田美樹(インナービューティープランナー)

 

インナービューティーダイエット専門クッキングサロン大阪校にて講師を務める。“気負わず台所に立てる簡単レシピ”をモットーに日常に取り入れやすいレシピの考案を中心に、コラム執筆、栄養計算、料理撮影などを行っている。美腸栄養学をもとにした「美肌ごはん」や気軽に作れる「米粉おやつ」を得意とし、おうちごはんを担う女性を笑顔にする活動をしている。

 

インスタグラム maekiii
https://www.instagram.com/maekiii/

 

ブログ
http://s.ameblo.jp/yasadai/

 


≫  第1回 発酵食材  醤油麹


最近、一番はまっている調味料です。醤油に比べて、麹まるごと食べられる醤油麹は、栄養価が更にアップ。

≫  第2回 発酵食材  本みりん


本物のみりんの材料は、もち米、米麹、焼酎。みりんを変えれば、料理の腕前が5割増しになるくらい味が変わります。

≫  第3回 発酵食材  白みそ


日本人の朝食に欠かせないお味噌。身近すぎて意外と知られていない味噌のパワーをご紹介します。

≫ 第4回 発酵食材 アップルビネガー


ブラックアップルビネガーの原材料は、青森県産のりんごのみ。
添加物も一切入っていない、自然の製法で作られたお酢です。

≫  第5回 発酵食材  味噌


米、大豆、食塩。これがシンプルな味噌の材料です。
料理教室やmama部の活動でも、味噌づくりを行っています。

≫ 第6回 発酵食材 醤油


醤油は大豆と小麦に麹菌をまぜて醤油麹をつくり、酵母と乳酸菌で発酵させます。

≫  第7回 発酵食材  醤油


私たちの毎日の食卓に欠かせない醤油。
醤油の原材料は、大豆・小麦・塩。とてもシンプルです。

≫ 第8回 発酵食材 味噌


お味噌の材料は、本来、大豆、米、塩のみ。
シンプルな組み合わせだからこそ、各素材の味わいが、仕上がりに大きく関わります。

≫  第9回 発酵食材  八丁味噌


八丁味噌とは、江戸時代から愛知県岡崎市八帖町にある二つの蔵で、伝統製法で造られている豆味噌の銘柄をいいます。

≫  第10回 発酵食材 天然醸造味噌


シンプルな食材からできるからこそ、美味しいお米を栽培・収穫できる福島県では特産品として多くの醸造味噌が作られています。

≫  第11回 発酵食材  黒酢


ご紹介するのは鹿児島県の黒酢本舗 桷志田さんです。私は鹿児島県出身なわけではないのですが、認定サロンにて、5年ずっと使い続けているおすすめの発酵調味料です。

≫  第12回 発酵食材 津軽味噌


今回ご紹介するのは、マルシチ津軽味噌醤油さんの「ゆのまち津軽味噌」です。

≫ 第14回 発酵食材 酒粕


今回は、「酒粕を初めて買う人でも美味しく食べられる」少し洋風なアレンジを効かせたレシピです。

この内容で送信します。よろしいですか?